MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

イタリア人が日本人のために作ったライディングブーツは最高の逸品だった

  • URLをコピーしました!

どうも、防水ブーツマニアです。

物欲神の筆者は今まで色々な防水ブーツを愛用してきた。現在これぞ最高の一足と思って愛用しているのは、イタリアの靴造りの職人集団ガエルネのGストーンゴアテックスだ。

なんせ二年ほど愛用して、傷んできたので色違いを購入してしまうほど気に入っている。

そんなガエルネが、日本の輸入元であるJAPEXと3年の歳月をかけて日本人向けに共同開発したのがパンテーラゴアテックスだ。

初回入荷時はすぐに売り切れてしまい、現在は再入荷したものの大変人気のため量販店への流通に至っておらず、オンライン販売のみとなっている。

パンテーラとはイタリア語でヒョウを意味するが、一体どんなライディングブーツなのか?普段からガエルネを愛用する筆者が試してみた。

目次

ハイテクスニーカーのような見ため

ガエルネは本格的なオフロードブーツの製造を得意としていて名品も多い。オフロードブーツの脱ぎ履きにはバックルを採用することが多いが、パンテーラゴアテックスも同様だ。

だが最近のランニング用スニーカーに採用されるような、厚みのあるソールはカジュアルな印象を強めている。

バックル部分もよく見てみると、アルミが使われているのは一部だけでほとんどのパーツで樹脂を採用しており、色味もブラックに統一されているため、オフロードブーツのようなゴテゴテした感じはしない。

オフロード、ワーキング、トレッキングともいえない独特の見ためは、他にないオンリーワンのブーツといえるのではないだろうか。本体の黒とソールの白の配色もあってハイテクスニーカーやバッシュのようにも見えた。

レザーのプロ集団が選んだマイクロファイバーという素材

ガエルネは創業以来登山用のブーツを製造しており、トレッキングブーツに採用されるレザーの扱いにたけているため、ライディングブーツのラインナップを見てもレザーが採用される製品が多くを占める。

だがパンテーラゴアテックスにはレザーではなくマイクロファイバーを採用。こちらは一般的に人工皮革と言われるもので、近年では耐久性と頑丈さが求められる子供用ランドセルにも採用されている。

表面をよく見ると天然レザーのシボ模様のようなものが見え、質感的には天然皮革に近い印象を受けるが場所によって異なる仕上がりになっているのが面白い。

超極細のマイクロファイバーで作られている人工皮革は蒸れにくいと言われているが、表面はパンチングされていて、内側に貼られる防水フィルムは透湿性に定評あるゴアテックスなので梅雨時期でも蒸れにくそうだ。

ソールの厚みがクッション性と足長効果、そして足つきを改善する

実際に履いて歩いてみるとクッション性に優れていて歩きやすい。ソールはアクシデント時に備えて剛性が確保されており、耐摩耗性に優れた素材を採用しているとのことで触ってみると硬い。

この履き心地の良さは白い部分のミッドソールに秘密がありそうな感じだ。重さを図ってみると普段履いているブーツと大差ないのだが、不思議と足取りは軽く感じるのだ。

ソールの厚みもつま先2cm、踵は4cmと充分で一般的なライディングブーツと比べても少し厚めといえるだろう。筆者のように身長が低いライダーは足つきの改善によって得られるメリットは大きい。

また筆者のようにどうやっても映えない典型的な昭和体系の場合にはソールが4cmもあるので、アングルによっては多少足が長く見えるのもありがたい。

GOATEXの防水性はやっぱりすごい

梅雨時期なので雨の日に防水性を確認したかったのだが、なぜかそういう時に限って雨が降らない。仕方がないので自宅の風呂でシャワーの水を5分間かけ続けてみた。

シャワーの水圧がかかっても、検証のために靴の中に入れていたタオルは実験終了後に確認しても濡れていなかった。人工皮革は通気の為のパンチング処理がされているが、GOATEXフィルムがしっかりと水の侵入を防いでいる。

もちろんバイクの操作もバッチリ

マイクロファイバーを使った人工皮革は天然皮革のように馴染むまで硬いという事がなく、初めから履き心地が良好で動かしやすいので、歩きやすいのはもちろんだがバイクの操作も全く問題ない。

フィット感の調整がバックルなので紐をチェンジペダルやステップに引っ掛けてバランスを崩してしまうこともないし、二か所のバックルをしっかり調整するとフィット感も紐靴並みとなる。

足の甲部分には左右共にゴムのような素材がチェンジペダルガードとしてついているので、靴が傷みにくくチェンジの際に足に痛みを感じることもない。

歩きやすく映えるライディングシューズ

筆者愛用のG-STONEゴアテックスの方が良い点もあるが、フィット感、歩きやすさはパンテーラゴアテックスの方が優れてているように感じた。

また白いソールが写真映えするので、インスタグラムなどのSNS投稿をしている人にもピッタリだろう。

なお筆者はG-STONEの25.5cmを愛用中だが、パンテーラゴアテックスは26でピッタリだった。公式サイトにもサイズチェート掲載があるが、ワンサイズアップぐらいがちょうど良いだろう。

冒頭で申し上げた通りパンテーラゴアテックスは現在JAPEXのオンラインストアのみ販売されているが、ガエルネのブーツに限ってはサイズ交換一回は送料無料で受け付けている。

興味がある方はオンラインストアを確認して頂きたい。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次