水も場所もないバイク洗車難民の救世主?高圧洗浄機ヴィットリオで解決!

目次

駐車保管場所さえ厳しいのに洗車できる場所なんて望めない……

バイクに対して厳しい都心の住宅環境。私の経験談

近頃の都心での「バイクのある生活」というのは厳しいものがあり、賃貸物件探しの中でも「バイク置き場あり」という条件含めるだけで、物件数はガクッと減少する。 

私も結婚当初に賃貸物件を探した際は、予算内で「車2台とバイク複数台が停められること」という希望を叶える物件は存在せず、不動産屋さんの担当者に 

「もう、事前に聞いたら駄目って言われるんで、バイクは黙って停めておいて、大家さんになんか言われたらなんか考えましょう!」 

と、半ばやけ気味の当たって砕けろ作戦を勧められ、まさかの引越し後に既成事実を積み重ねていくという大人として最もダメな方法を決行した。 

私の場合は、産廃のようなドンガラバイクを含めると8台とか持っていたので、流石に自宅に置くわけにはいかず、倉庫代わりのコンテナを借りつつ、動くバイクは自宅庭に隠すような作戦で3年の賃貸生活をノークレームで乗り切ることに成功したのだった。 

バイク保管場所として借りていたコンテナ倉庫内の惨状

私の例は流石にレアケースなのだが、今思い返しても1人と8台の乳飲み子を抱えて住む家が無く路頭に迷いそうになったのは、恐怖以外の何物でもない。 

めんどくさい? やってみると実は楽しいバイク洗車

と、いきなり話が逸れに逸れたが、なんの話かというと都心に住むならばバイク置き場があるだけ幸せであり、洗車できる環境を望むのはかなり厳しいのでは無いだろうか。 

もちろん今ではバイク洗車をプロに頼むこともできるし、少し肩身の狭い思いをするかもしれないが、コイン洗車場を使うというのもひとつの手ではある。しかし、その度に出費はかさむし、洗車のたびにいちいち出かけるのは明らかに面倒だ。 

それに、洗車というのはけっこう楽しいものである。 

ゴミみたいなバイクを買うのが趣味の私だが買ってすぐするのは洗車だ!

自分の手で愛車を無心で洗って綺麗にするのは達成感があるし、細部をじっくり見ながら洗うので、実は考えたこともなかった愛車の構造を理解したり、オイル漏れなどの不具合や消耗品の交換時期に気付けたりすることもある。 

とはいえ、集合住宅の駐輪場では洗車場所の確保は難しいかもしれない。 

バイク洗車難民の救世主となるか?蔵王産業の「充電式マルチ洗浄機 Vittorio(ヴィットリオ)」をレビュー

そんな方におすすめなのが、ここで紹介する「充電式マルチ洗浄機 ヴィットリオ」である。 

ヴィットリオの電源は充電式であり、水タンクも備えているので、早い話が完全コードレス&ポータブルで、どこでも洗浄用の水を使うことができるのだ。 

本体は思ったよりも小型で、持ち運びも苦にならない。 

本体寸法は
235mm(高さ)×300mm(幅)×280mm(奥行き)
重量は
1.9kg

本体の蓋を外すと 

ホースが現れる。 

ホースの長さは
約2m

本体が付属品のケースを兼ねているのだ。 

 
本体下側を表裏ひっくり返して 

バックルで蓋の部分を固定すれば 

準備が整いました。これで使用準備はOKだ。 

使用中はアダプターは本体から取り出しておく。

本体の底面にACアダプターが収納されているので、これで充電を行う。 

ACアダプターなので、車にコンセントがあるなら出先での充電も可能だ。 

充電時間は
約3時間

本体給水タンクの容量は約5リットル

ゴムキャップの部分から水を注ぐ。 

給水タンク容量は
約5リットル

ノズルは3種類が付属

先端ノズルは3種類同梱されている。 

 ガンの先端を付け替えて使用する

標準ノズルは先端部分を締めこんだり緩めたりすることで、水の排出パターンを変化させることができる。 

汚れを水圧で落とすのに便利なストレートから 

広範囲に水をかけたい時の拡散パターンまで 

ノズルを変えればガーデニングの水やりに便利なシャワーも 

洗浄に便利なのは洗剤と水が混ざって出てくるブラシ付きノズル。 

バイクの洗車には中性洗剤を使用する。おすすめはプロにも愛用者が多いママレモンだ! 

ブラシノズルには洗剤のON/OFF切り替えが付いているので、洗浄時には忘れずにONにする。車体の入り組んだ部分には入りづらいが、水だけよりはてきめんに綺麗になる。 

作動音はけっこう大きく、体感的には掃除機くらいの音量がある。

ストレートのノズルにすると、高圧洗浄機ほどの勢いは無いものの、ホースの水よりは頼もしい感じの水圧を感じることができた。 

水圧はこんな感じ!

完全ポータブルで場所を選ばず水を使うことができるので、活躍シーンはかなりありそうだ。

バイク洗車に使う際には懸念事項あり

ただし、バイクの洗車に使うには1点だけ懸念がある。それが水の量だ。 

本体タンクの5リッターだと、大型バイクなら車体全体を濡らすだけで終了してしまう。車体を濡らして→洗剤で洗って→汚れを流す 

といったしっかりした洗車を行うなら、最低でも15ℓくらいは必要となりそうだ。 

吐出水量は1分間に2リットルなので、満タンクは約2分半で空になる。

バッテリーは多少余裕があるので、バイクの洗車に使うなら10リットルくらいの折り畳み式のポリタンクなどに水を満たして別で準備しておくなど、何らかの対策が必要だ。 

連続使用時間は
約30分

バイクの洗車以外の用途を考えれば使える場面は幅広い。 

たとえばキャンプ用品の洗浄に! 

集合住宅に住んでいれば、汚れたキャンプ用品を洗う場所にも悩むところ。 

風呂場はあまり汚したくないし、ベランダには水道が無いことが多い。

しかし、ヴィットリオがあれば、ベランダで洗剤使ってしっかり洗えるし、水がなくなったらキッチンなり風呂場からすぐに調達できる。 

海などのレジャーの簡易シャワーに 

子連れで海に出かけると、砂まみれの子供をそのまま車に乗せるのにかなり躊躇するものだが、充電式マルチ洗浄機 ヴィットリオがあれば、簡易シャワーとして重宝するだろう。 

もちろん、別で水タンクを用意すれば、子供だけでなく家族そろってシャワーでさっぱりしてから帰宅することができるだろう。

結論! 
バイクの洗車に使うなら予備の水が必要になるが、不可能ではないし、バイク以外にも使用シーンはたくさんある! 
特に集合住宅居住でアウトドアレジャーを楽しんでいる人にはもってこいの商品なのではないだろうか! 

マルチウォッシュVittorio【ヴィットリオ】ZM-0502-2

価格オープン価格
本体サイズ235mm(高さ)×300mm(幅)×280mm(奥行き)
本体重量1.9kg
連続使用時間(満充電時)約30分
給水タンク容量約5リットル
吐出水量約2リットル/分
吐出圧力約0.5Mpa
バッテリーリチウムイオン蓄電池
製品の情報はこちら蔵王産業株式会社
https://www.vittorio-z.com/

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる