MENU

ストリート向け新ブランド“TCW”の第一弾は Rebel(レブル)250用カスタムパーツ群だ

マジカルレーシングが立ち上げた新ブランド「ザ・クラフツマンズ・ワークショップ」新ブランドでは、FRPや金属パーツも素材に取り入れる

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

マジカルレーシングの新ブランドが始動!

アフターマーケット向け樹脂パーツの老舗メーカー、マジカルレーシング。これまで長年の販売実績を持つサーキット向けレーシングカウル群や、主にビッグバイク向けストリート用外装パーツの販売を主幹としてきた。

今冬、排気量やジャンルにこだわらない新ブランド『ザ・クラフツマンズ・ワークショップ(TCW)』をスタートした。

第一弾はレブル250のパーツ

その第一弾がここに紹介のレブル250用パーツ群。マジカルと言えば従来品はカーボンパーツのイメージだったが、TCWはそれにこだわらず、職人が作り出す美しい造形、丁寧な手作業が映えるなら、とFRPや金属素材も適材適所、積極使用していくのだという。

今後の動向にも注目!

この先の車種展開も、マジカル=スポーツ以外の分野。ミニやレジャーバイク向けにも、アイデアを凝らした製品を送り出すという。今後の動向も注目だ。

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

新ブランド、TCWが送り出す第1弾が250ccクルーザーとして大人気のホンダ・レブル250用パーツ群だ。写真の装着デモ車で一目の通り、艶やかな曲線美を持つTCWのパーツ群は、シンプルデザインの同車に“高級感”と“大人のカスタムイメージ”をプラスできる。

テール周りのイメージを一新!

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

TCWの特長が分かるフェンダーレスキット(テールランプ付き)。コスト重視の純正パーツでは不可能な複雑な曲線で構成。素材はFRP黒(税込19,800円)、カーボン平織(税込25,300円)、同綾織(税込26,400円)が揃う。※写真の汎用カーボンリフレクター及びカーボンナンバープレートは付属しません。

スムースなフォルムを実現

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

足付き性を妨げることなく適度なボリュームを持たせ、流れるようなスムースなフォルムを実現したサイドカバー。左右セットで価格はFRP黒(税込23,650円)、カーボン平織(税込29,700円)、カーボン綾織(税込30,800円)。

スタイリングが際立つデザイン

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

オリジナルのシンプルなスタイリングを引き立てるメーターバイザー。ライトのアールに沿った曲線が美しい仕上がりだ。FRP黒(税込7150円)、カーボン平織(税込11,000円)、カーボン綾織(税込12,100円)。

ラジエターを含めたドレスアップ

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

FRPやカーボンパーツ+ステンレスエッチングバッジのハイブリッドアイテムも登場。ラジエターシュラウド(左右セット)は、FRP黒(税込19,800円)、カーボン平織(税込35,200円)、同綾織(税込36,300円)。

タイヤに沿った低めのフォルム

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

新ブランドでのチャレンジがアルミ製フロントフェンダー(ステンレスステー付き。税込23,100円)

足回りにメタリックなアクセント

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

ステンレス製チェーンカバー(税込14,300円)。装着車両のキャラクターに合わせて、積極的に素材変更する。

艶消しブラックの迫力あるマフラー

Rebel250用TCWカスタムパーツ写真

装着されるマフラーはアールズギアのワイバン・クラシックマフラー。詳しい情報は アールズ・ギアのウェブサイトにて。

ザ・クラフツマンズ・ワークショップのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てフリーランスに。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台