MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【島根】三瓶(さんべ)アイリスライン 〜 三瓶山をぐるりと周回する高原道路〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.77]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

三瓶山は鳥取県の大山とともに中国地方でたった2つの活火山のうちの1つで、最後に噴火したのは約4000年前だ。複数の山が窪地を囲むように連なり、人気の三瓶温泉をはじめ、周辺の多くの素晴らしい温泉の源となった。草原地帯は、”火入れ”の習慣によってその状態が維持され、草原を焼くことで、新しい草を芽吹かせている。斜面に大草原が広がる西の原エリアでは180度の大パノラマを見下ろせる。三瓶山には登山道やクロスカントリーなどのコース設定が多数用意されており、初心者から上級者まで幅広いレベルの登山者が登山やアウトドアスポーツを楽しむことができるエリアになっている。

『三瓶アイリスライン』は、三瓶山をぐるりと周回する三瓶山高原道路で、距離的には15kmと長くはないが、変化する森や草原に囲まれた大自然の中を爽快に走るワインディングロードである。アイリスラインの名称は北の原の姫逃池に咲くかきつばたの学名「アイリス」に由来する。三瓶山を中心に、草原風景の美しい西エリア、スキー場でリフトのある観光地帯の東エリア、三瓶温泉の南エリア、広い芝生や青少年交流の家などがある自然公園の北エリアの4つの地域に分けられている。

中でも絶景ロードとして抑えておくべきハイライトは西エリアの“西の原”付近の清々しい草原の景観だ。多くが林間ルートの中、雄大な三瓶山と共に突然開ける広大な草原地帯は、絶景ロードの名に相応しい感動的な光景だ。距離的にはほんの数キロの大変短い区間ながら“こんな山中にこんな風景が!?”と思わせる意外性が感動を高めてくれる。

周辺は様々なアクティヴィティが用意されているので、ツーリングがてら挑戦も可能だ。走った道を観光リフトに乗って山の上から見たり、軽登山で汗をかいて温泉でゆったりと疲れをとるのもよいだろう。3月末の西の原の草原の火入れ(山焼き)や4月の志学周辺の桜ロードはお薦め。

ただひとつ注意すべきは路面状況だ。積雪地ということもあり、舗装状態はお世辞にも良いと言えない。路面を確認しながら速度には注意して走行したい。また、道幅は2車線だが、路肩スペースは狭くなっているので注意したい。

お薦めのシーズン

  1. 青空の輝く春から秋。

周辺立ち寄りポイント

◆北の原 姫逃池(ひめのがいけ)
島根県の天然記念物に指定されたカキツバタが有名。数千本の花が5月中旬~6月上旬にかけて満開になる。かきつばたの学名がアイリスで道の名前に使われた。  

◆浄善寺
樹齢600年以上の大イチョウがそびえ立つ。見頃は11月中旬~12月上旬。

◆志学展望広場
三瓶山の南側にある展望地。4月中旬には周辺の道路は6000本の桜で彩られる桜ロードになる。

◆石見銀山
2007年に世界遺産に登録されたアジアで初めての鉱山遺跡。最盛期には、世界の産出銀量の約3分の1を占めた日本銀のかなりの部分が石見銀山産だ。周辺は江戸時代風の町並みが残されている。登録当時活況はない分落ち着いて見学できる。

DATA
総延長:約16km
道の駅:なし
アクセス:
・中国自動車道/三次IC~国道375号~県道40号
・松江自動車道/雲南吉田IC~国道54号~県道40号
・山陰道/大田中央・三瓶山IC~県道30号
冬季閉鎖:2月中旬~3月下旬(周回道路北の原~西の原)西の原は通行可
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(三瓶アイリスライン)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次