MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

日本のアドベンチャーツアラーのための日本の気候に合わせたアドベンチャーウエア

  • URLをコピーしました!

最近流行りのアドベンチャーツアラー。どうせ乗るなら上下セットのアドベンチャーウエアでキメ込んで走りたいものだ。実際、このアドベンチャーウエアはマシンのキャラクター同様、1着で世界一周するような機能が盛り込まれており、雨などの天候の変化はもちろん、季節の変化、転倒などなど。あらゆる困難を乗り越えるために作られている。ただ、それだけに着心地もハードでとても重い。

またオールシーズンモデルとはいえ、寒冷なヨーロッパの気候を想定したモデルが多く、日本で着るには暑すぎるモデルも多い。

そこで紹介したいのが、日本のライディングウエアメーカー・ラフアンドロードが作る『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』。今季モデルより新色のヘリンボーンダークオリーブが加わった。

デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット
価格:53,900円(税込)
発売時期:2022年10月
型番:RR7107
カラー:ヘリンボーンブラック、ヘリンボーンチャコール、ヘリンボーンダークオリーブ
サイズ:M、L、LL、XL、BM、BL、BLL(BM、BL、BLLはヘリンボーンブラック/ヘリンボーンダークオリーブのみ)表地:ヘリンボーンデュアルテックス加工(ポリエステル、ナイロン、TPUボンディング)
裏地:メッシュ(ポリエステル)、インナー/タフタ(ナイロン)
インナー中綿:ウォームマックス(ポリエステル)
インナー襟裏:起毛トリコット(ポリエステル)
プロテクター:胸・肩・肘・脊椎パッド 標準装備(肩・肘はCE規格)

デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンパンツ
価格:34,100円(税込)
発売時期:2022年10月
型番:RR74108
カラー:ヘリンボーンブラック、ヘリンボーンチャコール
サイズ(インチ):M(30)、L(32)、LL(34)、XL(36)、BM(38)、BL(38)
(BM、BLはヘリンボーンブラックのみ)
表地:ヘリンボーンデュアルテックス加工(ポリエステル、ナイロン、TPUボンディング)/バリアクロス600D(ポリエステル)、難燃素材(アクリル、コットン)
裏地:メッシュ(ポリエステル)、インナー/タフタ(ナイロン)
インナー中綿:ウォームマックス(ポリエステル)
プロテクター:ウエストバッド、ニーガード標準装備(ニーガードはCE規格)

目次

日本の気候に合わせたアドベンチャーウエア

一般的なアドベンチャーウエア同様、急な天候や天候の変化に対応するオールシーズンタイプとして取り外し式のインナーウエアや、防水・防風・透湿性を持っているラフアンドロードの『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』。すごいのは蒸し暑い日本の気候に合わせて、非常に効果的なベンチレーション機能を有していることだろう。

その涼しさへのこだわりが最も表れているのが新発想のフロントVベント。フロントファスナー上部に風を取り込むメッシュ生地を内蔵。襟を広げてボタンで固定することで、このフロントVベントからフレッシュエアがウエア内へと導かれ、内部を涼しく保つというわけである。

首元のVラインにベンチレーションエリアを設け、効果的に走行風を取り込む。

また肩口にはフラップタイプの大型ベンチレーション、二の腕部分にはジップアップタイプのベンチレーションが設けられており、より多くの走行風を取り込むようになっている。

『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンパンツ』の太もも前部にもファスナー&ボタンによるエアインテークが設けられている。

また『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット』の涼しさへのこだわりは、エアインテークだけでなくエアアウトレットにも表れている。背中には非常に大きな面積のバックベンチレーションパネルが設けられており、取り込んだ空気を効果的に排出。衣類内環境を快適に保ってくれる。

ちなみにボトムスの『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンパンツ』にもエアアウトレットを装備。防水機能のあるオールシーズンタイプのアドベンチャーウエアで、ここまでしっかり涼しさにこだわったモデルはなかなかお目にかかれない。やはり日本の夏の暑さを知るラフアンドロードだからこその工夫といえよう。

二つのファスナーで大きく開くバックベンチレーションパネルが内部のムレを効果的に排出。
太ももの後ろ側にエアアウトレットを装備。

着心地が軽い『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』

日本の気候風土における快適性を徹底追求した『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』であるが、もう一つの特徴は着心地の軽さにある。まず第一に手に持った時にアドベンチャーウエアとしては非常に軽く感じる

アドベンチャーウエアでよく見かける表地、透湿防水層、中綿、インナーといった多層構造ではなく、アウター素材に透湿防水機能を持たせることで生地の層を減らし、オールシーズンジャケットとしての防水性を確保した上で軽量化することに成功している。

また表地にもひと工夫。アドベンチャーウエアというと、頑丈さを求めるあまりデニール数値が大きいゴワゴワ感が強く、動きにくいイメージがあるものだ。一方、この『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』は、ソフトなヘリンボーン生地を使ったことで動きやすく、既存のアドベンチャーウエアにはない着心地の軽さがある。

シックな風合いのヘリンボーンを表地に採用。非常にしなやかで着心地も軽く、長時間のライディングでも疲れにくい。
肩・肘のプロテクターには新型のベンチレーションCEパッドを採用。プロテクターも軽量化することで軽い着心地を目指した。

ラフアンドロードならではのユーティリティ機能も踏襲

ハードにギヤを使い倒す旅人ライダーから絶大な信頼を得ているラフアンドロードのライディングウエア。『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』にはそんなラフ&ロードがこれまでに培ってきたウエア作りの工夫がたくさん盛り込まれている。

日本のメーカーが日本のライダーのために作るライディングウエアなのだから、日本で使用したときに快適なのは当たり前なのだ。

着脱式のインナーは単体使用も可能なほか、上級モデルの『WGプリマロフト®チタンインナージャケット』へ換装して厳冬期能力をさらにアップさせることも可能。
日本では冬用ウエアの定番となっているストームガードも装備。腹部からの冷気の流入を防ぐ。
これだけ大きなベンチレーションを装備しておきながら、防水性もしっかり確保している全天候タイプ。襟にヘルメットとの間からの浸水を防ぐ防雨フラップも装備している。

とにかく距離を走る日本のアドベンチャーライダーにおすすめ

手にとってみるとその着心地の軽さがよくわかる『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』。既存のアドベンチャーウエアはちょっと重いし、ゴワゴワして動きにくくて疲れてしまって…、というライダーに特に声を大にしておすすめしたいところだ。

ライダーの足を止めさせる原因は、雨や寒さもそうだが、一番はやはり疲労である。着心地が軽く、快適な『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』があれば、疲れずライダーはもっともっと遠くへ行くことができるだろう。

『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンパンツ』の裾は非常に大きく作られ、ベルクロでアジャスト可能。大型のアドベンチャーブーツはもちろん、ライトなオフロードブーツならブーツアウトスタイルでの使用が可能。
腰・膝をガードするプロテクションパッド(ニーガードはCE規格)を装備するほか、裾野内側には難燃素材のヒートガードを装備している。

またこれまでのアドベンチャーウエアにはない、ヘリンボーン柄のシックな風合いが目新しい『デュアルテックスアドベンチャーオールシーズンジャケット&パンツ』は日本の風土に非常にマッチしそう。また車両に関してもアドベンチャーツアラーはもちろんだが、ツーリングモデルやネイキッドなど様々なジャンルのバイクにもマッチして非常に使い勝手がよさそうである。

文:谷田貝 洋暁

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次