【2022年】KTM 350 EXC-Fにファクトリーエディション登場

KTM Japan株式会社が2021年9月から、350 EXC-Fファクトリーエディションを販売開始する。

本モデルはサスセッティングを用意に行える、WP製XACTエアフォークテクノロジーを採用しているのが特徴で、他にも巻き上げられた石や泥から各部を守るために、アルマイト処理をホイール/ハブ / スキッドプレード / ブレーキディスクガードに施されている特別仕様である。ラフなシチュエーションの多いエンデューロレースの助けになること間違いなしの装備が揃っている。

グラフィックは世界のトップライダーが駆る車体と同じRed Bull KTM Factory Racingカラーで、価格は170万円(税込み)だ。

目次

MY2022 KTM 350 EXC-F FACTORY EDITIONを発表

22年モデル KTM 350 EXC-F FACTORY EDITION
22年モデル KTM 350 EXC-F FACTORY EDITION

KTM Japan株式会社が、MY2022 KTM 350 EXC-F FACTORY EDITIONを発表した。

MY2022のKTM 350 EXC-F FACTORY EDITIONは、KTM EXC ラインアップの中でも特別なモデルであり、レースにインスピレーションを得た様々なパーツと、WP XACTエアフォークテクノロジーの採用が特長となっている。WP製のXACTエアフォークは、軽量化を実現するとともに、アクセスし易いクリッカーとエアポンプにより、迅速で確実な調整を可能にしている。これはエンデューロ競技での過酷で変化に富んだ状況において重要な要素となる。

最先端のコンパクトなクロモリ・スチール・フレームと、28kgの軽快な350cc DOHCエンジンの組み合わせにより、林道
や岩場でのゆっくりとしたテクニカルな走行から、スロットルを多用した何マイルも続くトレイルまで、様々なチャレンジに対応します。

また、ファクトリーホイールとアルマイト処理されたハブ、エンジンスキッドプレート、フロントブレーキディスクガードは、レースやライディングでのハードヒットをかわすことが可能だ。さらに、ラジエターファンやラジエタープロテクター、マップセレクタースイッチ、Supersprox Stealthリアスプロケットなど、レースシーンを想定したアップグレードを施しプレミアム感を高めている。

そして、Red Bull KTM Factory Racingのグラフィックは FACTORY EDITIONであることを示す最も明確で分かりやすいものだが、ファクトリーブルーのシート、オレンジのオイルプラグ、CNC加工されたオレンジのトリプルクランプ、そしてオレンジのフレームにもご注目だ。

KTM 350 EXC-F FACTORY EDITION の主なハイライト

Red Bull KTM Factory Racing をイメージしたグラフィック
WP 製 XACT 48mmエアフォーク
アルマイト処理されたハブ付きファクトリーホイール
CNC加工されたトリプルクランプ
ラジエターファン
ラジエタープロテクター
スキッドプレート
ファクトリーシート
フロントブレーキディスクガード
リアソリッドディスク
マップセレクトスイッチ
Supersprox Stealthリアスプロケット
オレンジカラーのオイルプラグ
グレーカラーのODIグリップ

価格・発売時期

■ KTM 350 EXC-F FACTORY EDITION
発売予定時期:2021年9月
メーカー希望小売価格:1,700,000円(消費税10%込)

主要諸元

エンジン型式:水冷4ストロークDOHC単気筒
EMS:Keihin製EMS
総排気量:349.7cc
始動方式:セルスターター式
変速機:6速
燃料供給方式:Keihin製スロットルボディΦ42mm
サスペンションF:WP製XACT48倒立フォーク
サスペンションR:WP製XPLOR PDSモノショック
タイヤF/R:90/90-21” / 140/80-18”
車輌重量:約104.3kg(半乾燥)
※保証期間は1か月です。
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。
※公道走行用ホモロゲーション取得については確認中です。確定次第正規ディーラーへ情報を提供する予定です。

リリース提供元:KTM JAPAN 株式会社

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる