フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

よりコンパクトにスタイリングを一新した「TMAX/Tech MAX」発表!

ヤマハはモデルチェンジされた「TMAX」および「TMAX Tech MAX」を2022年3月に欧州で発売開始する事を発表した。
スポーティさはそのままに、一回りコンパクトになった車体には新タイヤが採用され、サスペンションセッティングやライディングポジションの変更が施された。

両モデルは2021年11月25日(木)からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展され、日本では2022年夏以降の発売を予定している。

目次

「TMAX Tech MAX」「TMAX」をモデルチェンジ

コネクテッド機能を搭載し、スタイリングを一新したオートマチックスポーツ

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティな走行性能とオートマチックの利便性を高い次元でバランスさせたオートマチックスポーツコミューター「TMAX Tech MAX」および「TMAX」をモデルチェンジし、2022年3月に欧州で発売する。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展する。なお、2022年夏以降に日本での発売を予定している。

発売21年目を迎えるロングセラーの「TMAX」2022年モデルは、“Maximize the Moment”をコンセプトに開発された。
新たな特徴は、
1)「TMAX」らしいスポーティさを受け継ぎながら一回りコンパクトになったオールニューのスタイリング、
2)スマートフォンと接続し、ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTカラーディスプレイ、
3)10本スポークの軽量“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)”と新タイヤの採用、サスペンションセッティング変更による走行性能の向上、
4)走行性能に調和させた、新ライディングポジション、
5)ボタンプッシュで3段階調整(±15mm)可能なアジャスト式バックレスト、
6)ヤマハ初の電動タンクキャップなどエルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備、
7)整数倍音に着目したサウンドチューニング、
などである。

「TMAX Tech MAX」は、「TMAX」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認をサポートする光るスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性を高めた上級モデルだ。

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる