MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

これどうやって撮ったの?『360°カメラ』がモトブログの撮影手法を増やす!

  • URLをコピーしました!

映画監督やりながらモトブログをしております【ソエジマックス】でございます。『カブの旅』『気になるバイク乗ってみた』という試乗動画などをYouTubeチャンネルにて公開中!…なんですけど、ここ最近は『360°カメラ』を使って撮影バリエーションを増やしております。

目次

ドローンで撮影してるような映像!

Insta社の360°カメラを使うようになってからというもの『これはどうやって撮影してるのですか?』というコメントをいただくようになった。このカメラ、上の画像のような映像が撮影できます…

これは「ドローン撮影」ではないのです!前走車から撮影された映像でもありません。リトルカブに『Insta 360 ONE RS』を設置して撮影した映像なのです。もちろん撮影者・運転者ともに自分ひとり…それなのに第三者かドローンで撮影してるような映像が撮影できるのです。モトブログ内でこのような映像をアクセントとして使っているわけです。

摩訶不思議アイテム『消える自撮り棒』とは?

Insta社の360°カメラの特色として『消える自撮り棒』というアイテムの存在があります。その名の通り、撮影してるのに自撮り棒が見えなくなるという、実に摩訶不思議なアイテム…この『Insta 360 ONE RS』でも使うことができます。

しかし、魔法のように存在自体を消すことはできません。カメラ内の処理で「見えにくく、気にならないレベルにしてくれる」という感じでしょうか?

仕組みとしては2つのレンズで撮影している360°カメラ映像の切れ目を、カメラ直下でうまいこと合成して自撮り棒を消している…というもののようです。なので、このスタイルでカメラを設置しないと自撮り棒は消えません。

撮影がずっと動いている状態であったりすると「消える自撮り棒」はかなり効果的です。映像が動くことによって「消してる部分」がより気にならなくなるのです。なので、バイク車体に固定して撮影する走行映像などにはピッタリ!モトブログ動画にビビットなアクセントを加えることができます。

ブレ補正も優秀

上の画像はカメラをこのように設置して撮影しております…このような状態で自撮り棒が消える、のです。そして全方向360°の映像が撮影できます。

こんな設置状態ではかなり揺れるのでは?と思われるでしょう。その通り、棒の先に重量物であるカメラがありますんでグラグラと揺れてしまいます。しかし『Insta 360 ONE RS』には強力なブレ補正機能『FlowState手ブレ補正』が搭載されてます。固定方法や設置場所にもよりますが、撮影時の揺れがひどくても「気にならない」レベルにしてくれます。

撮影データをアプリで編集

撮影した360°映像データは『Insta 360 STUDIO』なるアプリケーションで編集できます。このアプリは『Insta360公式サイト』から無料でダウンロードできます。

映像データを読み込み、方向や角度などを決めて書き出します。全方位で撮影しているので、この段階で使用するアングルを決定するというわけです。またキーフレームを設定してズームアップしたりアングルを動かしたり、トラジション加工も可能です。ここが普通のアクションカムと大きく違うところであり『360°カメラ』のイニシアティブであろうかと思います。

カメラ操作はスマホアプリでも可能

『Insta 360 ONE RS』はボタン等の操作系も扱いやすく作られてますが、カメラ操作はスマホアプリでも可能です。各種機能の設定はもちろん、360°でのプレビューも可能なので、設置した場所からあらゆるアングルを確認することができます。

5M防水仕様…4Kアクションカムとしても使える!

『Insta 360 ONE RS』はモジュラータイプのカメラとなっており『360°レンズ』を外して『4K ブーストレンズ』と交換することができます。文字通りアクションカムにして4K映像を撮影できる、ということです。そして5メートル防水という仕様なので、突然の雨、水しぶきなど気にする必要はありません。

筆者は「4Kブーストレンズ」での映像がけっこう気に入りました。アクションカムにしては素直な映像になってくれるからです。アクションカムの代表といえば『GoPro HERO』シリーズですが、コントラストが強くて黒部分が大きく潰れたり、映像自体が流れるように荒れてしまったり…筆者はどうにもこの独特の映像が好みに合わなかったのです。

動画の最後で『4Kブーストレンズでの映像』を掲載してます。センサーサイズの大きいカメラには敵いませんが、それでもアクションカムとしては素直な描写をしている映像だと感じます。

進化したアクションカム?モトブログで使える360°カメラ

アクションカムは取り付ける場所などのアイデアで、通常カメラでは表現できないダイナミックな映像を撮影できる。さらに『360°カメラ』は撮影後の編集作業で角度・アングル調整、さらにはカメラワークを加えることができる…むしろ進化したアクションカムと言っても過言ではないかも?

ダイナミックな画面、ツーリングの爽快感、世界の広がりを感じられる…何よりも刺激的な映像を撮影できる『360°カメラ』は、モトブログ動画でいいアクセントを与えてくれます。

Insta 360 ONE RS 撮影動画

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる