フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

YZF-R1/Mの’22モデルがアンベール!別注モデルは本日予約開始!

ヤマハは、YZF-R1/Mの2022年モデルを発表、新たにR1は2色、R1Mには1色のグラフィックが設定され、2022年1月28日から販売開始する。

そしてR1にはもう1台、プレミアムラインが用意されている。ロードレース世界選手権への参戦60周年を記念したグラフィックで、2021年10月8日~11月8日までの完全受注モデルだ。白い車体に赤のストロボラインがあしらわれ、往年の世界で闘うヤマハと言えばのデザインに仕上がってる。こちらはR1/Mより1ヶ月遅れた2月28日からのデリバリー開始予定としている。

価格はR1が236万5000円~で、R1Mは319万円(いずれも税込み表記)。尚、YZF-R1/Mは全国のYSPおよびアドバンスディーラーでのみの取り扱いとなるため、購入希望者は注意しよう。

目次

スーパースポーツ「YZF-R1/R1M」2022年モデル発売

《YZR500をモチーフにしたWGP 60th Anniversaryも設定》

ヤマハ発動機株式会社は、997cm3エンジンを搭載したスーパースポーツ「YZF-R1M ABS」および「YZF-R1 ABS」のカラーリングを変更し、2022年モデルとして1月28日に発売する。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R1 ABS WGP 60thAnniversary」を11月8日までの受注期間限定モデルとして、2月28日に発売する。

22年モデル YZF-R1 ABS / YZF-R1M ABS

「YZF-R1M ABS」は、カーボンとアルミの組み合わせによる高い質感をアップデートし、ブルーの面積を増やすことでヤマハのレーシングスピリットをより感じられるカラーリングにした。
「YZF-R1 ABS」は、色域の異なるブルーのコンビネーションで新世代のヤマハレーシングブルーを表現した“ブルー”と、造形美を際立たせるダークトーンのローコントラストでモダンさを演出した“ブラック”の2色。
 「YZF-R1 ABS WGP 60th Anniversary」は、1980年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統のカラーリングのほか、WGP参戦60周年記念エンブレム、ゴールドカラーのホイール、ブラック仕上げとしたブレーキレバー・クラッチレバーを採用している。

「YZF-R1」は、1998年の販売開始からスーパースポーツ市場を牽引してきた当社モーターサイクルのフラッグシップモデルで、「YZF-R1M」はカーボン素材の軽量カウルなどを採用した上級モデルだ。

購入について

※本モデルは、YSPおよびアドバンスディーラーのみで販売する「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」である。購入についてはヤマハWebサイト掲載の取扱店まで問い合せしよう。

■「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」取扱店はこちら
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r1/

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる