フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

バイクを買ったらまず揃えたい!バイク保管用品3選

目次

バイクカバーと盗難防止ロックはマストで使いたい!

新しいバイクを手に入れると、もうテンションが上ってしまって脳内エンドルフィンが出まくりで、どこに行こうか?どんなカスタムしようか?と盛り上がりを見せてしまうものですが、そこではたと立ち止まり、襟を正して冷静に今一度考えていただきたいのがバイクの保管方法の件です。

今ではわんこの様にバイクはもっぱら室内保管なんて方も増えてはおりますが、ライダーの最大多数派はやっぱり屋外保管だと思います。そこに屋根があればまだ良い方で、屋根壁なしの保管環境になると、バイクには様々な面で大変厳しい環境であることは否めません。

高機能透湿防水素材を採用した平山産業「透湿防水バイクカバーVer2」

金属パーツが多用されているバイクは、四輪車とは違ってマフラーとかエンジンなど機関が外に露出しているのが特徴であり、魅力にもなっています。

そうなると、まずは心配したいのは錆ではないでしょうか。小さな鉄部品でも美観や耐蝕のために塗装やメッキなどの表面処理が行われているものですが、完全に錆を防ぐことはできません。

やはり錆を防ぐには保管方法に工夫が必要なのです。

また、太陽の紫外線というものもバイクには大敵で、塗装の色あせ、メーター文字盤の退色、アルミ部品のアルマイトの色抜けなどを招くことになります。

屋根があればまだ良いのですが、完全露天なら必ず使用したいのがバイクカバーです。

また、バイク保護のためには上面を覆っていれば大丈夫とお思いの方も多いかもしれませんが、実は地面からの湿気も要注意です。

雨や紫外線をガードし湿気を放出する高機能バイクカバー

平山産業の「透湿防水バイクカバーVer2」は、5層構造の透湿防水素材を使用したバイクカバー。

バイクカバーを被せたとしても、地面からの湿気にはノーガード状態となっています。特に砂利や泥の地面の場合や夏場の夕立の後など、地面からの湿気でバイクカバー内はかなり蒸れた状態になるのです。

その状態が長く続けば続くほど、車体は湿気に晒されることになります。

そんな湿気を放出してくれるのが「透湿防水バイクカバーVer2」」の最大の特徴となっております。

さらに

熱いマフラーでバイクカバーが溶けてしまうのを防止する遮熱保護シート

カバーのバタつきを防ぐベルトは2本!

もちろん、やや強めの雨もしっかりガードしてくれます。

大切にしたい愛車こそ、高機能バイクカバーでしっかり保護したいもの。そんなバイクを大切に想う気持ちに応える高性能バイクカバーなのです。

平山産業の「透湿防水バイクカバーVer2」について詳しくはこちら


1つの鍵で2種類のロックが使える! さらに携帯も可能なバイク用ロック

盗難対策用ロックは必ず使いたい

高価でレアなバイクにお乗りの方は、悪いことは言わないのでコンテナガレージでも借りて、屋内空間で盗難対策をしっかりしていただきたいものです。

しかし、様々な要因で外保管しなければならないのなら、どんなにボロなバイクでもハンドルロック以外の鍵を必ず併用しましょう。

鍵の数は多ければ多いほど良いのですが、現実問題として前と後ろの2ロック体制が最低限でしょう。

DAYTONA ストロンガーロックセット・チェーンロック2.0+U字ロックH220mm 96391

デイトナのストロンガーロックセット(96391)は、1キーで2つのロック、3通りの使い方ができるバイク用ロックになります。

チェーン、U字ロック、ディスクロックの3つがセットになっておりまして

U字ロック、ディスクロックはひとつの鍵で施錠・解錠することができます。

出先で使うのはディスクロックが便利。ディスクブレーキ車ならばほとんどの機種に使うことができます。

このディスクロックはチェーンの両端を繋いで施錠できるので、自宅保管ならばチェーンロックとして使うのが安心です。

チェーンは2mもあるので、駐車場所の構造物にくくりつけて固定することができます。

自宅保管時にはU字ロックも併用したいものです。

別メーカーで複数のロックを揃えた場合、それだけ鍵が増えることになりますが、ストロンガーロックセット(96391)であれば、1つの鍵で事足りるわけです。

キーホルダーもスッキリしますし、施錠・解錠時の手間も少なくて済むので、めんどくさがり屋だけどしっかり盗難対策したいという都合の良い人に最適なのです。

DAYTONA ストロンガーロックセット・チェーンロック2.0+U字ロックH220mm 96391について詳しくはこちら!

持ち運びに便利な軽量&小型ロック バイスガード エア コンボ 900

自宅の保管環境は整って、意識高い系保管している人でも実は出先での盗難対策は手薄って方も多いかと思います。

でも、バイク盗難はなにも自宅だけで被害に遭うってことだけでは無いわけで、出先のちょっと愛車から目が離れるタイミングも危ないものです。

ただし、出先で仰々しいバイクロックなどは携行できないのは致し方ないところではありますが、携行性に優れたコンパクトなものでも、やらない盗難対策よりやるバイクロックということで、やったほうがそれは良いに決まっているわけです。

しなやかかつ、堅牢なベルトと丈夫な南京錠がセットになったミツバサンコーワの「バイスガード エア コンボ 900」

3種類の長さのラインナップがあって、ここで紹介するのは900mmとなります。

車体に傷を付けにくい、しなやかなベルトは特殊防刃繊維と編み込まれたステンレスワイヤーを使うことで切断強度を確保!

携帯に便利な手の平サイズながら車体と構造物をロックすることができるし

ヘルメットと車体をロックすることなどもできてしまいます。

ミツバサンコーワのバイスガードについて詳しくはこちら!

さらにミツバサンコーワには携帯便利なバイク用ロックが存在します。

バイスガード「ダイヤルレバーロック」

盗難ロックは一般的にホイールなどの足回りに取り付けますが、こちらはバイクのブレーキレバーを握った状態でロックしてしまう商品になります。

ブレーキを握った状態になるわけですから、車体を動かすことができなくなるわけです。

さらにダイヤルロック式なので、鍵を持ち歩く必要がないのもポイントです。

グリップの太さやレバーとの距離は、バイクによって結構幅がありますが、かなり調整幅が設けられていて、多くのバイクに使うことができます。

施錠・解錠はスムーズかつスピーディーで簡単!

実際に施錠してみます。本体を開いてグリップとブレーキレバー部に固定します。

あとはダイヤルロックを装着して、ダイヤルを適宜動かすだけです!

ダイヤルロックの数字は自分の好きなものに設定できてしまいます。

たったこれだけでブレーキレバーがロックされるので、車体を動かすことができなくなります。

ブレーキをロックするので傾斜地に駐車する際にも便利なのです。

もちろん、これで完璧な盗難対策とは言えないかもしれないですが、ダイヤルレバーロックを破壊したり、ブレーキレバーを外したりするには、その場で工具などを使わなければならず、盗難犯もそのような人目に付く行動は敬遠するはず。

それこそが大きな盗難抑止力となることでしょう!

コンパクトに持ち運べて、簡単スピーディーにロックできる、出先に使うのに便利な盗難対策になるはずです。

ミツバサンコーワ バイスガード・ダイヤルレバーロック

価格4,378円(税込)
サイズ143mm×55mm×30mm
本体重量240g
カラーバリエーション7色

発売元・ミツバサンコーワ https://www.mskw.co.jp/

盗難防止アラーム付き!「ガードッグ・バイスガードⅡ」について詳しくはこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる