MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

グロムに1灯2色切替えのフォグランプ「BC-01」を取り付けてみた!

  • URLをコピーしました!

コルハートが手掛けるオートバイ用フォグランプ「ドライビングライトBC-01」シリーズ。今回は、その内のL型クランプキットを使用したホンダ/GROMへの取り付け方法が公開された。

BC-01は、1つの灯体からホワイト・イエロー2色のランプカラーを切り替え照射できる優れもので、手元のスイッチ操作によって切り替えが可能。天候状況また路面状態に合わせてクイックな使い分けができる。

BC-01シリーズにはL字型クランプキットの他にも、車体フレーム等のパイプ部分へ取り付ける『BC-01 パイプクランプキット』の設定もあり、価格はいずれも24,200円 (税込)だ。

目次

オートバイ用アフターパーツフォグランプ「ドライビングライトBC-01」シリーズ発売中!

照射カラーを手元操作で切換えが出来る、2輪業界初!!バイカラータイプドライビングライト!くっきり出るカットラインで対向車や前走車への眩しさに配慮!

HONDA-GROMに取り付けてみた!

画像はフォグランプの位置を分かりやすくする為、レンズに着色しています。
画像はフォグランプの位置を分かりやすくする為、レンズに着色している。

装着場所はフロントフォークのフェンダーブラケットへ!

今回、ノーマルの車体で特に追加パーツを使用せず、取付けることにした。海外でフォグランプの装着場所として比較的多いフロントフォークのフェンダーブラケットのネジ穴を利用している。

今回は特に加工せず取付をしている。個人での加工ポイントを含めて、ご案内しよう。

L型ステーは、アルミ製2ピース構造で取付場所により、上下の変更や取付穴の拡大等の加工が比較的しやすく板厚を厚めに設定している為、頑丈だ。

電源はシュラウド内のACCカプラーを使用した。電源取り出し用の市販のカプラーを用意して電源線をつなごう。

電源取り出し用カプラーイメージ※お客様自身でご準備下さい。
電源取り出し用カプラーイメージ※ユーザー自身で準備してほしい。

シュラウド内のACC 4ピンカプラーに接続

スイッチはハンドルへ固定!

ON/OFF 白/黄切替スイッチはハンドルの根本付近へ装着する。

時々いただく質問!

L型ステーをもう少し車体に寄せたい場合

アルミカラーを短く加工するか市販のアルミカラーのサイズの短いものを用意する必要がある。注意点としてAのナットの厚みに注意しほしい。

最後に照射位置の調整!

照射は白色で合わせることをおすすめする。白色/遠方・黄色/手前を照射する。
上下角度調整は車体取付けステーと本体取付ステーで、
左右の角度調整は本体ステーとL型ステーの取付ボルトの部分で!

GROMに装着したキット

品番:771001
品名:ドライビングライトBC-01 L型クランプキット
価格:24,200円(税込)

リリース提供元:コルハート株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる