キタコとGEARSがコラボ!ハンターカブとモンキー125のリアサス登場

4miniカスタムの定番ブランド「キタコ」と、サスペンションパーツブランドとしての実績名高い「GEARS」がタッグを組んで、 CT125・ハンターカブと、モンキー125のリアショックアブソーバーを作り上げた。

ストリート、サーキットにて走行テストを重ね、アウトドアギア満載の高積載時や、エンジンチューンが施された高負荷が見込まれる車両でも、最適となるバネレートとダンパー特性が設定されている。プリロード調整機能(無段階)、伸側減衰調整機能(14段階)も行える。

世界トップクラスの切削技術を誇る台湾GEARS本社にて製作が行われ、一本一本職人の手によって丁寧に組み上げられる。価格は74,800円(税込み)だ。

目次

操安系関連アイテム CT125・ハンターカブ、モンキー125

スペック

  • ボディ
    アルミ削り出し
    ガンメタリック・ゴールドアルマイト仕上げ
  • モノチューブ-オイル&ガス室セパレート設計※1
  • フリーピストン方式採用
  • プリロード調整機能(無段階)
  • 伸側減衰調整機能(14段階)
  • 車高調整機構
    モンキー125:-2mm~+5mm
    CT125・ハンターカブ:-3mm~+4mm
  • 調整工具付き
  • 2本1セット

※1 オイル&ガス室セパレート設計は一本のシリンダーをガス室とオイル室をフリーピストンで切り分けた構造でオイルとガスに含まれる空気(水分)がキャビテーションを排除するのに役立つ。モノチューブ方式で他社には無い大きなガス室を設け、高圧ガスをしっかり確保。安定した減衰を保持することが可能だ。また放熱性のあるアルミチューブで摺動運動する減衰力から熱だれ(キャビテーション)を減らすことで連続的に安定した性能を発揮する。

パッケージング

パッケージにはコラボ専用特別デザインを採用。

コラボ特別レーザー印字

“KITACO × GEARS Assembledin Japan” とレーザー印字が施されている。

※車種により印字される場所(面)は変わる

性能特性

ストリートやサーキットで走行テストを重ね、主にロングツーリングでの高積載時や、エンジンチューニング車両等の高負荷時に快適なフィーリングを保てるように、最適なバネレートとダンパー特性を設定。車高調整、伸び側減衰力調整、プリロード調整機構を備え、状況に応じて幅広くセッティングが可能となっている。

生産にあたって

世界トップクラスの切削技術を誇る台湾GEARS本社にて製作された各部品をGEARS JAPANにて一本ずつ職人の手で組立。オイル、ガスの封入から世界最高峰のサスペンションテスターでの動作確認及び、ダンピング特性を測定し、セッティング。高度な品質管理の元で高い性能と妥協しない高いクオリティーを実現している。

KITACO×GEARSリアショックアブソーバー

ストリートでの走行性能アップを追及。荷物満載時でも優れた走行性能を発揮し、積載量が多くなる中~長距離ツーリング時にも快適に走行できるハイグレードリアショックアブソーバーだ。

適合:MONKEY125(JB02全車種)

商品コード:520-1300100
税込価格:\74,800(本体価格\68,000)

自由長:332mm(純正同等) 車高調整:-2mm/+5mm、アルミボディ採用(ガンメタリックアルマイト)、モノチューブ-オイル&ガス室セパレート設計、フリーピストン方式採用 、 プリロード調整:無段階伸側減衰圧調整:14段階 、 調整用工具付属 、 2本1SET

適合CT125・ハンターカブ(JA55全車種)

商品コード:520-1470100
税込価格:\74,800(本体価格\68,000)

自由長:362mm(純正同等) 車高調整:-3mm/+4mm 、 アルミボディ採用(ガンメタリックアルマイト) 、 モノチューブ-オイル&ガス室セパレート設計 、 フリーピストン方式採用 、 プリロード調整:無段階 、 伸側減衰圧調整:14段階 、 調整用工具付属 、 2本1SET

リリース提供元:株式会社キタコ

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる