MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

コーヒー好きのバイク乗り必見 コーヒータイムをより美味しくするスグれもの【DRIPPERS】

  • URLをコピーしました!

“コーヒーツーリング”という楽しみ方もある様に、バイク乗りとコーヒーの相性は良い。
キャンプ文化も根付きつつある昨今は、テントの設営が一段落したあと、また明け方に飲むコーヒーと表現すれば、その美味しさに共感してくれる人も多いのではないだろうか。

美味しいコーヒーを飲むだけの所作でしかないが、どうせならさらに美味しく飲みたいと拘り出すのが人間というもの。
そんな方々にオススメしたいのが、大阪生まれのオリジナルレザーブランドCRANKY.H.BIRDが手掛けているドリップバッグコーヒースタンド「DRIPPERS(ドリッパーズ)」だ。

ドリップバッグを浮かせて雑味を出さずに淹れられるため、いつも飲んでるドリップバッグコーヒーがさらに美味しく飲める。スタンドは組み立て式となっているのでかさばらず、バッグに忍ばせやすいのがバイク乗りにとって嬉しいポイントだ。

コーヒーを淹れ終わった後は、そのままスマホスタンドカラトリー置きとしても使えるので、一品で何役もこなす頼もしい相棒となること間違いない。

商品のポイント♪
  1. ドリップバッグを浮かせて、雑味を出さずに美味しくコーヒーを抽出する!
  2. シンプルな構造で使い方は自由自在。アウトドアでも大活躍間違いなし!
  3. 収納・持ち運びに便利なウォールポケットもセット!
目次

キャンプツーリングの必需品!?浮かせて美味しくコーヒーが淹れられる

「もっと手軽に、もっと美味しく。ドリップバッグコーヒーを楽しみたい」
そんな思いで生まれたのが今回のドリップバッグスタンド”DRIPPERS(ドリッパーズ)”だ。

シンプルな作り、しかし大きな可能性を秘めた、そんなユニークなアイテムとなっている。

気にしだしたら止まらない、ドリップ時の悩みアレコレ

悩みその① 「ドリップバッグが浸るのが気になる」

ドリップバッグコーヒーを淹れる際、ドリップバッグが浸るのが気になったことはないだろうか。

お湯に浸けてコーヒーを抽出する方法は「浸漬式(しんししき)」と呼ばれる。
浸漬式はコクが深まる一方で、もう一つの抽出方法「透過式」よりも時間が掛かったり、浸かり過ぎてしまうと雑味が出てしまうことがある。

「透過式」はハンドドリップに代表するように、上からお湯を通すことで抽出する方式だ。
透過式は浸漬式に比べて短時間でドリップでき、雑味を出さずうまみだけを抽出してすっきりとした味わいを楽しむことができる。

つまり、ドリップバッグコーヒーでは透過式の方が手軽にすっきり美味しくコーヒーを楽しむのに向いていると言える。
※浸漬式にはコクがあるなどの良さがあるので、一概に悪いというわけではありません。

悩みその② 「中身が分かりにくい。両手で持たないといけない」

浸る以外にも、ドリップバッグコーヒーを使う際「どこまで淹れられているか分からない」、「両手で持たないといけない」など、不安があるだろう。

カップの底が深かったり、不透明だったりすると、今どこまでコーヒーが抽出できているのかパッと分からないもの。
確認するために両手で持ち上げるのもちょっと面倒である。
また、両手で持ち上げるとき、熱い部分に手が触れないか緊張しないだろうか。

「もっと手軽に、もっと美味しくドリップバッグコーヒーを楽しめないか?」
そんな製作者の実体験から考案されたのが、ドリップバッグスタンド”DRIPPERS”だ。

読めば読むほど欲しくなる♪ ”DRIPPERS”の特徴とは

ポイント① 4つのステンレス板のみのシンプル構造

DRIPPERSは4つのステンレス板を、スリット(切り込み)に合わせて組み立てることでドリップバッグスタンドになる。
下段にはギザギザとハチドリマークが付いた板を、上段には中央が盛り上がっている板を使うことで簡単に組み上がる。

ポイント② 下段のギザギザがカップをホールドしてくれる

DRIPPERSの下段の板には波形がある。
波形がカップと噛み合うことで、ドリップ中もズレることなく使うことができる。
紙コップからティーカップまで、幅広いカップに対応可能だ。

ポイント③ 多段階サイズ調整で様々なサイズのドリップバッグやカップに対応!

各板にはスリットが左右2箇所ずつ付いている。
内側と外側を組み合わせることで、間口の異なる様々なカップに対応する。
マグカップや紙コップの場合は内側同士を組み合わせ、コーヒーカップのように口が広い場合は外側同士を組み合わせるのがおすすめ。

ポイント④ 使い方は簡単。組み立てて置くだけ

DRIPPERSの使い方は簡単。4つの板を組み立てカップの上に置いて、ドリップバッグを引っ掛けるだけ。
置いた際にカップにうまく乗らない際はサイズが合っていない可能性がある。その時は内側のスリットで使って組み立てよう。

ポイント④ 片手で持ち上げ、淹れ具合も簡単に分かる

底の深いカップや容器が不透明なカップなど、今どこまで淹れているか分からない場合がある。
4隅の1つを挟むように持てば、簡単に中を確認できる。

ポイント⑤ 熱い部分に触れることなく、安心・楽々に捨てられる

DRIPPERSを使う大きな魅力の1つが、この「片手で捨てられる」という点。
実際に使用したモニターからも、この簡単さが嬉しいと好評の声が上がっている。

ポイント⑥ 組み合わせ次第でマルチに活用!アウトドアで大活躍!

DRIPPERSはシンプルな構造な分、組み合わせ方や向きなどを変えれば様々な用途に使える。
スマホやタブレット立て、カトラリー置きや紙コップが飛ばないための土台としても使える。

もちろん例として上げた以外にも様々な活用方法があることだろう。ぜひ自分だけの使い方を見つけて欲しい。

キャンプへ持っていきやすい”DRIPPERS”専用本革ケース付き!

専用本革ケースで収納・持ち運びが便利

DRIPPERSには収納・持ち運びに適した専用の本革ケースが付属している。
本ヌメ革を使用し、フラップ部分の革は二重になっているため丈夫さを十分だ。
また、重ねた革がコーヒーカップを模したデザインになっているのもチャームポイントの1つ。

ボタンにはブランドシンボルであるハチドリが描かれていて、ナスカンにはアンティークメッキが使用されている。
丈夫でシックな質感を味わえる。

単色・コンビの6色展開

ケースは単色と、フラップ部分の色を変えたコンビ色の合計6色展開。
いずれも革製品の中でも人気が高い色を採用している。

収納・持ち運びに便利なウォールポケット

お家でもアウトドアでも活躍の帆布ウォールポケット

DRIPPERSやドリップバッグ、スティックシュガーなどのコーヒーグッズはもちろん、様々な収納に使えるウォールポケットもラインナップされている。

本体は帆布、フラップには本革を使用しており、しっかり丈夫な作りとなっている。

サイズは「ロング」「ワイド」の2サイズ

ウォールポケットは用途や置き場所に合わせて2サイズ展開となっている。
家庭内ではキッチン(冷蔵庫横)はもちろん、リビングや玄関、ベランダなど、場所を選ばず使えるデザインに仕上がっている。
アウトドアでもフックや机などにに引っ掛けて簡単に設置が可能だ。

折りたたんでスリムに持ち運び

折り畳んだ後ボタンで留れば、中身が落ちる心配もない。
裏面にはDRIPPERSのタグも付いているので、一目で他グッズと識別ができる。

「カーキ」「サンド」「ブラック」の3色展開

アウトドア・室内で存在感を発揮する3色での展開。
フラップの色は、カーキにはブラウン、サンドにはタン、ブラックにはブラックと、それぞれの色合いにマッチする革を使用している。

製品・収納ケースのサイズ

DRIPPERS本体にはステンレス (SUS430)を使用している。
錆びにくく耐久性、耐食性が高く、鉄よりは軽くアルミよりは重みがあるバランスの良い重量感(4本計87g)が特徴である。

素材
DRIPPERS:ステンレス(SUS430)
専用本革ケース:本ヌメ革(100%植物タンニン鞣し)
ウォールポケット:帆布(18OZパラフィン加工)

株式会社INDEPENDENTとは

オリジナルレザーブランド「CRANKY.H.BIRD」の企画開発を手掛けている株式会社INDEPENDENT。
創業者森脇氏の「本当に納得できるものは自身の手で創り出す」という思いの元、革製品の伝統を重んじながら、趣向が凝らされた数々のアイテムを世に送り出している。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる