MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

シモーネ・マンチーニの好調な走りでファンティックが総合優勝獲得

モータリスト合同会社は、ガリシアGP 欧州選手権 EMX125第4戦のレース結果を発表した。
スペイン東部のルーゴで初開催となった同レースでは、絶好調のシモーネ=マンチーニが2位でフィニッシュしたことで、ファンティック・レーシングとしては3度目となる総合優勝を獲得。グレン=コルデンホフは手堅く総合7位を獲得し、ノエル=ザノークスは9位に、ドウェ=ファン=メクゲレンは17位という結果となった。

目次

シモーネ=マンチーニとファンティック・レーシング、
ガリシア GP の EMX125 クラスで勝利を飾る

FIM モトクロス世界選手権は第 6 戦をスペインの東部になるルーゴで開催。GP 初開催の会場だったが、ファンティック・レーシングチームのグレン=コルデンホフは手堅く総合 7 位を獲得。このガリシア GP は欧州選手権 EMX125 の第 4 戦でもあり、ファンティックとしては 3 度目の総合優勝を、イタリアン・ヤングスター、シモーネ=マンチーニの手によって獲得した。チームメイトのノエル=ザノークスはこのレース、9 位に終わったものの、これまでの好成績が奏功して依然、ランキングトップを死守している。

ファンティック・ファクトリーレーシング EMX125

シモーネ=マンチーニはこの週末絶好調。計時予選でもトップタイムを記録し、今シーズン 2 度目のポールポジションに愛車・XX125 を導いた。ランキングリーダーのノエル=ザノークスは思い通りの走りを刻めないまま組 5 位。ドウェ=ファン=メクゲレンは 17 位となった。

第 1 ヒート、トップ 3 でスタートを決めたマンチーニは 2 位を確実にものにする手堅いパフォーマンスを演じて見せた。一方チームメイトにとっては厳しいレースであり、ポイントリーダーのザノークスは 1 周目の複数のライダーを巻き込むクラッシュに阻まれ、自らのバイクの下敷きとなり、レースには最後尾で復帰する羽目になったのだ。ノエルは何とか追い上げを敢行したが、その後もクラッシュを喫し、ポイントを 12 位で獲得できたものの思い通りのレースとはいいがたい結果に終わってしまった。ファン=メクゲレンは同じく多重クラッシュにてこずり、15 位でマシンをフィニッシュさせるのがやっとだった。

第 2 レース、マンチーニは再びスタートに成功し、2 位につけた。その後厳しくプッシュすることで先行するレースリーダーにプレッシャーをかけ、結果としてミスを誘発させトップを手中にした。残り 3 周でマシンの不調もあってトップを譲り渡したものの最終的に再び 2 位を獲得し、総合では優勝を獲得。これは彼にとってのシーズン 2 勝目となった。

ザノークスは再び 1 周目にクラッシュに巻き込まれたものの厳しくレースを戦い、9 位に食い込むことでチャンピオンシップ・リーダーのポジションを維持することには成功した。ファン=メクゲレンもまたオープニングラップのクラッシュに巻き込まれ、こちらは残念ながらポイント獲得には至らなかった。

シモーネ=マンチーニ:
この結果には満足しているよ。このコースはお気に入りで、その通りポールポジションを獲得できた。レース 1 のスタートは 3 位で、2 位に上がるまでちょっと時間がかかっちゃったおかげでトップははるか彼方になり、追いつけなくなっていたんだ。レース 2 のスタートはさらに良くて、すぐにトップ後ろにつけてチャンスをうかがったよ。レースリーダーがプレッシャーに負けて転んだあとはギャップも徐々に広げていたんだけど、どういうわけか最終ラップが思い通りにならずに 2 位になってしまったんだ。でも総合優勝はできたからね、悪くないだろう。次は 1 週間後のフランスだ。

ノエル=ザノークス:
レース 1 のスタートは最悪で、おまけにクラッシュに巻き込まれてそれに影響されてしまった。レース 2 も同じような感じだったけど、そこからなんとかプッシュして 9 位まで持ち上げることができたから、まあ悪くはないのかな。いい週末とは言えなかったけど、仕事を進めて、来週には満足できる結果につなげる予定だよ。

ファンティック・ファクトリーレーシング・MXGP

だれにとっても新しいコースとなった今回、グレン=コルデンホフとブライアン=ボーガースは土曜日の予選レースで 11 位と 12 を分け合う結果になった。決勝日、レース 1 はボーガースにとっては上々のスタートで、レースの大半を 5 位で走らせることになったものの、最終ラップの失敗が響いて結局 10 位に終わってしまった。コルデンホフはスタートで失敗してトップ 10 圏外からの追い上げとなったものの、レースペースは悪くなく、最終的には 7 位まで追い上げたレースとなった。

レース 2、グレン=コルデンホフは XXF450 でロケット・スタートを決め、第 1 コーナーを 3 位で通過。しかしリズムセクションで失敗しポジションを下げ、それでもプッシュを続けて 5 位の結果を残し、総合 7 位でレースをまとめることとなった。一方ボーガースはスタートに失敗して中団に埋もれ、何とか 12 位まで持ち上げたものの、総合 11 位の結果に終わることになってしまった。

グレン=コルデンホフ:

土曜日、だいぶこのコースに手を焼いてしまっていた。初めてのコースということもありセットアップがなかなかまとまらず、何度もやり直すことになったんだけど、最終的にはこれがよかったと思っているんだ。レース 1 はスタートに失敗したおかげで埋もれてしまい、7 位まで順位を取り戻すのが精いっぱいだった。レース 2 はさらにタフで、大きなミスを犯してしまったおかげで結果は思い通りとはならず、5 位がやっとだったんだ。レースペースは悪くなかったんだけどね。総合 7 位は求めていた結果ではなかったけれども、スピードは決して悪くない。フランスに向かう前にもっとトレーニングして、結果を出せるように頑張るよ。

ブライアン=ボーガース:
ここはむつかしいコースで、マシンのフィーリングをつかむまでかなり練習が必要だった。でも結果として計時予選に臨んだ時には思っていたよりもいい感じで走れたから、12 番時計を記録できたんだ。レース 1 のスタートは我ながら最高で、5 位をキープできていたんだけど、その後何度かミスが続き、順位を守れなかった。レース 2 のスタートは最悪だったけど、コースコンディションが悪化する一方でバイクのフィーリングがよくなってきて、思ったよりも順位を伸ばせたんじゃないかな。この週末の進化は悪くなかったと思っているよ。

ファンティック・レーシングチーム・MX2

デビッド=ブラセラスは彼のホーム GP としてのサポーターたちからの熱狂的な応援をうまく使うことができなかった。日曜日の朝のウォームアップでのクラッシュはブラセラスをドクターストップによるリタイヤへと追い込む結果となったのだ。だが来週のフランス GP では復帰できるのではないかと楽観的にみている。

ケイ=カールスメイカーズはこのためファンティックレーシングの唯一のライダーとして日曜日のレースを戦うことになった。土曜日の計時予選でも思うように走れなかったことで 21 位からのスタートとなったカールスメイカーズはレース 1 では中団に埋もれて抜け出すことができず、18 位でレースを終えるのがやっとだった。レース 2 では状況の見極めに成功し、14 位に上げられて総合では 16 位の結果を残すことになった。
デビッド=ブラセラス:地元・スペインのファンの前でレースできないなんて、フラストレーションがたまってしまったよ。でも日曜日の朝のクラッシュは本当に激しいもので、やむを得ない決断だったんだ。このレースを逃したのは痛いけれど、もっと大事なことは来週のフランス GP には復帰するということと、そこにはもちろんチャンスが待ち構えているってことだ。そう、ギブアップはしないよ。

リリース提供元:モータリスト合同会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次