MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

モンベルのバラクラバがバイクツーリング時の「顔防寒」に最適!コスパも良し

  • URLをコピーしました!

バイクに乗りたくなくなっちゃうぐらいの寒い冬が続きますね。
みなさん、ツーリング中の“顔”の防寒ってどうしていますか?

身体はダウンや上着を着れば防寒できるけど、顔はヘルメットひとつだけ。
ノーガードで寒い~!って思っている方、いるのではないでしょうか…?

今回は真冬ツーリングの顔の寒さを防ぐことができるアイテム、モンベルのバラクラバをご紹介します。
本格登山用品なので、性能はお墨付きですよ~!

目次

バラクラバとは…?

そもそも『バラクラバ』とは…

高木はるか

一言で言ってしまえば、目出し帽。
ネックウォーマーと違ってずり落ちず、隙間風が少なく保温性に優れるため、冬の登山やアウトドアに使われています。

ファッション用のオシャレニットバラクラバには顔すべてが露出する製品もあるようですが、それは例外です。

元々はクリミア戦争中(1853~1856年)、東ヨーロッパの黒海に面した街『バラクラバ』での戦いへ出兵するイギリス兵のため、妻たちが顔ごと覆うウール製の手編み帽を持たせたことから広まったのだそうです。

オススメはモンベルのスーパーメリノウールバラクラバ!

こちらが筆者、高木はるかが愛用しているモンベルのスーパーメリノウールバラクラバ(税込3300円)。
既に3年以上使っているため毛玉だらけですが、まだ現役です。


横から見るとこんな感じ。
頭から鎖骨あたりまですべてを布で覆い、穴が開いている部分から目を出して使います。

ライダーにおすすめ!バラクラバの使い方

使い方……と言っても、たいしたことはありません。

まずはバラクラバを手に持って、スポッと頭からかぶります。


バラクラバの裾をインナーやミドルウェアの中にしまうのがポイント。
こうすることで、首周りから入ってくる冷風をシャットアウトすることができます。


上着もチャックをめいっぱい上げます。


首の後ろまで、しっかり全部を上着の中に入れましょう。
風が入る隙間を少しでも減らすことが大切です。


そのままヘルメットをかぶれば……


準備完了です!


目出し帽として以外にも、フェイスマスクのように使ったり、

髪の毛がペタンコにならないスタイルです。


ネックウォーマーや、顔だけ露出するスタイルでも使うことができます。

寒い日に外でご飯を食べるのに便利なスタイルです。

スーパーメリノウールバラクラバのメリット&デメリット

モンベルのスーパーメリノウールバラクラバ、実際に3年間使ってみての良い点、悪い点をご紹介します。

高木はるか

……と言っても基本的にはかなり気に入っているので、主にはメリットをお伝えさせてください!

メリット1:皮膚が1枚増えたような暖かさ

一番のメリット。それはもちろん、暖かいこと!
その暖かさは、まるで皮膚が1枚増えたのかと思うほどです。

メリノウールとは、オーストラリアやニュージーランドで飼育されている『メリノ種』という羊の毛を指します。
羊毛の中でも保温性と吸湿速乾性に優れ、繊維が細くてしなやか、肌触りも良くて軽量です。

つまり暖かいだけでなく、汗をかいてもサラサラが保たれ、チクチクしにくいという素材なのです。
(といっても、使い始めたばかりの時はチクチクするように感じました。次第に慣れていったのか、今ではまったく気になりません!)


モンベルの『スーパーメリノウール』は質が高く、繊度18.5ミクロンの『マルチクリンプウール』が使われています。
モンベルのwebサイトによると、

繊繊維のクリンプ(縮れ)が非常に大きいため、ストレッチ性に優れ、生地に編んだ際にはデッドエア(断熱材としての動かない空気)を多く含むので抜群の暖かさを生み出します。また、太さが均一なため切れにくく、繊維長が通常のメリノウールに比べて15%長いので、チクチク感の少ない心地よい肌触りです。

モンベルwebサイト 『スーパーメリノウール』より
https://webshop.montbell.jp/material/aboutmaterial/maker/maker49.html

ストレッチ性に優れながらも抜群の暖かさを持つバラクラバのおかげで、気温が0度前後の中でも顔に寒さを感じず、快適に過ごすことができるのです。

雪の中での1コマ。バイクに乗っている時以外は頭部分をズラし、フェイスマスクやネックウォーマーとして使っています。

メリット2:隙間風が少ない

隙間風の少なさにおいて、バラクラバはネックウォーマーよりもはるかに優れています。
その理由は、そもそも目出し帽なので隙間が少ないため、そして目周りもピッタリと密着してくれるためです。

不思議なのは、隙間風は少ないのに息苦しくならないこと。

以前某ブランドのフェイスマスクを鼻上まで上げた状態で林道散策をしたところ、息を吸うたびに布が鼻に張り付き、苦しさで10分と耐えられませんでした。
しかしモンベルのバラクラバは登山用に作られているだけあって、かなり快適に過ごすことができます。

キャンプの設営中もまったく苦しくありません。

……と言っても、バラクラバとフルフェイスヘルメット両方をかぶった状態で階段を登ったり歩いたりすると、さすがに呼吸が苦しくなります。
ヘルメットとの併用は、バイクに乗っている時だけに限定した方が良さそうです。

メリット3:ヘルメットの内装が汚れない

ヘルメットに直接顔が触れないため、特に頬の部分の内装が汚れなくなりました。
以前はファンデーションや皮脂がコッテリと付着していたのが、目に見えてキレイになったのはとても嬉しかったです。

そのおかげか、私自身はバラクラバを使うようになって以降、肌荒れがかなり少なくなりました。
あまり想像したくはありませんが、肌が触れた後の内装にたくさんの雑菌が繁殖していたようです。(個人差があると思います。笑)
化粧崩れしにくくなるのも嬉しいポイントでした。

メリット4:3300円という低価格

値段だけで見れば、もっと安いバラクラバやネックウォーマーは存在します。
しかしこれだけ高性能なメリノウールを使用しているにも関わらず税込3300円という価格は、他にはありません。

私のバラクラバは2018年12月に購入して以降3回目の冬を迎えましたが、1年あたり1000円と思うとかなりの高コスパ
ほぼ毎週のように使っているので、そろそろ新しいバラクラバを買っても良いかもしれませんね。

デメリット1:顔に跡が付く

最後に、スーパーメリノウールバラクラバのデメリットをご紹介します。

これまで使ってきて一番嫌だったポイントは、目の下にクッキリと跡がつくこと。
本来はヘルメットとの併用が想定されていない製品のため、縫い目が分厚いのが原因です。
人によっては顔が痛くなってしまうかもしれません。

縫い目が気になる方は、同じくモンベルからバイク専用品であるMC.バラクラバが販売されています。

しかしこちらの素材は、ポリエステル由来であるジオラインとシャミース。
メリノウールは使われていないため、スーパーメリノウールバラクラバほどの吸湿発熱性はありません。

デメリット2:乾燥機が使えない

ウール素材全般に言えることですが、温水での洗濯や 乾燥機の使用はNGです。

我が家では、ほぼすべての洗濯物を乾燥機にかけています。
わざわざバラクラバのため、乾燥ナシの洗濯をまわす必要があるのは手間に感じているのですが…… 普段乾燥機を使っていない方にとっては大きな問題ではないでしょう。

というのは、スーパーメリノウールはウォッシャブルイージーケアという加工がされてるため、洗濯機で洗っても大丈夫なのです。
手洗いでなくてもOKというのは、むしろ大きな強みなのかもしれません。

ただし使えるのは中性洗剤のみなので、ご注意くださいね!

あったか快適なツーリングの必需品

既に私にとって、スーパーメリノウールバラクラバは冬のツーリングの必需品となりつつあります。

顔の寒さで悩まれている方、騙されたと思って試してみてもらえると嬉しいです。
損はさせませんよ……!!

文&写真:高木はるか

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる