MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ショベルヘッドのハーレーが190km/hで爆走! ドラッグレースは個性的なマシンがてんこ盛り!

  • URLをコピーしました!

参加する車種を問わないのがドラッグレースの魅力のひとつ。モトメガネ編集部が紹介しているバイク専門のドラッグレース・JD-STERではなんと10クラスも用意されている。スーパースポーツはもちろん、ネイキッド、ツアラー、旧車、スクーターなどなんでもOKなのだ!

そこで今回は会場で編集部が気になった車両を紹介していこう。

目次

190km/hに達するスペシャルマシン! H-D 1979 FLH80 SHOVEL-HEAD

ショベルヘッドのハーレーダビッドソンということはわかるものの、一体ベースが何なのか皆目見当もつかないマシンでオープントーナメントにエントリーしていた羽佐田直幸さん。

「昔はいたって普通のFLHだったんです。一般のハーレーのようにダッダッダッと110km/hしか出ませんでした。

それが今では終速で190km/hでています。これボアアップはせず1340ccのまま! ここまで速度が出るのはやっぱりヘッドとカム、ピストンのおかげですね。毎回毎回レースに出るたびにちょっとずつタイムが上がっていったので面白いんです。

ただし今はもうタイムが頭打ちになってきているので、新しいことを考えないといけないんですけどね」

気になるこのマシンの外観だが、全てご自身で製作されているとのこと。
唯一無二のFLHだ。

ターボ仕様で200馬力超! H-D V-ROD VRSCD

先ほどの羽佐田さんの隣にパドックを設けていた谷内健一郎さん。V-ROD VRSCDでオープントーナメントにエントリーしていた。よく見るとターボが装着されているのだ。

「ハーレーからV-ROD VRSCDが販売されていて、それじゃそのマシンでドラッグレースに出てみようかと購入したのがきっかけです。しかもちょうどターボもあるな、と。

ちゃんと測ったことはないんですがパワーは200馬力は超えています。このターボを装着してフルブーストかけて250馬力ぐらいだそうです。メーカーの方は、ケースが持たないからそれ以上はパワーをあげない方がいいとアドバイスしてくれました。

スイングアームはロンスイに変えて、フロントはビューエルのものを移植しています。
ホイールも17インチに変更しています。

ピストンやコンロッドも変更ずみ。エンジンがより回るようコンプレッションは下げています。
それとクランクケース自体も強化しています。

過去にエンジンを壊した教訓ですね(笑)。シリンダー割ってコンロッドダメにしちゃったことがあるんです。
ここのコースでは9秒65とかなので、もう少しタイムが出るようにしたいですね!」

お話を聞くまでもまさかここまでエンジンに手を加えているとは思ってもいませんでした。この中に反して外装は一見目立たない白、というのが逆にいい!

ロンスイ仕様でツーリングも楽しむ BMW S1000RR

ハーレーダビッドソンを除いたら、エントリーしている多くが国産マシンの中、濱口宜土さんはBMWのマシンでストリートETにエントリーしていた。

「ロードレースをやりたくてS1000RRを購入したんですが、如何せんサーキットのスピードレンジが速くて、ちょっとビビってしまったんです。今では参戦しているのはJD-STERオンリーです」

ロングスインアームを入れているけれど、ナンバーステーが装着されている?!

「これ、この状態で構造変更して車検も通しています。これでたまにツーリングにもいきますよ! 構造変更をしている他の方もロングスイングアームのままツーリングに行っています。

マシンのセッティングはマフラーを交換して、それに合わせたマップにしていることぐらいです。あとはそのままですね。

ドラッグレースを始めたきっかけは、友人がJD-STERに参戦していて、その時にお試しでドラッグレース体験をしたんです。そうしたら見事にハマりました」

流石にBMWのマシンでロングスイングアーム仕様は見たことなかった!

TZMにシャリー、スパーダも!

エントリーしているマシンは、どれもオーナーの愛情が注ぎ込まれているものばかり。
年式を感じさせない美しい仕上がりは必見だ!
スクーター、国産ネイキッド、ハーレーなど参加しているマシンのカテゴリーの幅が広いことに驚かされる。

次回開催は10月2日! 前日は賞金レースを実施!!!

第4戦は10月2日(日)に開催されるが、前日にはなんと賞金レースが行われるのだ!!

前日にはいつもオープントラックDAY(10月1日・土曜日開催)が実施され、その中で『MOTOR STATION TV VSBバトルロイヤル』と称し開催される。優勝賞金は20万円!

エントリー受け付けは、第4戦と同時期(9月10日~18日予定)に行なわれる。エントリーの時期が近くなったら改めて、JD-STERの公式ホームページ(http://jd-ster.com)で詳細が案内されるとのこと。

腕に自信あり、というライダーは是非ともエントリーしてみてほしい!

【開催詳細】
◆開催日:10月2日(日)
◆場所:茨城県東茨城郡城里町大字小坂字高辺多1328番23
◆タイムスケジュース
   会場ゲートOPEN:8:00〜
   予選開始:9:00〜
   決勝トーナメントスタート:13:00〜
   ゲートクローズド:16:00
◆入場料:1000円(中学生以下無料)

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次