MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ワークマンのバックパックが便利!11kgの荷物を詰めてバイクツーリング

  • URLをコピーしました!

「これはめちゃくちゃ便利だぞ~!」

誰かに自慢したくなるようなバックパックを発見しました。しかもリーズナブルでデザインもカッコいい!

今回ご紹介するのは、ワークマンのジョイントバックパック ハイカーズエディション
1泊2日分のキャンプ道具を詰め込んでツーリングに行ってきました!

荷物はどれぐらい入る? 腰への負担は? 使いやすさは? ……気になる疑問に全部お答えします!!!!

目次

ジョイントバックパック ハイカーズエディション(税込4900円)

ワークマンのジョイントバックパック ハイカーズエディションは、容量約41Lのビッグなバックパック。
カラーはブラウンとカーキの2色です。(写真はブラウン)

高木はるか

ちなみに、サイズは縦約53cm×横約32cm×幅約21cm
底板が入っているので型崩れも少なそう♪

身長156cmの筆者、高木はるかが背負うと、こんな感じです。
かなりワイルドでカッコいいデザインで、バイクとの相性はバッチリ!

生地には撥水加工が施されています。
完全防水ではありませんが、急な雨の時にかなり助かりました!

大容量でキャンプも余裕

このバックパックの一番の良さは、荷物がたくさん入ること!
41Lというと一般的な旅行ではおおよそ2泊3日分の荷物ですが、キャンプ用品はというと……

  • ダウンシュラフ(オーロラ450DX)
  • ソロテント(ヘブンテント)
  • エアマット(ヘブンテント)
  • コンロ(SOTO レギュレーターストーブ)
  • CB缶(ガス缶)
  • ランタン(キャリーザサン)
  • テーブル(SOTO ポップアップソロテーブル)
  • ウルトラライトダウンジャケット
  • クッカー
  • ウォーターキャリ―パウチ
  • ペットボトルのお茶(500ml)
  • ステンレスボトル(500ml)
  • そのほか、財布やモバイルバッテリーなど

ザっとこれぐらいの荷物が入りました。
コンパクトなギアを選抜すれば、キャンプにも余裕で行けちゃいますね!

チェスト&ウエストベルトで負担少なめ

今回背負った荷物の総重量は11kg。背負い続けるのはかなりの負担です。
それを解消してくれるのが、太めの肩紐と、チェスト&ウエストベルト

ベルトを締めることでバックパックを身体にフィットさせることができ、肩や足腰への負担が軽減されます。
もちろん「軽い!」とまでは言えませんが、背負ったまま1日中バイクに乗ることができました。

背負ったままでも身体を動かしやすく、キャンプ場内の走行もお手の物!

口が大きく開いて便利

過去に別のリュックサックを使っていた時は、「底に入れている荷物を取り出すのが難しい」という悩みがありました。
しかしこのジョイントバックパックなら……

ガバっと大きく口を開けることができるので、荷物の出し入れが簡単!
底に収納してある荷物も、簡単に取り出すことができました。

ポケットがたくさん付いてます

個人的に気に入っているポイントは、たくさんついているポケットです。
ひとつずつ見ていきましょう!

背中ポケット

背中部分に大きいポケットがあります。折れ曲がってはいけない物はココに入れると便利!
私はパソコンやテーブル、書類などを入れて使っています。

メッシュポケット

メッシュ素材でできたポケットはチャック付。先ほどの背中ポケットの半分ほどの大きさです。
私は文庫本や名刺ケース、歯ブラシなど、細々としたものを入れて使っています。

小物ポケット(大)

バックパックの外側にはふたつのポケットが付いています。
大きい方には日焼け止めや帽子、スマホ用三脚など、パッと使いたいものを入れて使っています。

小物ポケット(小)

小さい方の小物入れには、お財布がシンデレラフィットしました。

サイドポケット

両サイドに、細長い物を差し込んで使えるポケットがあります。
ここには虫よけスプレーやペットボトルを入れています。

ナスカンやバックルがついているため、ポーチやシェラカップなど、好きなものを引っかけて使えるのも非常に便利です。

ドローコード

底にはドローコードがあり、マットやシュラフなど、筒状のものを装着することができます。

ココに付けるもの、特にバイクの場合はしっかりと締め付ける方が良さそうです。
上の写真のオレンジ色のマットは走行中に外れてしまい、あやうく紛失するところでした。

後続の車にとっても危険なので、落とし物のないよう気を付けて使いましょう!

ウエストベルトのポケット

最後は、ウエストベルトにあるチャック付きのポケットです。
鍵や小銭などを入れるのに便利そうです。

ロングシートの方には特にオススメ

1点だけツラかったのが……愛車との相性でした。
これはジョイントバックパックに限った話ではなく、バックパック・リュックサック全般における話なのですが、

クロスカブのようなシングルシートの場合、バックパックが宙に浮いてしまう……つまり、シートに荷物を預けることができないのです。
チェスト・ウエストベルトのおかげで負担が少ないとは言え、さすがに1日中背負って運転するのはキツかったです。

対してロングタイプのバイクで使用した場合は、この通り。

シートに荷物を預けることができるため、運転中は荷物の重さを軽減することができます。ちょっとだけ楽ができちゃうんです。

──とは言え、本来は徒歩で使うことが想定されているバックパックです。

高木はるか

上記はデメリットではなく、どちらかというと「もっと楽をしたかった筆者のボヤキ」と言っても良いかもしれませんね。笑

コスパ良し!おすすめのバックパックです

総合して、税込4900円という低価格にも関わらずかなり良い仕事をしてくれました。
「オススメです!」と、大声で伝えたい優秀アイテムです。

徒歩で出かける機会が多い方はもちろん、ツーリング中の大容量バックパックをお探しの方は、候補に入れてみてはいかがでしょう。

なおジョイントバックパック ハイカーズエディションは、実店舗限定の商品。
オンラインショップでは購入できないので、ご注意くださいね!

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次