MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

バイクキャンプにオススメ!コンパクト&高性能なラフダウンシュラフ600FP

  • URLをコピーしました!

バイクギアで人気のラフアンドロードから、アウトドアギアが販売されていることをご存じですか?
今回はダウンシュラフをご紹介します。

バイクギアメーカー製だからとあなどるなかれ。アウトドアメーカー顔負けの神商品ですよ~!

目次

ラフダウンシュラフ600FP(RR5955)

こちらが今回ご紹介するラフダウンシュラフ600FP
バイクギアのメーカーとして知られるラフアンドロードから発売された、オリジナルのキャンプギアなのです!

マミー型でサイズは210x70cm、重さは0.8kg
もちろん男性も使える大きめのサイズ感です。

FP(フィルパワー)ってなに?

商品名に書かれている『FP』とは、『フィルパワー』というダウンの能力をあらわす単位。
羽毛1オンス(28.4g)のダウンをシリンダーに入れ、一定荷重をかけた時のふくらみ度合い(立方インチ)で測ります。

数字が大きくなればなるほど、ダウンがたくさん膨んだということ。
つまりFPの数字が大きい方が能力が優れているのです。

『ラフダウンシュラフ600FP』の「600FP」とは、1オンスの羽毛が600立方インチの体積に膨らんだということになりますね。

一般的には500FP以下は低品質、600~700FPが良質ダウン、700FPが高品質ダウンに分類されます。

ただし、大切なのは品質だけではありません。
どんなに高品質でも、ダウンの総量が少なすぎると暖かくならないのです。

春の終わり~秋のはじめにオススメなシュラフ

ということで、600FPの良質なダウンが90%、フェザーが10%使われているラフダウンシュラフ600FP。

快適使用温度は16度・下限温度は10度と比較的暖かい時期向けです。
私自身 これまで5~7月の間はかさばる化繊シュラフを使って不便に感じていたため、ちょうど良くて有難い!
(春はじめや秋の終わりに使う際は、念のためにシュラフカバーと併用すると良さそうですね)

ライダーに嬉しいコンパクト収納

ラフダウンシュラフ600FPの特徴のひとつは、コンパクトさ。
この通り、φ14x27cmと持ち運びに便利なサイズなのですが…

収納袋のサイドについているコンプレッションベルトを締めることで、


φ14x18cmほど…つまり、9cmも小さくすることができるのです!

ツーリング中はできる限り荷物をコンパクトにまとめたいものです。
さすがはバイクギアを長年作り続けているラフアンドロード。「わかってるな~!」と、思わず喜んでしまいました。

収納袋から出した直後はペタンコに潰れていますが、しばらく時間をおくとフカフカに膨らむのでご心配なく!

あったらいいな!な機能が盛りだくさん

コンパクトであたたかいラフダウンシュラフ600FPですが、それだけではありません。
使いやすさもバッチリ、多機能なシュラフなのです!

高木はるか

ラフアンドロードならでは!
嬉しい機能がたくさん隠されているのです。

ピロ―ポケット

マミー型シュラフの後頭部にはピロ―ポケットが用意されています。
ここにタオルや着替えなどを入れることで、好きな高さの枕を作ることができるのです。

ズレることがないので、寝ている間中ずっと快適!

インナーカラー

驚いたのは、シュラフの中に “マフラーみたいな機能” がついているのです。
それがインナーカラー。首の周りに巻き付けてマジックテープでとめ、ドローコードを引っ張れば…

この通り!
首の周りにピッタリとフィットして、隙間風を防ぐことができるのです。

もちろん、インナーカラーの中にもダウンがたっぷり詰まっているので、とっても暖か。
この機能はこれまでありそうで無かったですね!

フットポケット

足元にはチャック付きのフットポケットがあります。
「なにに使うんだろう?」と疑問に思ったところ、なんと湯たんぽを入れることができるのだとか!

思い出すのは過去の秋キャンプ。油断して軽装備で来てしまい、足元が冷えて寝られない夜もありました。
あの時にラフダウンシュラフがあれば、カイロを入れて凌げただろうなぁ。

痒いところに手が届く

他にも顔周りのドローコード、首元にある小さなチャック付きポケットなど、
ただのシュラフではない!といった機能がもりだくさん。

高木はるか

とにかく便利です!
20度ぐらいの気温の中で実際に使ってみたけど、かなり快適だったよ~!

ふと気になったのは、首元・足元両方から開けられるようになっているサイドのチャック。
よく見てみると、リバーシブル仕様のチャックがついているではないですか!

もしかしてこのシュラフ、ひっくり返しても使えるのでは!?
そう思って試してみたところ……

使えなくもないけど “なんかちょっと間違っている感じ” になったことはご報告しておきます。

チャックの形状の理由は、シュラフの内側と外側両方から開け閉めしやすいようになっているだけ。
白い生地が表になるように使わないと、せっかくの様々な機能を使うことができなくなってしまいますよ!

収納も簡単です

最後に、シュラフを収納袋に入れてみましょう。
コンパクトなキャンプギアで一番のネックが、収納のしにくさ。「うまく入れるためにはコツが必要」ってことがすごく多いのです。

ところが…ラフダウンシュラフ600FPの場合、嬉しい誤算がありました。

畳んで巻いても、


畳まず詰め込んでも、


簡単に収納袋に収まってくれるのです!

高木はるか

これはかなり嬉しい!
簡単に収納できる=撤収に時間がかからないってこと。
それなのにこのコンパクトさは、正直神がかってる…!

ライダーでなくても「買い」かも!?

コンパクトで高性能なラフダウンシュラフ600FP。
バイク乗りはもちろん、徒歩キャンパーや自転車キャンパーの方にもオススメです!

それでは、私はこれからもうひと眠りしちゃいますね。
皆さま、おやすみなさ~い……!

文・写真:高木はるか

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる