フリーペーパー「モトメガネ」冬号配布中!チェック!

3Dプリンターが海外のフルカスタムR nineTを手に入れる力となる!

この世に一台しかない、フルスクラッチのカスタムバイクを作る –––– ライダーなら誰もが思い描く夢ですが、それにはとてつもない費用がかかります。パーツひとつをワンオフにするのでも、汎用パーツと比べるとその価格差は歴然。カスタムビルダーに制作依頼をすれば、彼らだからこそ生み出せるアーティスティックなオリジナリティが付加価値となるわけですから、カスタム費だけで3桁万円に届くことも珍しくありません。

費用以上に難しいのが、好みのマシンに仕上げてくれるカスタムビルダーへの依頼です。大阪の人が宮城県のカスタムビルダーに依頼するのも容易ではありませんが、そのカスタムビルダーが外国の方だと、相当な財力がない限り不可能。ローランド・サンズ・デザインのように、そのビルダーが手がけるボルトオンパーツでカスタマイズするにとどまってしまいます。

それが、手頃な価格で海外のカスタムビルダーのオリジナリティを手に入れられるとしたら –––– そんな理想を実現したのが、「CARA」と名付けられたこの BMW R nineT です。

“CARA” BMW R nineT by VIBA

この個性的な CARA を手がけたのは、フランスのカスタムパーツメーカー VIBA。このスタイリングを、日本にいながら手早く再現できるスキームを編み出したのです。そのカラクリを紐解いていきましょう。

目次

BMW R nineT

ボクサーエンジンと呼ばれる 排気量1,200ccの水平対向2気筒 空冷エンジンを搭載した BMW R nineT(アールナインティ)。最先端システムをいち早く取り入れる BMW ラインナップのなかでは異色とも言えるクラシックネイキッドスタイルが特徴のモデルで、カフェレーサーやスクランブラー、クラシックレーサースタイルと派生モデルを次々と加えていっています。将来的には最高峰に位置する BMW R 1250 GS に搭載されている水冷ボクサーエンジンへと移行し、継続して生産され続けることが予想される人気車種です。

それまで BMW には無縁だったカスタムバイクカルチャーを取り入れることを目的に生み出された R nineT は、本社主導のカスタムプロジェクトがいくつも開催されるなど、精力的にカスタムで楽しむことを押し出してきました。今回の CARA もそうした流れから生まれたモデルですが、他のカスタム R nineT とはひと味違う要素を持ち合わせているのです。

CARA | BMW R nineT

ダークなボディと直線的なシルエットを無駄なく取り入れた CARA は、フランスのカスタムビルダーによって作られたフルスクラッチのカスタムバイクです。VIBA はその完成車を一度完全に分解し、パーツごとに3D CADでのデジタルデータ化を行いました。そのデータから3Dプリンターでパーツを製造し、再び組み上げることに成功したのです。

3C CADデータで分けられたCARAのディテールパーツ

パーツを量産するのにはコストがかかりますし、それら一式を空路や海路で運ぶとなるとさらにコスト増となります。しかしデジタルデータならインターネット上で世界のどこにでも送れますし、そのデータが手に入れば、パーツを再現できる3Dプリンターを用意すればまったく同じものを はるか遠くの国でも作れてしまうのです。輸送にかかるコストはもちろん、時間までも節約できるこの仕組みを VIBA は実証してくれました。

個々人はもちろん、背景となる国や文化によってカスタムビルダーが手がけるマシンは ひとつとして同じものにはなりません。当然それぞれのカスタムマシンに対する好みも千差万別で、気に入ったバイクが何の縁もない遠くの国のものであることも有り得ます。世界のどんな情報も手に入る現代では、今まで見る機会すらなかったカスタムバイクの存在を知る機会がますます増えています。

これまで物理的に手に入れられなかった憧れのマシンを、デジタルの力で手に入れられる ––– 。夢のような話を可能にしたのが、今回の VIBA のプロジェクトなのです。

CARA 専用に設計されたスピードメーター埋め込み型ハンドルバー

このハンドルバーが分かりやすい存在です。R nineT のノーマルメーターをそのまま埋め込める独創的なバーですが、これだけボルトオンしても その存在感とデザイン性から、コックピットだけ”浮いて”しまいます。フルスクラッチのカスタムバイクは、フルメニューを投じてこその完成度。それは重々分かっていても、そのための予算をポンと出すのも容易ではありません。

フロントマスクの印象を一変するLEDヘッドライト&バイザー
車体に直線的なイメージを付与するエアインテーク
テールランプ機能を備えたウインカーが一体化したシートカウル

予算という誰もがぶつかるジレンマを解決してくれる VIBA のこのプロジェクト。データの取り寄せとパーツを再現できる3Dプリンターさえ揃っていれば、1ヶ月どころか数週間でこのスタイルを日本で生み出すことができるのです。

フランスのカスタムパーツメーカー VIBA

BMW Motorrad やトライアンフ、ホンダのカスタムパーツを製造・販売しているフランスのカスタムパーツメーカー。今回の CARA プロジェクト実現に際して、erpro group や SLM Solutions Group AG といったフランスの3Dプリンター業者とパートナーシップを結び、CARA のパーツ製造にあたったそうです。

まとめ

カスタムバイク熱はアメリカやヨーロッパ各国で過熱化しており、世界のモーターサイクルシーンにおいてハーレーダビッドソンだけのお家芸ではなくなってきています。そのなかでも、日本で育まれきたジャパニーズカスタムはその独創性と緻密な作り込みから注目を集めており、アジア各国にも伝播しているところ。

今のところ CARA に用いられているパーツの3D CADデータがどのように入手できるか判明していませんが、このスキームが確立すれば 逆に日本のフルカスタムバイクがヨーロッパやアメリカ、アジアで続々と走り出すようになる、そんな未来が訪れるやもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる