MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

CBR250RRにスタイリングが際立つ新色「グラファイトブラック」追加

  • URLをコピーしました!

ホンダが、CBR250RRのカラーラインナップに新しく「グラファイトブラック」を追加し、2022年1月20日(木)に発売する。
シンプルで車体のフォルムが一層際立つカラーリングとなっている。価格は82万1700円(税込み)。

現在発売中の「グランプリレッド(ストライプ)」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」は継続販売となる。

目次

軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し発売

Hondaは、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日(木)に発売する。

今回、シンプルなカラーリングで精悍なスタイリングを際立たせた「グラファイトブラック」を新たに採用。
継続色の「グランプリレッド(ストライプ)」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」と合わせた全4色を設定している。

CBR250RRは、剛性としなやかさを両立させた鋼管トラス構造のフレームに、低中回転域での力強さと高回転域までシャープに吹け上がるスーパースポーツならではの出力特性を高次元で両立させた直列2気筒249ccエンジンを搭載。足まわりには、フロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを組み合わせて採用したほか、制動時の安心感をより高めるABSを標準装備。卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現するとともに先鋭的なデザインのスーパースポーツモデルとして、若年層を中心とした幅広い層のユーザーに好評を得ている。

販売計画台数(国内・年間)

3,500台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CBR250RR

グランプリレッド(ストライプ)
854,700円(消費税抜き本体価格 777,000円)

グラファイトブラック、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト
821,700円(消費税抜き本体価格 747,000円)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれていない

主要諸元

通称名 CBR250RR
車名・型式 ホンダ・2BK-MC51
全長×全幅×全高 (mm) 2065×725×1095
軸距 (mm) 1 390
最低地上高 (mm)★ 145
シート高 (mm)★ 790
車両重量 (kg) 168
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※1(km/L) "国土交通省届出値
定地燃費値※2(km/h)" 40.1(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★(クラス)※3 27.1(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.9
エンジン型式・種類 MC51E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 249
内径×行程 (mm) 62.0×41.3
圧縮比 ★ 12.1
最高出力 (kW[PS]/rpm) 30[41]/13000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 25[2.5]/11000
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 14
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.181
2 速 2.187
3 速 1.727
4 速 1.421
5 速 1.222
6 速 1.068
減速比(1次★/2次) 2.781/2.928
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 24°30´/92
タイヤ 110/70R17M/C 54H
140/70R17M/C 66H
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社

※1)燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値である。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。

※2)定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率である。

※3)WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値である。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

リリース提供元:本田技研工業株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる