MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

足回りが大幅強化されたスーパーカブ&クロスカブが登場!

  • URLをコピーしました!

ホンダが新エンジンを搭載し、新排出ガス規制に対応した「スーパーカブ110」および「クロスカブ110/くまもんバージョン」を2022年4月14日(木)から販売開始する。

新モデルには、フロントディスクブレーキと前輪にのみ作用するABSが標準搭載されているほか、前後輪ともにキャストホイールとチューブレスタイヤが採用されている。

価格はスーパーカブ110が30万2500円、クロスカブ110が36万3000円、クロスカブ110・くまモン バージョンが37万4000円。(いずれも税込み)

目次

「スーパーカブ110」「クロスカブ110」「クロスカブ110・くまモン バージョン」をモデルチェンジし発売

スーパーカブ110(グリントウェーブブルーメタリック)

Hondaは、「スーパーカブ110」「クロスカブ110」「クロスカブ 110・くまモン バージョン」に新エンジンを搭載するとともに、前輪ディスクブレーキを標準装備するなどモデルチェンジを図り、4月14日(木)に発売する。

  • 最新の排出ガス規制※1に対応した新エンジンを搭載
  • 前輪ディスクブレーキを標準装備
  • フロントのみに作用するABS※2を採用
  • 前後輪にキャストホイールとチューブレスタイヤを採用
  • メーター内にギアポジションや時計などを表示する機能を追加

今回、スーパーカブ110とクロスカブ110に、最大トルクと燃費性能の向上を図りながら最新の排出ガス規制に対応した新エンジンを搭載。足まわりには、制動時の安心感に寄与するABSを採用した前輪ディスクブレーキと、メンテナンスのしやすさをより考慮した前後キャストホイールおよびチューブレスタイヤを新たに採用。メーター内にはギアポジションや時計、平均燃費などを表示する機能を追加し、使い勝手をより高める変更を施している。

※1)平成32年(令和2年)排出ガス規制
※2)ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムである。ABSを装備していない車両同様に、コーナーなどの手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できない。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせる。

スーパーカブ110のカラーバリエーション

  • グリントウェーブブルーメタリック
  • パールフラッシュイエロー
  • バージンベージュ
  • タスマニアグリーンメタリック
  • クラシカルホワイト

クロスカブ110のカラーバリエーション

  • マットアーマードグリーンメタリック
  • パールディープマッドグレー
  • プコブルー

クロスカブ110・くまモン バージョンのカラーバリエーション

  • グラファイトブラック

販売計画台数(国内・年間)

スーパーカブ110
合計7,000台

クロスカブ110/クロスカブ110・くまモン バージョン
シリーズ合計9,000台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

スーパーカブ110
302,500円(消費税抜き本体価格 275,000円)

クロスカブ110
363,000円(消費税抜き本体価格 330,000円)

クロスカブ110・くまモン バージョン
374,000円(消費税抜き本体価格 340,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれていない

主要諸元

通称名

スーパーカブ110

クロスカブ110

車名・型式

ホンダ・8BJ-JA59

ホンダ・8BJ-JA60

全長×全幅×全高(mm)

1,860×705×1,040

1,935×795×1,110

軸距(mm)

1,205

1,230

最低地上高(mm)★

138

163

シート高(mm)★

738

784

車両重量(kg)

101

107

乗車定員(人)

2

2

最小回転半径(m)

1.9

2.0

エンジン型式・種類

JA59E・空冷 4ストローク OHC単気筒

総排気量(cm3)

109

内径×行程(mm)

47.0×63.1

圧縮比★

10.0

最高出力(kW[PS]/rpm)

5.9[8.0]/7,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

8.8[0.90]/5,500

燃料消費率※3(km/L)

国土交通省届出値
定地燃費値※4(km/h)

68.0(60)
<2名乗車時>

67.0(60)
<2名乗車時>

WMTCモード値★
(クラス)※5

67.9(クラス1)
<1名乗車時>

燃料供給装置形式

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式★

セルフ式(キック式併設)

点火装置形式★

フルトランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式★

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

4.1

クラッチ形式★

湿式多板ダイヤフラムスプリング式

変速機形式

常時噛合式4段リターン※6

変速比

1 速

3.142

2 速

1.833

3 速

1.333

4 速

1.071

減速比(1次★/2次)

3.421/2.500

3.421/2.642

キャスター角(度)★/トレール量(mm)★

26°30´/73

27°00´/78

タイヤ

70/90-17M/C 38P

80/90-17M/C 44P

80/90-17M/C 50P

80/90-17M/C 44P

ブレーキ形式

油圧式ディスク(ABS)

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式

テレスコピック式

スイングアーム式

フレーム形式

バックボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社

※3) 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値である。ユーザーの使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる
※4) 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率である
※5) WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値である。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される
※6) 走行中はリターン式で、停車時のみロータリー式になるチェンジ機構である

リリース提供元:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる