フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

シグナスが空冷→水冷エンジンへ進化!シグナス グリファス発売決定

ヤマハは原付2種スクーターシグナスXをフルモデルチェンジし、「CYGNUS GRYPHUS(シグナス グリファス)」として2021年12月23日(木)から販売開始する。

シグナス グリファスは、同シリーズの長い歴史の中で初めて水冷エンジンを搭載するシグナスとなり、従来モデルに比べてパワーは20%以上、燃費は約20%低減している。

カラーはグレー、ブルー、ブラック、ホワイトの4種類をラインナップし、価格は35万7500円(税込み)。

また、翌年2月24日(木)には、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した特別モデルも登場する予定だ。こちらは価格の面でも少し特別となっており36万8500円(税込み)が設定されている。

目次

原付2種スクーター「CYGNUS GRYPHUS」発売

WGP 60th Anniversary
WGP 60th Anniversary

~シリーズ初の水冷“BLUE CORE” エンジン搭載で出力・燃費を向上~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・124cm3の“BLUE CORE※”エンジンを搭載した原付2種スクーターの新製品「CYGNUS GRYPHUS(シグナス グリファス)」を2021年12月23日に発売する。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」を1,000台限定で、2022年2月24日に発売する。

「CYGNUS GRYPHUS」は、“Advanced Total Performance Sport”をコンセプトに開発された。現行「CYGNUS-X」をフルモデルチェンジした、CYGNUSシリーズ初の水冷エンジン搭載車だ。パワーは従来比で20%以上、燃費は約20%向上(WMTCモード燃費/クラス1)した。

主な特徴は、
1)走りの楽しさと燃費・環境性能を両立する水冷“BLUE CORE (ブルーコア)”エンジン、
2)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」、および全域でのハイパワーに貢献する「VVA(可変バルブ)」、
3)新設計フレームと新開発のワイドタイヤなどスポーティな走行性能を支える足回り、
4)CYGNUSの血統を受け継いだ新スタイル、
5)快適便利な装備など。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行う。

※BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げている。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「CYGNUS GRYPHUS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発した。商標登録第5676267号。

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

CYGNUS GRYPHUSの新たな特徴

1)走りの楽しさと燃費・環境性能を両立する水冷“BLUE CORE (ブルーコア)”エンジン

高燃焼効率、ロス低減、冷却性の3点を照準に開発し、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立させる“BLUE CORE (ブルーコア)”エンジンを搭載した。CYGNUSシリーズ初の水冷エンジンだ。
燃焼室は、パワーと燃費の両立を図るためコンパクトに設計。高効率燃焼のポイントとなる圧縮比は、従来の10:1から11.2:1へと高め、混合気のタンブル(縦渦)を効果的に生成させ、FIセッティングとの相乗効果で高出力と燃費性を備えている。
出力は20%以上、燃費は約20%向上(WMTCモード燃費 クラス1)を図っている。

※イメージ画像
※イメージ画像

2)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」全域でのハイパワーに貢献する「VVA(可変バルブ)」

エンジンには、「始動モーター」と「ジェネレーター」が一体化したSMG(Smart Motor Generator)を採用。始動時は始動モーターとして機能し、走行時はジェネレーターとして働く。従来の始動モーターと減速ギアが不要となり、軽量・コンパクト化・静粛始動を実現している。
また、エンジンにはVVA(Variable valve actuation=可変バルブ)を採用。低速向けと中高速向けのカム(吸気側)のリフト量が6,000r/minで切り替わる機構で、相互にトルクカーブを補完し全域で優れたトルク特性を発揮する。

3)新設計フレームと新開発のワイドタイヤなどスポーティな走行性能を支える足回り

新エンジンの搭載・重心位置最適化と、ボディ剛性をバランスさせた新設計のアンダーボーン型フレームを採用。メインパイプは左右非対称で、またテンションバーによるチューニングにより強度剛性としなやかさをバランスさせた。さらに、スペース効率を配慮した設計により十分なシート下トランクスペースを確保している。

また、新ディメンションにより、良好な直進安定性と、スポーティで機敏な操縦性を両立。ホイールベースは現行モデル比で35mmロングの1,340mm、キャスター角は現行27°00′に対し、26°30′とした。新開発のフロント120/70-12、リア130/70-12のワイドタイヤとのバランスにより、直進安定性と機敏な操縦性を兼ね備えている。

ブレーキには、フロントΦ245mm、リアにはΦ230mm(従来比30mm大径化)のディスクブレーキを採用。リアブレーキ操作でフロントブレーキもバランスよく効力を発生させるUBS(ユニファイドブレーキシステム)により、制動時の車体挙動に穏やかさをもたらす。

さらにΦ33.0mmインナーチューブの正立式フロントサスペンションと、走行状況に応じてイニシャルを4段階調整できる2本のリアサスペンションを採用。減衰力特性を最適化しており、落ち着いた乗り心地に寄与している。

4)CYGNUSの血統を受け継いだ新スタイル

新エンジンと新フレーム採用にあわせ、スタイリングを刷新しました。ポイントは、CYGNUSシリーズを継承・進化させた“安定感のある乗り味”と、さらに進化した“スポーティ性能の表現”によるダイナミックな造形だ。

LEDヘッドランプは、従来の1灯式からシャープな2灯式に進化。ロービームでは右側が点灯、ハイビームで左右両方が点灯し、デザインコンセプトの“Glaring Predator”の通り、肉食動物が獲物を捕らえる時の表情をイメージさせる。また上質感ある面発光テールランプは、鋭い肉食動物の目線を想起させる。

5)快適便利な装備

  • 見やすい大型液晶デジタルメーター
  • 28L容量シート下トランク
  • USBソケットを備えたフロントポケット
  • 給油のしやすさに配慮したフロント給油口

バータイプのタコメーターとデジタル表示のスピードメーターを中央に配置したスポーティなデジタルメーター
常時表示:スピードメーター、タコメーター、燃料計、時計
切替表示:オドメーター、トリップメーター
※エンジンオイル交換表示(初回1,000km、以降3,000km毎に表示)

約28L容量シート下トランク。
トランク前方にはヘルメットフックを2個装備。

※ヘルメットの形状によっては収納できないものもある。

フロントポケット上部には、スマートフォンなどの充電に便利なUSBソケット、フロントパネル側には持ち手の太いバッグも掛けられる折り畳み式の大型フックを装備。

※1:USBソケットはエンジンがかかっている状態で使用すること。また、接続する機器や充電用アダプターの仕様等によっては、充電・使用できない場合がある。

※2:フックに掛けられる重さは1kgまで。

※3:フロントポケットには熱の影響を受けやすいもの、壊れやすいもの、貴重品は入れない事。

「CYGNUS GRYPHUS」主要仕様諸元

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値である。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率である。
※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値である。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

「CYGNUS GRYPHUS」フィーチャーマップ

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる