MENU

コンパクトかつシンプルなUSB電源ならこれ!防水かつバッテリー電圧モニターまで付いたキジマUSBポートKITシングルインジケーター付

装着場所を選ばないコンパクトな本体に電圧インジケーターを組み込んだUSB電源

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

スマホにドラレコ、ETC車載器にバイク用レーダーなどなど、バイクに使用するデジタルガジェットが増えていくと、ハンドル周りはごちゃごちゃしがちだ。ガジェットをたくさん活用する人ほど、USB電源くらいはコンパクトでシンプルなものを選びたいものである。

キジマの「USBポートKITシングルインジケーター付DC5V/2.1A(304-6247)」は、非常にコンパクトなサイズでありながらもバイク用として求められる機能を有している。

キジマのUSBポートキット304-6247のここがおすすめ!

本体サイズがコンパクト
防水防塵キャップ付き
バッテリー簡易コンディションがわかるランプ付き

部品構成もシンプル

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

シンプルな商品構成なので、装着方法によっては別途カプラーやギボシ端子、配線処理を行う工具などが必要になる。配線の長さは100cmなので、装着場所によっては延長用の配線なども必要になってくる。

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

本体に防水キャップが付いているので、ハンドルなどある程度、雨が当たる場所にも取り付け可能(防水・防塵規格IP55相当)だが、直接洗車の水をじゃぶじゃぶかけたりといったことは避けたい。

本体のサイズは約44×20×13mm

非常にコンパクトサイズなので、装着場所に制約のあるバイクには最適である。

電源は車体アクセサリー線より確保

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

プラス電源はメインキー直後のところのアクセサリー配線を分岐させて接続した。この配線に付属のエレクトロタップを使って接続しても良い。

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

そのままメインハーネスに沿わせる形で本体をハンドルにタイラップで固定することにした。

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

キャップは付いているものの、走行時に水に濡れることを考えるとハンドル内側に固定したい。タイラップ固定なのである程度自由に動かせる状態。

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

USBケーブルを挿して充電してみることに。USBケーブルを挿す際は、本体を抑えていないと動いてしまう。

バッテリーコンディションをLEDランプで把握!

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

車体の電圧(バッテリー電圧)が11.5~16Vの範囲内だとLEDインジケーターランプがブルー点灯する。通常はこの状態となる。

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

バッテリー電圧が11.5V未満に低下すると赤いランプが点灯してUSBの充電を自動で停止してくれる。グリップヒーターや電熱ウエアなど電気を食う後付け電装品をいくつも装着していると、発電が間に合わずに走りながらバッテリー上がりに見舞われる恐れもある。そんな時にバッテリー電圧を視覚的に把握できる。

キジマUSBポートKITシングルインジケーター付の写真

なるべくハンドル周りをシンプルに保ちつつ、バイク用として過不足ないUSB電源が欲しいならば、おすすめの商品である。

KIJIMA SINGLE PORT KIT with INDICATOR インジケーター付きシングルポートキット

価格4400 円(税込)
品番304-6247 
ポート形状USB
入力電圧DC12V
入力電圧範囲11.5V~16V
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てモトメガネの編集担当に。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台