MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

走りも燃費もすごい!? スズキの新型アドレス125・アヴェニス125を発表!

  • URLをコピーしました!

スズキ二輪は、2022年11月16日(水)に東京のベルサール六本木にて「スズキの新型アドレス125・アヴェニス125撮影会及び商品説明会」を行った。

スズキの新型アドレス125・アヴェニス125撮影会及び商品説明会
「アドレス125(右)」、「アヴェニス125(左)」の開発陣。チーフエンジニアの森井秀史氏(中央左)、デザイングループの斉藤航平氏(中央右)、エンジン実験グループの杉芳典氏(右)、プラットフォーム設計グループの松下太亮氏(左)。
目次

まずはスズキの新型アドレス125・アヴェニス125の動画をチェック!

新型125ccスクーター・アドレス125&アヴェニス125

125ccスクーターに力を入れているスズキは、これまでアドレス110従来モデルのアドレス125シリーズスイッシュシリーズなどを投入してきたが、新型スクーターの「アドレス125」と「アヴェニス125」を発表。「アドレス125」が2022年10月18日、「アヴェニス125」が同年10月21より発売している。なおアドレス110、従来モデルのアドレス125、スイッシュは生産終了モデルとなっている。

メーカー希望小売価格は、「アドレス125」が273,900円(税込)で、「アヴェニス125」が284,900円。日本国内での年間目標販売台数は、それぞれ9500台と3000台としている。

共通プラットフォームを持つ兄弟車のアドレス125&アヴェニス125

「アドレス125」と「アヴェニス125」は、フロント12インチ、リヤ10インチのホイール&軸間距離1265㎜のコンパクトな車体で構成される共通プラットフォームを持っており、搭載するエンジンも兄弟モデルで共用している。

スズキ・アドレス125
「アドレス125」と「アヴェニス125」は共通のプラットフォームを持つ兄弟車。写真は「アドレス125」の透視図。

エンジンは、従来モデルのアドレス125のSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンをベースに、平成32年国内排出ガス規制に適合させながら、高い燃費性能と優れた加速性能を追求している。

「アドレス125」と「アヴェニス125」が搭載する軽量でコンパクトな124cm3の空冷単気筒 SEPエンジン。
「アドレス125」と「アヴェニス125」が搭載する軽量でコンパクトな124cm3の空冷単気筒 SEPエンジン。

「アドレス125」と「アヴェニス125」が搭載するエンジンは、最高出力 6.4kW/6,750rpm、最大トルク 10.0N・m/5,500rpmとスペック上の性能は同じとのことだが、ECUのセッティングが異なっており、「アヴェニス125」の方が若干スタートダッシュで力強さを感じられるようなキャラクターになっているとのこと。ただ、関係者の話によれば「よーいどん!」でスタートしても目に見えて差がつくほどの違いではないという。

二人乗り時の快適性を重視した「アドレス125」

二人乗り時の快適性を重視した「アドレス125」
ソロはもちろん、二人乗り時の快適性を重視する新規軸を盛り込んだ「アドレス125」。

従来のアドレスシリーズというと、軽量コンパクトな通勤快速というイメージが強いが、新しい「アドレス125」を見ると、随分とコンセプトの方向性が変わったことがわかる。全体に丸みを帯びており、老若男女に広く受け入れられそうなオーソドックスなデザインを採用している。

丸みを帯びたデザインを新採用した「アドレス125」。
丸みを帯びたデザインを新採用した「アドレス125」。

この丸みを帯びたデザインには実は秘密があり、なんと鉄材をフェンダーとレッグシールドの前面部分に採用することによって繊細な曲線を表現したのだという。

二人乗り時の快適性を重視した「アドレス125」
二人乗り時の快適性を重視し、広くフラットなシートと握りやすいグラブバーを装備。タンデマーの足の曲がりもきつくなさそう。

乗り味に関しては、従来から定評のある通勤通学で便利なストレスのない加速性能はそのままに、コンフォートな乗り味も追求。加えて大きな面積を確保したフロアボードに、フラットシートによるタンデム時の快適性能などを底上げ。通勤通学といった実用面だけでなく、たまの休日には「アドレス125」で気軽に出かけてみる……といった趣味の要素が増している。実際、ちょっと雰囲気のいいオープンカフェにだって気軽に乗り付けられそうだ。

「アドレス125」のカラーリングは4色

「アドレス125」の詳細チェック

「アドレス125」の足着き性

シート高は770㎜と低めのなうえ、シートの前方がしっかりと絞られているため足が出しやすく、踵までべったりとつけられた。フロアボードはセンタートンネルのないフルフラット構造に加え、下部に燃料タンクがないおかげで低床で足も乗せやすい。ちょっとした荷物を乗せられるのはもちろんだが、服装を選ばず乗ることができるのが素晴らしい。

スポーティなイメージの「アヴェニス125」

スポーティなイメージの「アヴェニス125」

「アドレス125」と同じプラットフォームでありながら、エッジの効いたデザインが与えられた「アヴェニス125」。通勤快速仕様としてのアドレス125シリーズが持っていたスポーティな雰囲気は、この「アヴェニス125」へと引き継がれ、より強調されたというわけだ。

スポーティなイメージの「アヴェニス125」

驚いたのはデザインコンセプトに、オフロードバイクのモトクロッサーイメージを採用していること。メーター前のバイザーはモトクロッサーのゼッケン、フロントサイドにはシュラウドのイメージを取り入れて軽快感を演出している。

スポーティなイメージの「アヴェニス125」

「アドレス125」に比べかなりスポーティな雰囲気がデザイン的に強められているが、実際、この2台には走行性能においても若干の仕様の違いがある。エンジンの機械的な構造は同じであるものの、ECUのセッティングが違い、「アヴェニス125」の方がより加速感重視となっている。またスポーティなキャラクターのためフロントフォークのセッティングを変更。「アドレス125」に比べて、バネレートをアップし減衰特性もよりスポーティに変更されているとのことだ。

「アヴェニス125」のカラーリングは3色

「アヴェニス125」の詳細チェック

「アヴェニス125」の足着き性

シート高780㎜で「アドレス125」よりも1cmほど高いのだが、シートの跨り部がより絞り込まれているので足着き性はいい。写真はでは若干踵が浮いてしまっているが、実際の足着き性の印象は「アドレス125」と変わらず。少し前に座れば両足とも踵までべったりとつけられる。

関連記事

あわせて読みたい
スズキ 新型スクーター「アドレス125、アヴェニス125」を10月より発売 株式会社スズキ二輪は、快適性と充実した装備を兼ね備えた新型スクーター「アドレス125」を 10 月 18 日より、 スポーティーなスタイリングと軽快な走りを兼ね備えた新...

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次