MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

スズキ新型125ccスクーター「アドレス125」と「アヴェニス125」の魅力を徹底検証

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

コンパクトな車体にパワフルなエンジン、燃費性能も抜群に良いことに加え、現在では小型AT限定普通二輪免許が最短2日間の教習で取得可能となったこともあり、125ccクラスのスクーターは通勤・通学から普段の移動まで性別や年代問わず多くの人にとってフレンドリーなクラスとなった。そんな同クラスの魅力的なスクーターをこれまで数多く開発・展開し、多くのファンを獲得しているスズキから先日リリースされたばかりの2台の最新スクーターを実際にお借りすることができたので、今回はとっきーことバイカーモデルのときひろみさんと一緒に詳しくみていこう。

目次

【SUZUKI / Address125 & Avenis125 : impression】

北風が冷え込んだ空気を運び、街路樹の姿や陽の傾きもより一層冬らしくなってきた今日この頃。2台の最新スクーターを前に、気持ちだけはやはり熱くなってくるものだ。まず1台目は、丸みを帯びたボリューミーなカウルの各所にメッキパーツを採用することで高級感を演出しつつ、全体のデザインとしてはシンプルにまとまっているので、使い方やシーンを選ばずにどんなライダーにもマッチしてくれそうな全く新しいAddress(アドレス)125。そして、テールの跳ね上がったスポーティなスタイリングにエッジの効いたアグレッシブな雰囲気を併せ持ったAvenis(アヴェニス)125は見た目にも速そうな印象で、より趣向性の高いモデルと言えるだろう。

とっきー

これは悩ましいけども、見た目での第一位印象はアヴェニス125かな〜!シャープなフロントマスクと左右に大きく張り出したサイドシュラウドが『走るぞ!』って気持ちにさせてくれて、LEDのヘッドライトやテールランプもスタイリッシュでかっこいい!

野村和也

僕は逆に、よりラフに乗って楽しめそうなアドレス125が好みかも。いい意味でスポーティ過ぎることがないので、ガッチガチのライディングウェアでなくても気軽に乗り出せそうなので使い方の幅が広く、近所のカフェやちょっと駅まで乗っていくといった普段使いにもかなり活躍してくれそうだな〜!

ここまで見たファーストインプレッションとしては2台ともあまりにも違う方向性に振り切れており、この2台が同価格帯(アドレス125 = 273,900円 / アヴェニス125 = 284,900円)で数値で見る最高出力も同じ6.4kW〈8.7PS〉 / 6,750rpmというのは非常に悩ましいラインナップだ。

灯火類のデザインやグローブボックス、給油口の仕様に多少違いはあるものの、装備についても同等の設計となっているのもポイント。

いつものバイクライフをアヴェニスでさらに彩る

先進的でシャープなデザインのアヴェニス125はストリートが本当によく似合う。信号待ちではショーウインドーに映るアヴェニスの姿に口元を緩ませていると、隣のライダーからのどうやら興味津々な視線までも感じてくる。信号が変わってアクセルを軽くひねれば、低速から元気良く駆け出すパワフルなエンジンにフロント12インチのタイヤサイズが生み出す軽快なハンドリング、やや後ろ上がりのスポーティなポジションも相まって、そこそこ交通量の多い幹線道路でも流れに乗ってスムーズに走り抜けることができた。また、見た目や走りだけでなく、夜間でも視認性の高いフル液晶ディスプレイを採用した多機能デジタルメーターに加えて、グローブボックス内に設置されたUSBソケットや容量21.5L(アドレスは21.8L)を確保したシート下トランクなど、普段の使い勝手を想定した快適性能に対しても抜かりなく設定されているアヴェニスなら、いつものバイクライフをさらに彩ってくれるはず。

とっきー

実際に走ってみるとアドレスに比べてスポーティな印象で、走っていて楽しいのはもちろん、それでいてやっぱり疲れにくいのも嬉しいですね〜!また、アヴェニスに採用されている蓋つきのグローブボックスも小物を入れているときの安心感が◎

野村和也

軽快なハンドリングながら、ある程度の速度で巡航しているときも安定感があって、これなら100kmくらいのツーリングは全然余裕そう!速度計に加えて、時計やODO、燃料計にバッテリー電圧まで一目で確認できるメーターも実用的かつ、スタイリッシュ!

普段の日常にアドレスが溶け込む

普段の日常に何気なく自然に溶け込むのがアドレス125の魅力。ゆったりと座れるフラットシートや広々としたフロアボードなど、気負わずにリラックスして走れるアドレスから眺める景色はいつもの道もなんだか新鮮に見えて、天気の良い日には少し遠回りしてみようかな?と思えるような親しみやすい乗り味となっている。もちろんゆっくりトコトコ走るだけでなく、スロットルを回せばアヴェニスのようにキビキビ走らせることもできるので、走行シーンやライダーに合わせて色々な表情を見せてくれそう。丸みを帯びたシンプルな車体デザインも可愛くなりすぎずに高級感があるので、老若男女問わず、街中から郊外まで、見た目にも十人十色の日常に溶け込んでいくはずだ。

とっきー

アドレスに乗ってみて感じたのは、アヴェニスに引けを取らないくらい気持ち良く走れる走行性能の高さ!ボリューム感があって座り心地の良いシートはフラット形状になっているので、タンデムする時だけでなく、これならバッグを背負ったまま移動する時もストレスなく運転できそう!

野村和也

どんなシーンでも扱いやすいアドレスの気軽さを武器に、フラットシートにシートバッグを載せてキャンプツーリングに行ったりするのもすごく面白そうだね!アドレスはシートを開けなくても給油できるし、大きなグラブバーは荷物を乗せたときにもしっかりと支えてくれそうです!

アドレス・アヴェニス、2台からはじまる原付二種スクーターライフ

原付と比べて免許を取得する上ではほんの少しだけハードルの高い印象の原付二種スクーターだが、法定速度が60km/hになったり、リアシートにパッセンジャーを乗せての2人乗りも可能、さらに大きな交差点での二段階右折についても不要になるなど、法規走行上のメリットはそれ以上に多く、自賠責保険や自動車税もかなり安く抑えられる。また、冒頭でも話したように現在では小型AT限定普通二輪免許は普通自動車免許を持っていることで1日4時間、最低2日間の実技教習(計8時)での取得が可能となり、以前に比べてハードルがグッと低くなっていることも忘れてはならない。

これからバイクに乗ろうと考えている方や普段の通勤・通学をもっと快適にしたいと考えている方はもちろん、使い勝手の良いセカンドバイクを検討している方についても今回紹介したアドレス125 / アヴェニス125なら、そのどちらを選んでもそれらの期待に応えてくれる最高の相棒となるはずだ。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

冊子版モトメガネが手に入る!

Amazonのパークアップストアでのお買い物はこちらから

※ご購入の際は販売元がパークアップになっていることをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次