MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

最新の125ccスクーターを男女で乗り比べ!「アドレス125」と「アヴェニス125」

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

原付二種スクータークラスに先日リリースされたばかりのアドレス125 / アヴェニス125。前回に引き続き、とっきーことときひろみさんと一緒に今回は実際にこの2台でさまざまなシーンを走ってみることによってどんな違いが見えてくるのか、その魅力をさらに深掘りしていくことにしよう。

目次

【SUZUKI / Address125 & Avenis125 : impression】

一部のエンジンやフレーム、足周りに至るまで、車体の随所に共通のパーツや仕様をちらほら伺うことのできる2台なのだが、実際に走らせてみると想像以上に違うバイクとなった乗り味に驚かされる。アドレスに比べ、数値にしてほんの10mmほど高くなったアヴェニスのシートにまたがってみると乗車位置はやや高く感じるものの、その分アドレスよりもシート幅がスリムになっているので足つき性はあまり変わらない印象。

いたずら防止のシャッターがついたキーシリンダーに鍵を差し込み、ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを採用したスタータスイッチを押せば、小気味良くアイドリングを始める。静粛性に優れながらもジェントルでキレの良い排気音のアドレスに比べ、アヴェニスの方は野生的で力強いエキゾーストノートとなっている。そして、スロットルを開ければ開けた分だけ軽々と前へと駆け出すトルクは、そのパワフルなエンジンに加えて軽量な車体も貢献しており、信号待ちなどでの停車時に車体を支えている時やエンジンを止めてバイクを押し歩くときにも身軽に動くことができる。また、左ブレーキレバーを握るとフロントとリヤブレーキが同時に作動するコンバインドブレーキを搭載しているので、制動時に安定したブレーキングを行えるのも安心だ。

今回は交通量も多く、信号や渋滞シーンも想定した市街地から比較的車の流れが速く、まとまった距離を一度に走り切る幹線道路まで実際にアドレス / アヴェニスで走り、それぞれの感想を紹介していこう。

原付二種スクーターのバランスの良さにさらに磨きをかけた一台

アドレス125は、そのフレンドリーなビジュアルでバイクにまたがる前から緊張してしまうことがない見た目の気軽さも魅力の一つ。丸みを帯びたフォルムの可愛らしさとメッキパーツの高級感や車両細部の上質な仕上がりで、タンデマーも安心のしっかりとした大きなグラブバーや座面の広いフラットシートによって、2人乗りもより気軽に楽しめる。まずは市街地を走ってみると、40-50km/hくらいの常用速度まで一気に加速していける低速から力強いエンジンは混み合う市街地もスイスイ快適に走り抜けることができた。そして、広々とした自由度の高い乗車ポジションによってリラックスして走ることができるので、必死に運転だけに集中してしまうことなく、まわりの景色や環境音も楽しめるような、いつもより視野を広く持った運転ができる。ハンドリングは軽快ながらも路面追従性の高い12インチのフロントタイヤは幹線道路を走っていても安定感があり、巡航時にアクセルオン・オフをしてみてもギャップが少なく、車の流れに乗ってゆっくり走っているところから一気にスロットルをひねってみてもしっかり加速してくれつつ、怖いという感じはしない自然な加速感で快適に走ることができた。スピードメーターの中央にレイアウトされたアナログの速度計は視認性が高く、メーターの周りに搭載された燃費の良い運転状況によって色の変わるエコドライブイルミネーションも、ついつい燃費走行を心がけたくなるポイントだ。ペットボトルなどをラフに入れられるフロントインナーラックやちょっとした手荷物をかけるのに便利なフロントフック、足元にもコンパクトに畳めるホルダーが装備されおり、こちらは落下防止のストッパー付き。さらにはフロントインナーラックの上にはUSBソケットまで装備されている充実ぶり。もちろんシート下にも21.8Lのトランクスペースがあり、給油口をリアに設置することでシートを開けずに給油できるのも使い勝手が良く、日常的なひと手間を解消できるのも嬉しい。親しみやすい車体デザインに加えて、十二分によく走ってくれる走行性能、さらに普段使いで欲しい機能は全て揃っているような印象で、原付二種スクーターのバランスの良さにさらに磨きをかけた一台となっている。

とっきー

街中から郊外のバイパスまで、どんなシーンも快適に走れるアドレスは加速・減速・停車時までのひとつひとつの動作がスムーズかつ安定して行えるので、長時間走っても疲れない!可愛い外見と便利な充実装備で、色々なところへお出かけしたくなるね〜!

野村和也

軽量な車体にパワフルなエンジンで、とにかく扱いやすい!体が大きくても余裕のある幅広シートや広々としたフロアボードも窮屈さがなくて快適ですね!丸みを帯びつつも女性的すぎないデザインなので、男性でもお洒落に乗れるところも嬉しい!

軽快な走行性能にクールなデザインで気分も上がる

エッジの効いたシャープなデザインにLEDヘッドライトが輝き、未来的なデザインでクールなビジュアルにまとまったアヴェニスは実際にまたがってみると、やや後ろ上がりなポジションが一層走る気にさせてくれる。そんなスポーティでアグレッシブな印象に反し、いざ走り出してみると良い意味でとてもフレンドリーな乗り味。アドレスと同じく広々としたフロアボードはポジションの自由度も高く、直進安定性の高い12インチのフロントタイヤで巡航時の安定感を発揮しつつ、ハンドリングは軽快そのもの。市街地などの細い路地裏を軽いフットワークでチョコチョコ走るのも得意な印象で、フロントとリヤブレーキが同時に作動するコンバインドブレーキによって安定したブレーキングで減速してからの力強いトルク感は、バイクを低速で操るシーンでも非力感が全くなく、狭い路地でのUターンや少しずつ進む渋滞などでも特に扱いやすい。アドレスに比べると中速からのパワーが特にパワフルで、無段変速のスクーターでも巡航中にアクセルをひねれば瞬時に加速していけるレスポンスの良さはコーナーリング中の扱いやすさにも貢献している。また、アドレスと同じく快適装備も充実したアヴェニスだが、インナーラックがふた付きのグローブボックスになっていたり、シート後方にレイアウトされた給油口もキャップ式からエアプレーンタイプ。さらに、フル液晶ディスプレイを採用したデジタル表示のスピードメーターもオイルチェンジインジケーターや燃料計、時計にオドメーター、トリップメーターなども表示される多機能メーターとなっており、性能だけでなく見た目にもカッコ良い。快適性能や走行性能で比べてみてもアドレスとそこまで大きく変わることはないが、車体デザインによる親しみやすさや愛車としての所有感、そしてやはりコックピットから眺める景色が違うだけでバイクを走らせている時の気分もかなり変わってくるものだ。

とっきー

街中をスイスイ走り抜けられる軽快さとある程度速度を出してみても怖くない安定感があって、アドレスと同じくバランスの良い印象。シャープで凛々しいデザインは趣味性が高いように感じて、マシンとしての所有感や満足度も高そう!

野村和也

足つきはさほど変わらないのだけど、アドレスに比べて若干高いように感じる乗車位置のおかげで少しだけスポーティなポジション。つい友達に自慢したくなるような存在感のあるデザインやカラーリングもカッコ良く、セカンドバイクに欲しくなりました!

これからの原付二種スクーターのアイコン

人気の高い原付二種スクーターだが、その人気を牽引した長い歴史を持つアドレスシリーズ。実際に私の身の回りでアドレスに乗っている友人から警察車両まで、シリーズを含めると街中で目にする機会はかなり多いはずだ。そんなアドレスシリーズの後継としてリリースされたアドレス125 / アヴェニス125に乗ってみて感じたのは、アドレスシリーズとして扱いやすさや使い勝手が揺るがないこと。そして、さらに装備や快適性能を充実させることでさらなる熟成を果たしているところだ。正直、今回の撮影当日にはじめて目にした時には『アドレスっぽくないな〜』と思ってしまった。私は長いアドレスシリーズの歴史をリアルタイムで見ていたこともあり、私の中のアドレス像はスポーティさと実用性が共生した便利なコミューターという印象が強く、新型のアドレスのような生活に馴染む丸いフォルムやアヴェニスのスポーティな尖ったデザインは衝撃的なものだったからだ。しかし、実際に乗ってみたらどうだろうか。走行性能はもちろん、さらなる快適性能を充実させることで便利なコミューターとしてのアドレスらしさを実現させつつ、これまでのアドレスらしいデザインを「日常に馴染むフレンドリーなイメージ」と「スポーティで未来的なイメージ」の2つに思い切って二分化したようにも思えてくる。こうしてさらにライダーの好みのバイクライフに合わせて選べるお気に入りのマシンとすることで、アドレス / アヴェニスはこれからの原付二種スクーターのアイコン的な存在となるのではないだろうか。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次