MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

バイク実走行で防寒性をテスト!NASAが宇宙服で使う素材で作ったジャケット?!

  • URLをコピーしました!

防寒性能を高めるには中綿の量が大事だ。もちろん中綿の素材も大事で、様々な化繊素材が開発されてきたが、いまだにダウンを超える暖かさを実現するのは難しいようだ。

真冬に暖かく過ごしたいならダウンをたっぷり入れたジャケットが最適解となる。そう少なくとも平成時代まではだ。

先日SNSを見ていたところ、OROSというメーカーのクラウドファンディングページの広告が表示された。驚くことに2600万円以上の支援を集めていたのである。

最大の特徴はNASAの技術を応用したウエアであるということだ。

目次

中綿に変わる素材はエアロゲル

OROSが中綿の代わりに採用している素材がエアロゲルと呼ばれる素材で、NASAが宇宙服に使用していることで知られているのだとか。宇宙服には断熱性と動きやすさの両方を求められ、エアロゲルは地球上でもっとも優れた断熱素材ということで採用されているそうだ。

OROS社はエアロゲルを加工して衣服でも使いやすいSOLARCOREという素材を開発。防水・防風・透湿・難燃性に優れており、なんと-40度にも対応している。クラウドファンディングのページは少々過激に表現されていることが多いが、ページの内容は説得力があり「すげぇ」と思わされるものだった。

真冬のバイクは過酷である。書いてあることが本当なら快適に乗ることができるはず!OROSジャパンに連絡しバイクで試すから貸してくれ!とお願いしたところ入荷したばかりの2021年モデルをお借りすることができた。

丈の長いオリオンパーカー アクティブなエンデバージャケット

オリオンパーカーは丈が長いのでバイクに乗るのに邪魔になることも・・・

-40度の極寒対応モデルは2つ。丈の長いオリオンパーカーと少々短いエンデバージャケットだ。どちらも中綿の代わりにSOLARCOREを採用しており、大きな違いは丈の長さだ。

バイクに乗ることを考えればオリオンパーカーの丈は邪魔になるかもしれない。エンデバージャケットには裾口のドローコードとストームガードで丈の短さをカバーする機能性も追加されている。

二着の違いとしては以下の通りだ。

エンデバージャケット

ファスナーは止水ファスナー

袖口はベルクロで絞ることで風をガード

丈が短めでストームガードを装備

オリオンパーカー

ファスナーは前立てでガード

袖口は二重袖で風をガード

丈が眺めでお尻まですっぽり

両方とも着用してバイクに試乗したが、防寒性に関しては同じであり、機能的にはエンデバージャケットの方が適していると感じたので詳しく説明したい。

着用してみたファーストインプレッション

エンデバージャケットを着用してみると、中綿入りのジャケットに比べると少々重さがあるように感じたが、あくまで比べればという話で極端に重いわけではない。

アウター生地は防水・防風性に優れた生地だが適度にストレッチ性があり、アウトドア用品メーカーのソフトシェルジャケットのような質感を感じた。

前ファスナーには止水タイプが採用されており、一般的なものに比べて防水・防風性に優れている。前立ては上部にしか採用されていないが、ファスナー裏にもタテが付いていることで、万が一ファスナーから雨風が入ったとしても防げる仕組みとなっている。

袖口はベルクロで調整できるようになっており、高めのエリ、腰元のストームガードなど風対策は万全といえるだろう。

ジャケット外側のポケットは全て止水ファスナーで開け閉めできるようになっており、走行中に落下の心配がなく、一般的なファスナーに比べて防水性が高いのも心強い。

筆者は身長164cm62kgという体系で、普段アウターはSサイズを購入している。サイズ感に関しては海外規格なのか、日本のサイズではMサイズ相当の印象を受けた。

さて肝心のSOLARCOREだが、薄いゲルの板が入っているような感じだ。一般的な衣服では感じたことがない感触なのだ。中綿入りジャケットに慣れていると、「いやこんなんで本当に寒くないの?」と少々不安になる。

なんせこの後、気温一けた台でバイクに乗るのだ。普段ならインナー・薄手のセーター・インナーダウン・中綿ジャケットと四枚は着込むところだが、とりあえずは1枚減らしてトライしてみた。

味わったことのない違和感

さて実際に着用して1時間ほど走行してみた。天気アプリで確認したところ外気温は8度だ。ちなみに下半身は厚手のメリノウールタイツ&靴下、裏起毛で防風のパンツという組み合わせだ。

結論から言うと、寒くない・・・いや少し走っていると「ちょっと暖かい」ような気がしてきた。走行風は完全にシャットアウトされ、冷たさが内部に伝わってくることはない。しばらくするとじんわりと体全体が暖かいような気がしてきた。これは新鮮な驚きだ。

中綿入りのジャケットの場合、綿の中に暖かい空気をためることで暖かくなる。だが SOLARCOREの場合には体とジャケットの間に暖かい空気がたまっているのだと思われる。

なんせ-196度の液体窒素をかけてもジャケットと体の間は気温が下がらないというから、バイクの走行風で内部の気温が下がることはないわけだ。もちろん外気が隙間から入ってこないように工夫がされているからこそだ。

生地にはストレッチ性があるので、動きを邪魔しないのも良い。ツッパリ感があるとバイクの運転に集中できないこともあるが、エンデバージャケットなら問題なしだ。

更に暖かくするには

SOLARCOREはどんだけ気温が低くても恐らく寒さを体に伝えることはない。だが暖かい空気をため込むことはないので、セーターを脱いで薄手のライトダウンを着用してみた。

すると、じんわり暖かいという感じだったのが、体全体がしっかりと暖かくなってきた。走行風によって生地表面が冷えてもSOLARCOREが完ぺきに冷気をシャットアウト。

更にベースレイヤー上に暖かい空気をため込みやすいダウンを着用することで、体全体が温まるのだ。

携帯しやすいのもバイクとの相性抜群

実は製品をお送りいただいた箱を見たときに驚いた。二着のジャケットが入っているとはと思えない大きさだったのだ。SOLARCOREは柔らかいので、折りたたんでコンパクトに収納することができるのだ。積載する荷物に限界があるバイクとの相性は抜群といえるだろう。

圧倒的な防寒性のため、海外向けサイズではあるが、腕周りなどは比較的タイトな作りになっている。バイクで使用する際にインナープロテクターを使いたいなら1サイズアップがお勧めだ。

購入したい方はOROS JAPANホームページにてご確認いただけたらと思う。
OROS JAPAN ホームページ → https://oros-japan.com/

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次