MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ワイズギアの2022年新作秋冬バイクウェアを一挙紹介&レビュー!クシタニコラボのANIFESU JACKETなど

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】
真夏のピークを超えて、変わりやすい天気と共に徐々に気温が下がってくる日も増えてきた。未だ玄関の向こう側では素肌にまとわりつくような湿気を感じつつも、既にメッシュジャケットで夜道を走るのは少し肌寒く感じる。今夏も大いに活躍してくれたメッシュジャケットを手洗いしながら今年の夏を振り返っていると、そろそろ秋冬シーズンのライディングウェアも少しずつ準備を進めていきたくなる頃だ。そんな中、今年もワイズギアから私を含むヤマハファン必見の秋冬新作アイテムが続々と登場したので、今回はこちらを紹介していこう。

目次

【Y’S GEAR(ワイズギア) / ANIFESU JACKET(クシタニ) : impression】

街にも着ていきたくなる、アーバンライクなウインタージャケット

ワイズギアのライディングウェアは、自社で開発・販売をするオリジナルウェアの他、高品質・高性能なウェアに定評のある老舗ライディングウェアメーカーのクシタニや革新的な製品開発で注目を集めるRSタイチをはじめとしたウェアメーカーとのダブルネームによって、ヤマハファンには堪らないデザイン性と実用性を併せ持ったアイテムを数多く展開している。そんな魅力的なワイズギアのラインナップから、今年新たに登場予定のANIFESU JACKET(クシタニ)を実際に着用してみた。

まず初めにジャケットを手に取って感じたのはその軽さ。ダウンジャケットのような触り心地なのだが、実は3M社の高性能中綿を使用していることで軽く、厚みを抑えることで着膨れすることのないスマートなシルエットを実現している。防風性・保温性も非常に高く、独自のダウン気室のパターンやポケット内側・フードの縁部分などにコーデュロイ生地を採用するなどの小技が各所に効いており、バイクに乗る時だけでなく、街にも着ていきたくなるようなお洒落なデザインにまとまっている。

これからのシーズンに嬉しい機能も盛りだくさんで、フロントファスナー内側の前立ては走行風の侵入を防ぎつつ、前傾姿勢をとっても生地が寄りにくい構造になっている。また、裾からの風をブロックする事ができるストームガードは、使わない時にはジャケット内側にしまっておける仕様もありがたい。ジャケットの表地は防風性に優れているだけでなく、撥水性能もあるので日常使いでも使い勝手が良さそうだ。

もちろんライディングジャケットとしての機能も充実しており、ジャケット内側にはブレストパッドを装着できるアタッチメントを装備していたり、走行時にフードのバタつきを抑えてくれる留め具も完備。防寒インナーや使用シーンに合わせて身幅の調節も可能。

さらに、フロントポケットには万が一にも安心のファスナーが付いていたり、強度の必要な部分にはナイロン素材を使用することで耐久性を向上させていたりと、バイク乗りならではの機能も充実した一着となっている。

サッと羽織って走り出せる、一着で快適なジャケット

ヤマハ・テネレ700に乗って実際に走ってみる。今回は未舗装路を軽く流してみたのだが、ANIFESU JACKETの柔らかい表地は乗車中もとても動きやすく、部分的に強度の高いナイロン素材を使っていても突っ張るような感じはしない。保温性を保ちながらも適度な通気性を確保しているので、一般道や軽い林道程度なら汗で蒸れてしまうこともなさそうだ。また、インナーが付属せずに1着で完結するジャケットのため、せっかちな自分としては出発時にサッと羽織って走り出せるのも嬉しいポイント。さらに、肩・肘はCE規格のLV2をとっているプロテクター、背中にはソフトパッドが標準装備されており、耐衝撃性に優れていることに加えて抜群のフィット感を実現。

今回着用したベージュカラーはカフェや街中だけでなく、自然の中でも馴染みやすい落ち着いたカラーリングとなっており、使用するバイクを選ばないライトグレーもカラー展開している。どちらもクシタニでは展開していないワイズギアモデルのカラーリングとなっているため、ヤマハファンだけでなく、これからのシーズンを走る全てのライダーにおすすめしたいアイテムだ。

モデル情報 : 身長176cm(体重80kg) / Lサイズ着用

他にも注目の秋冬新作モデルが続々リリース

ワイズギアの秋冬新作ウェアは、今回紹介したANIFESU JACKETの他にも数多くの魅力的なアイテムが登場しているので、こちらも併せてチェックしておきたい。

SOFTSHELL MULTIPARKA(RSタイチ)
動きやすいソフトシェルを使用したジャケットは防風性・撥水性を兼ね備えており、肩・肘・背中のプロテクターも標準装備。別売りとなるウォームドライドジップシャツなどのインナーと組み合わせることによって、秋〜来年の春まで長い間活躍してくれそうだ。

GAL JACKET(クシタニ)
伸縮性のあるソフトシェルを使ったジャケットにはインナーも付属しており、完全防水ではないものの初期耐水圧10,000mm/m2の防水性を実現。生地の織り方で模様をあしらった写真のブラックツイルの他、ライトグレー/ブラックのカラー展開もしており、こちらはエンボス加工で模様を施している。

CARBONWINTER GLOVES(RSタイチ)
GP ZEST WINTER GLOVES(クシタニ)
RAVEN GLOVES(クシタニ)
BLOCK FLOW SHOES(クシタニ)
NECK WARMER(クシタニ)
YAR30(Y’S GEAR)

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次