MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【宮城県】南三陸の海の幸に舌鼓!「道の駅さんさん南三陸」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

三陸海岸南部の宮城県北東部に位置する南三陸町は、一方は海に面し、他の三方は山に囲まれ、町の70%が森林という自然豊かな町。三陸海岸はプランクトンが豊富で栄養豊富な海産物が育つ場所で昔から好漁場として知られており、南三陸町でも漁業が盛んに行われている。

そんな場所にある道の駅は、2022年10月1日にグランドオープンしたばかり。さんさん南三陸商店街は2017年から営業していたが、震災伝承施設が完成し、道の駅として正式にオープンとなった。

伝承館

南三陸さんさん商店街、震災伝承施設、観光交流施設、JR志津川駅が一体となった複合型の道の駅。商店街には計28店舗が入り、食事や買い物などを楽しめる。

グランドデザインを有名建築家の隈研吾氏が行い、R45側の商店街の入り口から震災伝承施設を眺めると、吸い込まれていくような感覚となるように、奥が狭くなるように計算された設計となっている。隈氏が設計した建物は一見の価値あり。

復興祈念公園

川の対岸には、復興祈念公園が隣接している。

駐車場は道の駅と商店街の2箇所にあり、どちらにもバイク用の駐輪スペースが設けられている。三陸自動車道が全線開通し、仙台からは1時間半ほどで行くことができる。時間に余裕があれば、石巻から三陸海岸沿いを走るコースもおすすめだ。R45とR398の交わるところでもあり、多方面からきた際の休憩スポットにもぴったりの立地だ。

施設紹介

ATM
障害者トイレ
Wi-Fi
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
インフォメーション
足湯
入浴施設
EV充電施設

「南三陸さんさん商店街」、震災伝承施設「南三陸311メモリアル」、観光交流施設「南三陸ポータルセンター」、交通拠点施設「JR志津川駅」が一体となっている。現在、志津川駅はBRTの停留所となっている。

名物&名産品

◆お刺身バイキング

山内鮮魚店で提供するお刺身バイキング。鮮魚店だけあり、新鮮な地魚の刺身がずらりと並ぶ。好きな刺身を選んで店員に伝えると盛り合わせにしてくれるので、最後にご飯とカニ汁をレジで注文。自分の好きなネタだけ食べたい人におすすめだ。

◆志津川タコ

「西の明石、東の志津川」と呼ばれるほど逸品のタコ。志津川湾の真ダコはアワビなどの貝類を多くエサにしていることがわかっており、そのため「アワビの味がする」といわれている。プリプリとした歯ごたえがあり、旨味もたっぷり。商店街のさまざまな店舗でタコを使った商品を販売している。

◆キラキラ丼
南三陸町の名物「キラキラ丼」は商店街の6店舗で提供している。南三陸の新鮮な魚介をたっぷりとのせた丼で、季節ごとに4種類の丼を提供する。春(3~4月)は「キラキラ春つげ丼」、夏(5~8月)は一番人気の「キラキラうに丼」、秋(9月~10月)は「キラキラ秋旨丼」、冬(11月~2月)はキラキラ丼の元祖ともいえる「キラキラいくら丼」と、四季を通してさまざまな味を楽しめる。贅沢な丼をリーズナブルに味わえると人気だ。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆神割崎
南三陸町屈指の景勝地。真二つに割れた大岩の間から荒波がしぶきを上げながら押し寄せる様子は圧巻の眺め。荒れている方が迫力満点。「神割伝説」が残る地でもある。「白砂青松100選」にも選ばれおり、毎年2月中旬と10月下旬頃には岩の間から登る日の出を見ることができる。

◆神割崎キャンプ場
雄大な海と森に囲まれた神割崎キャンプ場。景勝地・神割崎に隣接している。目の前に海が広がるフリーサイトは、水平線からの日の出や山に沈む夕日を見ることができる絶好のロケーション。ただし乗り入れは不可(搬入搬出時のみOK)なので、バイクを隣に止めたい人は林間の区画オートサイトがおすすめ。こちらのサイトはAC電源、無料のWi-fi利用も可能。

【道の駅の詳細】
さんさん南三陸
住所 宮城県本吉郡南三陸町志津川五日町200番地1
営業時間 さんさん南三陸商店街 店舗により異なる
     南三陸311メモリアル 9:00~17:00
定休日 さんさん南三陸商店街 店舗により異なる
    南三陸311メモリアル 火曜日、年末年始
駐車場 大型16台 普通車227台 身障者用6台
web https://www.sansan-minamisanriku.com/
Twitter https://twitter.com/MSKsansan/
Facebook https://www.facebook.com/sansanminamisanriku

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次