スズキ バーグマン200 ABS試乗インプレッション 足つき 燃費 高速道路の走破性など

2014年に軽量、コンパクトで扱いやすいスクーターとしてリリースされたバーグマン200。

当時はマジェスティSやPCX150など原付二種程度の車体サイズで高速道路が走れる車種が人気。

そんな中で250㏄のビッグスクーターを一回りコンパクトにした車体に200㏄エンジンを搭載したバーグマン200のリリースには驚きました。

安全への意識が高まる昨今。バーグマン200にはABSの設定がないのが残念に思っていましたが、2021年に標準装備に。

150㏄クラス車両だとフロントのみABS採用される1チャンネルが主流ですが、バーグマン200は前後の2チャンネル。

安全性がグッとアップしたバーグマン200の街中での使い勝手や高速道路の走破性をチェックしてみました。

目次

バーグマン200の足つき

バーグマン200 ABS シート高:735mm 車両重量:165kg

僕の身長は164cm。

色々な車種に試乗させて頂いていますが、シートに跨って両足が地面にベッタリ設置する車種はごく少数。

ですがバーグマン200に関しては両足ともベッタリ設置するので安心感があります。

スズキのスクーターに伝統的に採用される左右の足元付近を絞り込んだ形状のカット・フロアボードも足つき向上に一役買っています。

リリース時161kgだった車両重量はABSを採用することで4kg増えて165kgに。

少々重量は増えましたが、それでも軽量であることは間違いなく、両足がベッタリ設置することもあって跨ったままで車両を取りまわしするのは楽でした。

バーグマン200の燃費

バーグマン200サイドビュー
バーグマン200サイドビュー

今回のバーグマン200の試乗では200km程度走行しました。

後半少し高速道路も走行しましたが、大半は市街地の走行です。

このような状況で燃費計の数値は28km/Lでした。

バーグマン200のタンク容量は10Lなので、計算上は280km走れることに。

高速道路走行中は燃費系の数値がぐんぐん良くなっていたので、高速道路を使ったツーリングでは燃費が伸びそうです。

バーグマン200の積載性

シート下ラゲッジスペース

バーグマン200のシート下ラゲッジスペースは41L。

250㏄クラスのビッグスクーターと比べると数値的には少ないことになるのですが、実際に見てみるとかなり広い印象。

フルフェイスヘルメットはもちろん余裕で収まります。

普段バイクで買い物に出かけた際には重いので避ける水物もバーグマン200の収納力なら余裕です。

  • 2Lのペットボトル4本
  • 500mlのペットボトル1本
  • 600mlのペットボトル1本
  • 1Lの紙パッジュース

これを全部納めても、まだまだ余裕。

お買い物マシンとしても優秀です。

ハンドル下収納

バーグマン200のハンドル右下には小物の収納スペースがあります。

ここはグローブを一時的に収納しておくのに良さそう。

高速道路のチケットを入れておいても良いかもしれません。

ハンドル下にはもう一箇所収納があります。

こちらには12VのDCソケットが装備されているので、スマホなどのガジェットの充電に便利。

意外と奥行きもあるので、この時期は水分補給用のペットボトルを入れておいても良いかも。

リアシートへの積載

シート下、ハンドル下で十分な収納力ですが、キャンプツーリングなどの際に更に荷物を積載したいならリアシート上。

標準装備のグラブレールは肉抜きされているのでフックなどをかけるのに使えます。

ただしバーグマン200はシートが前後一体型なので、リアシートに積載するとシート開閉ができなくなるので注意。

バーグマン200の下道走破性

バーグマン200での混雑した街中を含めた下道走破性は極めて快適。

その理由はバーグマン200の軽快な動きにあります。

最近流行りの高効率・高出力エンジンは加速がフラットですがバーグマン200は走り出し加速が重視されています。

アクセルを開けた瞬間に6000rpmぐらいまで一気に回転が上がり軽快に加速します。

下道での常用域ではアクセルオンで鋭く加速するのでストレスがありません。

サスペンションのセッティングは柔らかく乗り心地は良好。

最近の250㏄ビッグスクーターと比べるとタイヤ径が小さく幅が狭いですが重心が低いので安定感も抜群です。

ただ反面スポーティーな味付けの250㏄ビッグスクーターと比べると乗り心地重視なのでコーナリングの限界は低そう。

バーグマン200の高速道路走破性

高速道路では80km/hで6000rpm。100km/hで7000rpmぐらい。

80km/h以降での速度域では下道常用域でアクセルを継ぎ足した時の鋭さはないものの、多めにアクセルを開ければしっかりトルクが効いた加速をします。

そのため追い越しの際にも苦労しません。

下道でも快適なバーグマン200のサスペンションですが、高速道路では継ぎ目で多少突き上げがあります。

バーグマン200のリアサスペンションはプリロードの調整が可能なので、高速走行メインで使う場合やタンデムする場合、荷物をがっつり積載する場合にはセッティングを変えてみてもいいかも。

バーグマン200のスクリーンは純正としては異例の長さですが、特に高速道路では恩恵が大きくスクリーンがきった風が充分に体に当たりつつ、風当たりは優しいので疲労を大きく軽減します。

アクセルオンで鋭く加速できるバーグマン200にはかけ始めからガッツリ制動できるブレーキが採用されています。

今回ABSが前後に採用されたことで下道、高速道路でも安心感が盤石になりました。

バーグマン200は150㏄と250㏄の良いとこどり

現行250㏄ビッグスクーターと比べると

  • 軽快で足つきが良いので取りまわしが楽
  • シート下容量は必要にして充分
  • 低速から中速の加速はむしろ優れている

現行150㏄スクーターと比べると

  • 足つきが良いので多少重くても気にならない
  • シート下容量は別次元の収納力
  • 重心が低く安定感抜群

もちろん250㏄ビッグスクーター、150㏄スクーターそれぞれにも秀でた魅力がありますが、バーグマン200には上記のような魅力があります。

「中途半端な200㏄スクーターなら250㏄ビッグスクータの方がいいでしょ?」

と思っているあなたにこそ試乗してもらいたい一台です。

動画で更に詳しくバーグマン200のインプレッションを見たい方はこちら

YouTube
スズキ 2021年 新型バーグマン200 ABS 試乗インプレッション 高速道路の走破性 燃費 足つき ツーリング性能... ▼チャンネル登録https://www.youtube.com/channel/UCLPEPhWzaJlWVeMZoGYrJHg?sub_confirmation=1発売されてからずっとABSの設定がなかったバーグマン200。安全性の為にABS...

バーグマン200ABS 主要諸元

型式2BK-CH41A
全長 / 全幅 / 全高2,055mm / 740mm / 1,355mm
軸間距離 / 最低地上高1,465mm / 130mm
シート高735mm
装備重量 ※1165kg
燃料消費率 ※2国土交通省届出値:定地燃費値 ※336.0km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※430.3km/L(クラス2、サブクラス2-2) 1名乗車時
最小回転半径2.5m
エンジン型式 / 弁方式H405 ・ 水冷 ・ 4サイクル ・ 単気筒 / SOHC ・ 4バルブ
総排気量199cm3
内径×行程 / 圧縮比69.0mm × 53.4mm / 11.0
最高出力 ※513kW〈18PS〉 / 8,000rpm
最大トルク ※516N・m〈1.6kgf・m〉 / 6,000rpm
燃料供給装置フューエルインジェクションシステム
始動方式セルフ式
点火方式フルトランジスタ式
潤滑方式圧送式
潤滑油容量1.5L
燃料タンク容量10L
クラッチ形式自動遠心式
変速機形式Vベルト無段変速
変速比2.419 〜 0.787
減速比(1次 / 2次)2.750 / 2.923
フレーム形式パイプアンダーボーン
キャスター / トレール27゜00′ / 93mm
ブレーキ形式(前 / 後)油圧式シングルディスク (ABS) / 油圧式シングルディスク (ABS)
タイヤサイズ(前 / 後)110/90-13M/C 55P / 130/70-12 56L
舵取り角左右40°
乗車定員2名
排出ガス基準平成28年国内排出ガス規制に対応

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる