MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【北海道ツーリング】苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!Side.A(札幌〜苫小牧)

  • URLをコピーしました!

苫小牧はライダーにとって北海道の玄関口。東西に二つのフェリーターミナルがあり、東北・関東・中部・北陸・関西など、全国各地と結ばれています。フェリーが着岸すると、車両甲板からたくさんのバイクが飛び出し、道北や道東を目指して走り去ります…

「ちょっと待った!」

遠くへ向かいたい気持ちは分かりますが、苫小牧や近隣の街には立ち寄らないのですか?

苫小牧周辺の街は派手さはないですが、マニア受けしそうな「いぶし銀の魅力」があるんですよ。ウソでないって!

「苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!」と題して、Side.A(札幌〜苫小牧)、Side.B(室蘭〜苫小牧)の2回に分けて、地元ライダースでも知らない情報をお伝えします。

目次

開拓時代、国道36号は獣道だった!

国道36号は、札幌市から苫小牧市を経由し、室蘭市に至る一般国道です。北海道開拓時代の初期は鹿道と呼ばれる狩猟の道だでした。当時はエゾシカやヒグマ、キタキツネやエゾタヌキが闊歩していたのでしょうね。それから約150年が過ぎた現代は道内有数の幹線道路となり、獣に変わって車が往来しています。そんな国道36号線の沿線を寄り道しながらツーリングを楽しみましょう。

【北広島市】クラーク博士の名言が残る場所

北広島市は、1884年に広島県人25戸103人が入植したのが街の始まりと言われています。1894年に現在の札幌市月寒区(当時は月寒村)から分離独立した際に、移住者の故郷にちなんで「広島村」となり、1968年に町制施行して広島町に改称、1996年に「北広島市」になりました。

カントリーサインには、クラーク博士の姿と「ボーイズビーアンビシャス」の文字が掲げられています。クラーク博士やその言葉は有名ですが、一体どんな人なのか。知らない人が多いと思うので説明します。

ウィリアム・スミス・クラークはアメリカ人の教育者で、1876年に開校した札幌農学校(現・北海道大学)の初代教頭として来日しました。「校長」ではなく、「教頭」なんですね~。

札幌で過ごしたのはたったの9か月間という短さ。帰国直前に北広島にある「島松駅逓所」に立ち寄り、交友を深めていた4代目駅逓取扱人の中山久蔵に別れを告げたと言われています。その際に学生たちに「Boys, be ambitious(青年よ、大志を懐け)」という名言を残しました。

しかしこの発言には諸説あり、そんなに重い言葉ではなく「学生さんたちも頑張りな」的な軽い励ましだったとも言われています。ちなみに羊ヶ丘展望台のクラーク像が有名ですが、クラーク博士は一度も羊ヶ丘を訪れていません!

※駅逓:交通不便の地に駅舎と人馬を備え、宿泊や人馬の継立、運送などの便をはかるために設置されたもの。

帰国後のクラーク博士は、事業で失敗したり、訴訟を起こされたりと、踏んだり蹴ったりな人生だったそうです。心臓病のため59歳で亡くなりましたが、「札幌にいた9か月間が自身にとって輝かしいときだった」と語っていたそうです。そりゃそうでしょうね。

BIG BOSS効果で注目される「日本ハムファイターズの新拠点」

北広島で寄っておきたいのが、北海道日本ハムファイターズ北海道移転20周年を迎える2023年3月の開業に向けて建設工事が進められている「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)」です。札幌ドームの利用料や使い勝手を巡って球団と交渉決裂。札幌市は本拠地を隣街に持っていかれました。札幌ドーム維持のために市民税が使われるの嫌だなぁ

開閉式屋根の天然芝フィールドは、延べ面積約100,000㎡、地下2階・地上6階建て、収容人数約35,000人を予定しています。温泉に浸かりながら観戦できるらしいですよ。建設中の様子が見られるのは2022年が最後。工事車両に注意しながら立ち寄ってみてください。

近隣住民御用達の名店「炭焼肉 菜味亭」

私は最近「渋い飲食店巡り」にハマっています。メニューや味が想像つくチェーン店ではなく、昔ながらの街の食堂やドライブインに心惹かれるのです。「おでかけ系ライター」として、数々の飲食店やおいしいものを知っているので、優れた嗅覚も自慢です。そんな私が北広島でイチオシなのが「炭焼肉 菜味亭」です。

年季が入った店内。壁には地元のアナウンサーのサインや、近所のカルチャースクールの案内など、所狭しと様々なものが貼られています。夫婦で経営されていて全国的に取り上げられることはほとんどありませんが、地元に愛されたお店です。

網の上はオリジナルジンギスカンに塩ホルモンと味噌ホルモンの三重奏。おなかは満たされても舌が「もっと食わせろ」と叫ぶほどの美味さ。セットメニューや平日はお得なランチも用意しています。さらに限定メニューとして、幻の羊と呼ばれる「北海道産サフォーク(一人前1,600円)」を食べることができます。「値は張りますが味は格別」と大将。せっかくの旅行ですから食べ放題、払い放題で召し上がってください。

住所:北海道北広島市白樺町1-8-6
電話:011-372-3057
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜22:00
定休日:火曜日

【恵庭市】まじめすぎて面白みに欠ける街

恵庭の開拓は1870年に高知藩が移住し、1886年に山口県岩国・和木地方から集団移住65戸が漁川沿いに入植して本格的な開拓が始まったと言われています。カントリーサインは恵庭岳で、アイヌ語で恵庭岳を指す「エエンイワ(頭が・尖っている・山)が恵庭市の名前の由来となっています。

道と川の駅「花ロードえにわ」で一休み。恵庭は「花のまち」として知られ、札幌の大通公園で人々の目を楽しませている鮮やかな花も大半が恵庭産が使われています。花の香りに誘われて館内に入ると、地元の食材を使った料理や焼きたてのパンの香りに迎えられました。

ここでおススメしたいのが「花ロードえにわオリジナル・アパレル」。Tシャツやキャップが販売されています。国道36号線沿線で、特にウリがない街としてライバル視していた北広島が「日ハム誘致」に成功した今、自治体名だけをシンプルにアピールしています。道外で身に着ければ「それ何?」と話題をさらい、恵庭近隣の住民が身に着ければ「お前、どうしちゃったのよ?」と笑いものになること間違いなし。エニワをクールに着こなしてください。

住所:北海道恵庭市南島松817-18
電話:0123-37-8787
営業時間:9:00〜18:00 
定休日:不定休

【千歳市】問答無用の空の玄関口

千歳市は縄文時代より栄えていたと言われ、郊外にあるキウス周堤墓群には9基の周堤墓が存在し、2021年に「北海道・北東北の縄文遺跡群」として世界文化遺産に登録されました。カントリーサインからもわかるとおり、北海道の空の玄関口として知られ、新千歳空港には政府専用機が格納されています。

国道を横切る謎の歩道橋はかつての〇〇だった!

国道36号線を走っていると、南千歳駅から国道をまたぐ歩道橋なものが現れます。よく見ると中途半端にぶった切ったような歪な終わり方をしています。「これなんだろう?」って気になりますよね。いや、気にしてください。気にしやがれ!

その答えは、ひっそりと残る原っぱの中の碑が教えてくれます。
線路と逆方向にある空地は、かつての「千歳空港跡地」です。航空自衛隊と共用していたため便数の増加に対応困難となり、1988年に民間専用の新千歳空港にバトンを渡して役割を終えました。国道またぐ歩道橋は南千歳駅(当時は千歳空港駅)から千歳空港までの連絡通路の一部です。空港がなくなってしまったため、中途半端な形で残ってしまいました。 バイクを止めて、空港があった頃に想いを馳せてみてください。

【苫小牧市】本州各地を結ぶ海の玄関口

札幌から約80㎞走ってフェリーターミナルがある苫小牧に到着しました。泣いても笑っても北海道ツーリングはここで最後です。カントリーサインには、アイスホッケーが描かれています。 北海道の中でも。千歳や苫小牧は積雪量が少なく、スキースノーボードよりもスケートが盛んなんですよ。

最終チェックポイントは「道の駅ウトナイ湖」です。ウトナイ湖は、ラムサール条約に登録された渡り鳥たちの楽園です。秋から春にかけて白鳥をはじめとした水鳥が飛来します。しかしバイクが楽しめる時期に渡り鳥は来ていないので、単なるトイレ休憩となってしまうことでしょう。

北海道土産は「道産食品登録制度第1号のサイダー」で決まり!

ここで土産におすすめなのが、「とまチョップサイダー」と「セピアのしげき」です。とまチョップは苫小牧市の公式キャラクターで、とまこまいの「とま」、ハクチョウの「チョ」、ハナショウブの「ョ」、ホッキ貝の「ッ」、ハスカップの「ップ」の組み合わせです。北海道産の砂糖(ビート)を使用しています。

「セピアのしげき」は、北海道産ビートと支笏湖水系のミネラルウォーターを使用し、昔ながらの製法で昔の味を再現した爽やかな飲料です。2006年5月11日に道産食品登録制度で第1号に登録されました。なんだかよくわからないけどブラボー!

「セピアのしげき」のラベルには、おかっぱの少女が描かれています。以前取材で製造元の丸善市町に伺ったところ、重い口を開いて教えてくれました。

「...」

話墓場まで持って行きますね。

住所:北海道苫小牧市植苗156-30
電話:0144-58-4137
営業時間:9:00〜17:00 
定休日:不定休

駅弁の「ほっきめし」は酒のアテに最高!

フェリーで酒を飲むためのアテを苫小牧駅で仕入れて行きましょう。 苫小牧は全国有数のホッキ貝の水揚げを誇ります。ホッキを美味しく食べるのなら、苫小牧駅の駅弁「ほっきめし」がベスト。

駅弁を製造販売する「まるい弁当」は、100年以上の歴史を持つ老舗です。前浜で水揚げされたホッキを秘伝のタレに漬け込んで炊き込んで作る弁当は、ホッキの旨味と料理人の技術が融合。涙が出るおいしさです。

プリプリのホッキに絶品の炊き込みご飯。うまいなぁ、たまんないなぁ。
列車では停車時間が短く買うことができないレアな逸品です。この弁当とビールがあれば、旅のエンディングは完璧ですね!

SO YOUことで、国道36号線Side.Aでした。
Side.Bも「おでかけ系ライター」の威信をかけて、斜め上を行くマニアックなスポットを紹介します。がっっり盛り上がってくださいよ~♪

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次