MENU

ジャストサイズに充実の収納スペースで使い勝手良し!Henly Begins防水ウエストバッグDH-737【全天候型防水ウエストバッグ3選】

日帰りからロングツーリングまで、お手回りの貴重品をいつでも雨から護ってくれる

デイトナのヘンリービギンズブランドの防水ウエストバッグDH-737は、ライディングの邪魔になりにくいコンパクトなサイズでありながら、4リッターの収納量を確保。さらに充実のポケット量で、容量以上に使い勝手に優れている。

見た目はナイロン製だがロールトップ式気室でしっかり防水!

年齢層問わず、さらに車種も問わず、さらにバイクに乗らない普段のお出かけやアウトドアにまで使えそうな、ザ・ベーシックなデザイン。しかし、その見た目とは裏腹に安心感の高い防水気室を持っているのがなかなか渋い!

ナチュラルテイストな服ばっか着ている無印男子が実は無茶苦茶力持ちだったみたいなにギャップ感ある!素材は、耐摩耗性と引き裂き強度に優れたリップストップ生地を採用する。カラーバリエーションがブラック一択で潔い。

メインの防水気室以外に、3つのファスナーポケットを装備

バッグ前面には非防水とはなるが2つのファスナーポケットを装備。おおよそ幅130mm、高さ170mm、厚さ20mmのサイズで、飾りではなくしっかり使える大きさだ。

その表面にはデザインアクセントにもなっているパルステープを装備し、カラビナなどを通せるようになっている。

表面の2つのファスナーポケットポケットの次に、非防水となるが大型ファスナーポケットを装備。ダブルファスナーでグローブをした手でも開け閉めしやすいロゴ入りジップタブを装備。

開口部は大きく、荷物の出し入れも容易。カードやメモ帳など厚みの無いものが収納できる2つのポケットを設けられている。

バッグ内で鍵が行方不明にならないように、キーホルダー用ループも装備する。

メイン気室の開口部は水の侵入を防ぐロールトップ式

雨の当たりやすい上部に縫い目やファスナーを持たないロールトップ式なので水の侵入経路が無いのだ。

メイン気室の開閉は左右のプラスチックバックルを外して行う。

開口部はひと巻されている。

防水気室はグリーンなので、バッグが開いていることが見た目にすぐわかる。

開口幅が300mm近くあるので、650mlのペットボトルも楽に出し入れすることができる。

内部はグリーン地なので、小さな物でも見落としにくい。

他の防水ウエストバッグと同じく薄手のウインドブレーカー、タオル、財布、スマホなどが収納できる。濡れてさらに濡れて困る荷物がある場合は、追加で防水バッグが必要となるだろう。

装着時に蒸れにくいメッシュのクッション素材を採用

ものすごく弾力があるという訳ではないが、硬いものを入れても体に違和感を伝えにくいクッション素材。メッシュ素材なので夏場の蒸れを防いでくれる。

プラスチックバックルを採用。余ったベルトをまとめるベルトループを左右装備する。ベルト幅はおおよそ37mmくらい。

ウエストバッグとしてベーシックなサイズ感で幅広いシーンで便利に使える

コンパクトなサイズなので、気軽に持ち歩きできる。

財布とスマホとモバイルバッテリーにタオルくらいが入れば良いというなら、サイズ的にはぴったりとなるだろう。ものすごく突出した機能や特徴がある訳ではないが、防水ウエストバッグに求められる性能を高次元で全てバランスさせた総合力は流石のひと言!

Henly Begins 防水ウエストバッグ DH-737

価格4,950円(税込)
容量4リットル
外寸150mm(H)×260mm(W)×100mm(D)
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てモトメガネの編集担当に。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台