フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

【ヤマハ】MT-10/SPがEICMAに出展予定。国内導入も予定あり!

ヤマハは、吸排気系をアップデートした2022年モデル「MT-10/SP」を、2021年11月25日(木)から行われるEICMA(イタリア・ミラノ)に出展する。

“MT-king’s Dignity”をコンセプトに開発されたMT-10/SPは、MTシリーズのフラッグシップモデルに相応しい風格とシリアスなスタイリングを兼ね備え、欧州市場へ2022年中頃に投入される予定となっている。尚、気になる日本へは同年秋以降の登場予定とのこと、楽しみに待とう。

目次

ロードスポーツ「MT-10」「MT-10 SP」をモデルチェンジ

~頂点にふさわしい性能とスタイリングを極めたMTシリーズのフラッグシップ~

ヤマハ発動機株式会社は、MTシリーズのフラッグシップモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10 SP」をモデルチェンジし、2022年2月※に欧州で発売される。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展する。なお、日本での発売は2022年秋以降を予定。

2022年モデルの「MT-10」は、“MT-king’s Dignity”をコンセプトに開発した。主な特徴は、1)吸排気系を見直し、EU5適合化と出力アップを図ったエンジン、2)操る悦びを体感できるサウンドデザイン、3)トラクションコントロールやスライドコントロールシステムなど、IMU(Inertial Measurement Unit)搭載による高精度な各種電子制御、4)設定した速度に最高速度を制限できる当社初採用のYVSL(Yamaha variable speed limiter)、5)滑らかなシフトアップ&ダウンが可能なクイックシフター、6)次世代のMTシリーズ最高峰モデルに相応しい風格とシリアスなスタイリングを追求したデザインとなっている。

「MT-10」は、“意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能”と“多用途で楽しめる機能”を集約させたモデルだ。「MT-10 SP」は、アップデートしたオーリンズ製電子制御サスペンション、アンダーカバーなどを装備した上級モデルである。

※「MT-10 SP」は、2022年中頃に欧州での発売を予定している。

プレスリリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる