MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【長野/岐阜】野麦街道 〜 飛騨から信州 さらには江戸へと繋がる近代日本の発展を支えた歴史的名道〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.53]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

決して景色抜群の素晴らしい道路ではないけれど、近代の歴史を学んだ者なら誰もが何がしかの感慨をもつのが『野麦峠』。岐阜県飛騨から長野県岡谷に至る険しい道を、100年以上も前に少女たちが越えていったと思うとそれだけで走りたくなってしまう。

 【野麦峠を描いた文学作品、映画】

『女工哀史』細井和喜蔵の著書1925年刊。
著者が13歳から20余年間下級職工として働いた体験・見聞をもとにして,統計も加えて記した300万女工の悲惨な生活の記録。

『あゝ野麦峠』山本茂実の著書1968年刊。
製糸工場が最も過酷だったとされる明治40年代を中心に取り上げている。著者は数百人の女工・工場関係者からの聞き取りを行っている。

映画『ああ野麦峠』山本薩夫監督、大竹しのぶ主演(政井みね役)1979年6月全国一斉公開。
若い人気女優たちの共演や抒情的な主題曲などで人気となり、社会派映画としては突出したヒットとなった。峠道のシーンは冬山でのロケ撮影。1969年に吉永小百合主演で映画化が検討されたが、資金の関係で断念したという経緯がある。DVD発売済み

『野麦峠』という名前はメジャーだが、道路はマイナー。完全舗装ではあるが1.5車線程度の山道が続く。長野側は樹林のトンネルを走るが、岐阜側は飛騨川の深い谷の合間を下っていく。自然災害も多く通行止めになることが多い難所の峠でもある。女工哀史の物語がなければ、何の変哲もない峠道だったかもしれない。開田高原や飛騨高山方面のツーリングの途中にでも立ち寄りたい。

夏休みともなれば子ども連れの観光客が多いのが特徴で、多分学校で学習して夏休みの家族旅行の工程に入れたのだろう。峠周辺には野麦峠の館、お助け小屋と兄弟の像、展望台には政井みねの碑(吉永小百合さん寄贈)もある。『女工哀史』や映画『ああ野麦峠』を予習しておけば、この道路はさらに感動が増す。何度も来る場所ではないかもしれないが、一度は足跡を記しておきたい。早期の道路復旧を期待したい。

お薦めのシーズン

  1. 6月開通後の新緑から紅葉の10月中下旬。

周辺立ち寄りポイント

◆お助け小屋
始まりは天保12年(1841)に建てられた。雪の峠を越えた工女達が体を休めたのがこのお助け小屋です。現在のお助け小屋は、昭和45年に野麦峠の麓、野麦集落の古い家屋を移築したもの。食事やお土産物がある。

◆野麦峠の館
1991年に野麦峠の歴史を紹介する資料館「野麦峠の館」が開館。しかし、老朽化等により2022年3月末に閉館し、資料の一部は隣接する観光施設「お助け小屋」に移して展示されることになった。

◆野麦峠オートキャンプ場
キャンプに必要な施設と区画整備された芝の30区画あり、全てのサイトで車の乗り入れと電源の使用が可能で、初心者にもやさしいキャンプ場。

◆清水チーズ工房
14頭のブラウンスイス牛と60頭のフライスランド羊を育て、“山のチーズ”作りに情熱を傾ける清水牧場チーズ工房。日経新聞の「私のぜいたくヨーグルト ベスト10」で1位に選ばれたこともある。

DATA
総延長:約○○ km
道の駅:飛騨たかね工房
アクセス:
・長野自動車道・松本IC~国道158号~県道26号~県道39号
・中部縦貫自動車道 高山IC~国道41号~国道361号~県道39号
冬季閉鎖:11月初旬~4月中旬(積雪状況により変動)
     ※野麦峠は2021年の土砂崩れのため2022年中通行止め。
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(野麦街道)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次