MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

初めてのソロキャンプガイド「思い立ったらすぐ行けるソロツーを満喫!」

  • URLをコピーしました!

2021年はコロナ禍の中にあってキャンプブームが盛り上がりを見せた1年であった。今まではキャンプにはあまり興味が無かったが初めて行ってみた、という方もいるだろう。
キャンプ、しかもバイクでいくキャンプツーリングは、格別の楽しさがある。バイクという荷物がほとんど積めない移動手段にキャンプ道具を積まないといけないため、道具選びから積み方までいろいろと考える必要がある。これがまた楽しい時間となるのだ。
キャンプ道具はいかに軽量でコンパクトなものを選ぶかが重要。ブームもあってか今はさまざまなアイテムが発売されているが、それを眺めているだけでも自然と知識が増えていく。
荷物の積載も同様。効率的に荷物を積めるバッグ選びや、取り付け方法も工夫する必要がある。キャンプツーリングの強者のやり方を参考にする手もある。
そんなキャンプツーリングに一人で出かけるのもまた楽しいもの。自分の都合の良い時に思い立ったらすぐ行けるのがソロの醍醐味。平日であれば人気のキャンプ場も空いている。
デイキャンプでも良し、泊まりで行くのも良し、自由に決められる。自由な時間を満喫できるのがソロツーの醍醐味なのだ。

目次

キャンプツーリングに持っていきたいアイテム

これだけあれば泊まりキャンプもOKだ!

<キャンプアイテム>
①テント②焚火スタンド③空気マット④クッカー&ガスバーナー⑤調理用グリル⑥シュラフ⑦ホットサンドメーカー⑧メスティン⑨アウトドアチェア10 折りたたみテーブル
※食材を持参する場合はこの内容にプラスになります。

1泊2日のキャンプで役立つツーリング用バッグ

HenlyBegins キャンプシートバッグ システム ●価格:28,050円(税込)

HenlyBeginsシートバッグ最高峰「PRO」シリーズゆずりの高機能が特徴。メインとなるのは容量65ℓのボックス形状をしたソフトバッグ(税込17,600円)。底面・前後面の補強パネルと金属ワイヤーがバッグの剛性を確保するほか、生地には高強度のポリエステルを採用している。●サイズ:H350×W550×D350(mm) ●最大積載重量:14kg
●本体重量(付属品込):3.8kg

今回使用したのはポーチ5個もセットになったコンプリートセット。
後側の固定はナンバーステーの下に固定ベルトを通してしっかりと引っ張る。
取り付けは車種によって異なるが、リヤステップステーにベルトを取り付けてみた。

泊まりキャンプの必須アイテム「テントを張ってみよう」

キャンプ場に到着したらまずはテントの設営を行おう

キャンプ場に到着して最初に行うのがテントの設営だ。テントを張って大丈夫な場所かどうかを明るいうちに確認することが重要。特に水辺であれば増水した時でも安全な場所を選ぶようにしたい。また地面の硬さ、風の向きなどもチェックしておこう。テントを張っておけば、万一雨が降ってきても荷物を避難させられるのも理由の一つだ。

使用したテント:OGAWA ステイシーST-Ⅱ

ソロキャンパーから絶大な人気を誇るステイシー。コンパクト収納なのに、前室空間をしっかり確保。ベンチレーションを前後2ヶ所に装備している。
●総重量:3.9㎏、●収納サイズ: 52×19×19㎝、●価格:46,200 円(税込)

今回使用したステイシーST-Ⅱはコンパクトなのが特徴。ツーリングバッグにも余裕で収納できた。
ステイシーST-Ⅱはフライシートを被せるタイプ。インナーテントが完成! 慣れればものの10分ほどでここまでできる。
テントは前室付きが便利! ソロツーリングであっても前室付きのテントを選びたい。テーブルやチェア、靴、ゴミなどあらゆるものがここに置ける。

やはりキャンプはご飯が楽しみ!「火を起こして料理しよう!」

炭に火をつけて薪を燃やす。暖も取れるし調理もできる

焚火はキャンプの醍醐味の一つ。雰囲気を盛り上げてくれることは間違いない。一方で調理用の火を起こすことも必要。そこで調理用グリルに炭を入れて火を起こす。そしてその火を元に薪をもやし焚火台を作れば効率的だ。また調理用にガスバーナーもあればお湯も沸かせたり、焼き物もできるので便利。

調理用グリルに炭を入れて火をつける。燃えにくいので着火材などを使いたい。
炭に火が着いたら焚火用の薪を乗せておく。これで効率的に火起こしができる。
薪に火が着いたら焚火スタンドに乗せていく。空気が入りやすいように乗せよう。

ご飯をメスティンで炊いてみよう

キャンプブームの今、人気のアイテムが「メスティン」だ。簡単にご飯が炊けるし、蒸したり煮たりといろいろな調理に使える。かさ張らないのでこれを一つ持っていけば役立つこと間違いなしだ!

洗った米を入れて、適切な量の水を入れる。
固形燃料を折りたたみストーブにセットして火をつける。
後はほったらかしで大丈夫。20分ほどで炊ける。10分ほど蒸らすのも忘れずに行いたい。

キャンプ飯を作ってみよう!

ロコモコ丼(夕食)

メスティンで炊いたご飯の上に、お湯で温めるハンバーグ、レタス、目玉焼きを乗せれば簡単ロコモコ丼の出来上がり!ハンバーグはデミグラスソースのものを選べば本格的だ。ご飯を炊いている間に調理すれば効率的だ。

<材料(2人分)>●米:1合 ●インスタントハンバーグ:1個 ●レタス:3〜4枚 ●卵:2個
ガスバーナーでお湯を沸かし5分ほど温めればオッケーだ。
目玉焼きの数はお好みで。2個焼けばボリューム十分だ。

麻婆チキンラーメン(夕食)

ロコモコ丼だけでは足りない場合はこちらをどうぞ。チキンラーメンを作り、その上に豆腐も入った麻婆丼の素を入れるだけ。ピリ辛の麻婆チキンラーメンが楽しめる。

<材料(1人分)> ●チキンラーメン:1個 ●麻婆丼の素:1袋
お湯を沸かしてチキンラーメンを投入。麻婆を入れるので水は少なめぐらいがいい。
別で沸かしておいたお湯で作った麻婆丼の素を入れる。麺をほぐしつつかき混ぜれば完成だ。

ソーセージエッグサンド(朝食)

ホットサンドメーカーを使用して作るお手軽サンド。ソーセージを焼いて目玉焼きを作る。その上に食パンを乗せて焼けば完成だ。

<材料(1人分)> ●バター&ケチャップ:適量 ●ソーセージ:3本ほど ・食パン:2枚 ●卵:2個
油やバターをひいてソーセージを焼く。2本ぐらいが適量だ。
目玉焼きが出来たらケチャップをつけた食パンを乗せ、ソーセージを乗せる。さらに食パンを乗せて挟んで焼く。

旅の相棒はこのバイク!

SUZUKI ジクサー250

スズキ独自の技術を採用した油冷エンジンを搭載しているのが特徴。軽量な車体に、スムーズに吹け上がる新開発の油冷エンジンの組み合わせで、軽快な走りを実現している。手軽にツーリングを楽しむ相棒としては最適なモデルだ。荷物の積載も工夫すれば一泊二日程度であれば十分に積むことも可能となっている。
<SPEC>■全長2010 全幅805 全高1035 ホイールベース1345 シート高800(各㎜) 車両重量154㎏ ■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 総排気量249㏄ 最大出力26ps/9000rpm 燃料タンク容量12ℓ 変速機6段リターン ■タイヤサイズF=110/70R17M/C R=150/60R17M/C ●税込価格44万8800円 
■車両協力:スズキ二輪

コンパクトな車体によって取り回しもラクラク!キャンプ場で押して歩くような場合でも不安なくできる。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次