MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【バイク乗り必見カフェ】都内の水辺に佇むライダー憩いの場「Cafe Superracer」【東京】

  • URLをコピーしました!
目次

【カフェの特徴】

1980年代後半から90年代初頭にかけて、最先端のお洒落なスポットとして注目を集めた東京湾岸・芝浦エリア。「Cafe Superracer(カフェ スーパーレーサー)」は、約20年前にこの地にオープンしました。店内は古い時代のアメリカのダイナーのような雰囲気。数人で、またはソロで、バイクで乗り付けるのがぴったりなカフェです。

店舗は1964年の東京オリンピック以前に建てられた旧いビルの1階にあります。ヘルメット置き場としても活用されているシェルフには新旧のバイク雑誌が収まっているので、一冊手にしてコーヒーを片手にページをめくるのもいいでしょう。

フードやドリンクが充実しており、ランチは日替わりでメニューが変わるので毎日行っても飽きることがありません。随時新メニューが投入され「どんなメニューが待っているだろう」とワクワクさせてくれます。

ライダーズカフェを開くきっかけは?

「Cafe Superracer(カフェ スーパーレーサー)」のオーナーは、モーターサイクルやクルマをこよなく愛し、いくつかの事業を手掛けるカサイコウジさん。時代の変化の中で静かな谷間の街になった芝浦を気に入り、「ライダーがモーターサイクルに乗って行くことができる、居心地のいい場所を東京の水辺に作りたい」と、この店をオープンしました。一緒に店を切り盛りしている店長の青柳さんもライダーです。

「Cafe Superracer(カフェ スーパーレーサー)」は、特定のライダーや客層をターゲットにせず、趣ある建物の外観・インテリアを生かして、できるだけプレーンにすることに努めてきたと言います。お店に強い色づけがされなかったことで、多種多様なライダーはもちろん、一般のお客さんも気兼ねなく入店し、落ち着ける空間となっているのでしょう。

カフェ スーパーレーサー 20周年記念企画

スーパーレーサーと、イラストレーターの GAO ニシカワがコラボレーション!
オープン 20 周年記念に描いたスーパーレーサーの外観イラストに、お客さんのバイクをイラストにしてパーキング。そんなスペシャルな一枚を制作、お届けするスペシャルな企画を実施中。詳しくはスタッフにお尋ねください。

マスターはこんなバイクに乗っています!

店長兼シェフの青柳聡さんの愛車はBWM R1200STで通勤にもときどき使っているそうです。

おすすめのメニュー

種類豊富で本格的なフードメニューがカフェの人気を支えています。自慢のローストポークは、炭をおこして焼きあげています。胃袋をがっちりとつかまれました。

カフェ周辺のおすすめスポット

◆東京タワー
港区芝公園にある総合電波塔。昭和33年(1958)に開業し、東京のシンボルとして国内外から多くの観光客が訪れている。全体の高さは333m。高さ150mの大展望台と250mの特別展望台があり、風景を360度楽しむことができる。
◆アクアシティお台場
東京都港区台場のお台場海浜公園に隣接する複合商業施設。施設内には、カジュアルファッションや雑貨のショップなどが入居するショッピングモールや、エリア最大のグルメゾーン、映画館、ラーメン専門のフードテーマパークなどがある。

【カフェのDATA】
店名:Cafe Superracer(カフェ スーパーレーサー)
住所:東京都港区海岸3-12-9
営業時間:11:00~22:00 ※日によって変動するため、営業スケジュールを確認してください。http://www.ne.jp/asahi/motoristcafe/superracer/?fbclid=IwAR25sqQ9sc5SjyOI35n95W8E_OgO8pzcumGK3Yt8XGDgGvVF7BLdW1PvCyo
定休日: なし
アクセス:芝浦ふ頭駅東口から徒歩約4分
駐輪場:あり
SNS:https://www.instagram.com/cafesuperracer/ https://www.facebook.com/cafesuperracer/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見カフェ100選】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次