MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

CT125ハンターカブにベストマッチ!頑強&スタイリッシュなサイドボックスはキャンツーにも似合う!

  • URLをコピーしました!
目次

ワールドウォーク CT125ハンターカブ アンモボックスキット

アウトドアギア感あふれるヘビーデューティーなスタイリングで大人気のCT125ハンターカブ。

林道やキャンプ場など自然と親和性の高いデザインだけでなく、装備や走破性も含めて旅の相棒として最高な原付二種なので、老若男女、幅広い層の熱視線を集めている。

意外と少ないスタイリッシュな積載用品

純正で大型のキャリアを備えているので、積載性にもすぐれているのだが、ハンターカブのイメージを損なわないバッグやケース類が少ないというのが正直なところ

スーパーカブではお馴染みのホムセン箱は便利ではあるが、ハンターカブに樹脂ケースでは、あまりにミスマッチではないか!

そこでお勧めしたいのが、頑強かつワイルドな魅力あふれるワールドウォークの「CT125ハンターカブアンモボックスキット」である。

ミリタリーアイテムである「アンモボックス」と、車体サイドにマウントするためのステー、ボルト類など取り付けに必要なものがオールインワンとなったキットで大と小の2種類をラインナップ。

アンモボックス大

価格 2万5300円(税込)

アンモボックス大装着
アンモボックス大はブラックカラーもラインナップする。

アンモボックス小

価格 2万3100円(税込)

アンモボックス小装着

車体装着のカットをご覧いただければわかるとおり、まるで純正品のようなマッチングの良さで、ハンターカブのイメージにピッタリ合っている。

蓋が全開で開くので荷物が取り出しやすい!

ボックスの開口部は大きく開くので中に何が入っているか確認しやすいし、収納物の出し入れは容易。

サイドマウントなので、リアキャリアに荷物を積んだ状態でも蓋の開け締めができるのが大変便利だ。

蓋のロックはワンタッチのバックル式で、簡単確実に蓋を閉じることができる。

キットにはラッシングベルトが付属している。写真のようにボックス脱落防止の保険としてキャリアとボックスを固定するのに使用しても良いし、積載した荷物を縛るなど多目的で自由に使うことができる。

バイクに乗らない時には収納ケースにもなる!

ツーリング先やキャンプ場でコーヒーを楽しむような道具を入れておいても良いし

工具を入れておけば、出先での故障やトラブル時に安心だ。

また、詳細は後述するがボックスは非常に簡単に車体から取り外すことができるので、帰宅後にそのままアンモボックスを収納ケースとして使うこともできる。

車体への脱着は工具不要でかんたんシンプル!

工具不要で車体から脱着できるのもポイントだ。駐輪場所からキャンプ地まで携行したり、休憩や食事の時に気軽に外して持ち運びができる。

車体から外す手順

車体前方のワンタッチバックルを解除し

ボックス全体を上方に持ち上げてステーの切り欠きを外し

ボックスごとスライドすれば簡単に外れる。

取っ手が付いているので持ち運びにも便利だ!

ボックスの開閉方法や脱着手順の動画はこちら!

ステーのパイプワークが美しいから外したままでも様になる!

アフターマーケットパーツのボックス類は、箱を外した状態だと、取り付けステーがやけに目立って野暮ったくなってしまうことがあるのだが「アンモボックスキット」のステーはまるで純正品のような仕上がりで、ボックス未装着の状態でもスタイリッシュなのが好ポイントなのだ!

ステーは専用設計なので車体幅にもしっかり収まっている。

また、ボックスを装着しない時には汎用サイドバッグステーとしても機能する。

ステーによってサイドバッグの巻き込みを防止できるので安心感が高い!

バイクでの使用を見越した防水性!

蓋の部分にパッキンが組み込まれており、ボックス内の水の侵入を抑止する。

ボックスの高さが純正キャリアと“ツラ位置”!

ボックスと純正キャリアの高さを合わせてあるので、ボックス装着でキャリア幅が増大したのと同じ効果を見込むことができてしまうのだ!

大荷物や長尺物の積載時には大変便利なのである!

「アンモボックス」ここは要注意!

蓋は取外し可能な構造となっており、蓋が開いた状態の時は外れやすい点に注意したい。ただし、蓋が取り外し式であることは掃除の時などにはメリットでもある。

もともとの純正ツールケースに比べると車体左側への張り出しが大きくなるので、慣れるまで乗り降りの際や狭い駐輪場所などでは気をつける必要がある。

また、スチール製なのでボックス自体も重量がある。車体ステーは非常にしっかりした造りで、剛性不足を感じることは無かったが、安全のためにも大サイズ:5kg、小サイズ:3kgというメーカー規定の最大積載量は遵守したい。

樹脂製やアルミケースに比べると耐久性や剛性に秀でるのは間違いないのだが、スチールは錆が出るので、雨天や海の近くを走った際には、手入れを欠かさないようにしたい。その点、少し手間がかかるのは致し方ないところだ。同時に、新品のボックスでも製品加工時の小傷が付いていることもあるので、その点も注意したい。

すべてのハンターカブオーナーにオススメ!

とにかく丈夫なスチール製アンモボックスなので、アウトドアや長旅などでも頼もしい相棒となることは間違いないだろう。

ガンガン使い込んで少し見た目がやれてくるのもまたカッコ良さそうだし、ミリタリーモノならではのエイジングも楽しめるはずだ!

荷物を携行するボックスとして使い勝手良いのはもちろんのこと、ドレスアップパーツとしての効果も抜群なので、ぜひ、CT125ハンターカブオーナーの方はご注目いただきたい!

Text&Photo 丸山淳大

発売元ワールドウォークの商品ページはこちら

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次