MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

バイクデビューにオススメのクォーター(250cc)クラスのマシン4台

  • URLをコピーしました!
目次

エントリーモデルとしての役割を担う250ccクラス

数年前まではラインナップが少なくて、あまり選ぶことができなかった250ccクラスのマシンだが、ここ数年はバイク人気の追い風もあってかなり活況を見せている。

250ccクラスといえば、原付ライダーがステップアップして最初に乗るケースや、そもそもバイクの免許を取ってライダーデビューを飾るのにはぴったり。つまり、エントリーモデルとしての大きな役割を担うクラスなのである。

250ccがおススメの理由4つ

  • 車体価格や維持費が安い
  • 車重が軽量で程よいパワーがあり運転しやすい
  • 高速道路に乗れるので遠出もできる
  • タンデムもできるし、リアシートに荷物が積みやすい

車体価格や維持費が安い

50万円台から新車を手に入れることができるので、若いライダーにも手を出しやすい価格帯にあるし、ビッグバイクに比べれば消耗品の価格も安い。燃費も良い。さらに車検も無いので維持費の面でもメリットは大きいのだ。

車体価格が低ければその分、カスタムとか用品とか、ガソリン代とか、高速代とかなどなど諸々に回す事もできてしまうので、やっぱり安いのは正義なのである!

車体が軽量で乗りやすい

排気量が小さければ、そもそもエンジン自体の重量が軽いので必然的に車体は軽くなる。ビッグバイクに比べてタイヤ幅も細いのでバネ下も軽量。つまり、ヒラヒラと軽くバンクしやすいので乗りやすいのだ。ライディングテクニックを磨くにはもってこいなのである。

さらにパワーが適度にあるのも良い点だ。公道でも恐怖心無くアクセルを開くことができるし、一方で全開加速してみれば予想外に鋭い加速をするはずだ。ビッグバイクのように持て余すことは無いし、原付や原付二種のようにパワー不足で幹線道路で車に抜かれまくることも少ない。

高速道路にも乗れる

高速道路に乗れる、乗れないでは1日で走れる距離は大きく変わってくる。特に休みの限られる社会人なら高速道路を積極的に使って、どんどん遠出を楽しむべきだ。そうなると、愛車の選択肢はやはり125cc超の排気量を持つバイクになるのだ。

タンデムもできるし、荷物も積載しやすい!

250cc以上のバイクはパワーもあるし、サスペンションもしっかりしているので、現実的に二人乗りを楽しむことができる。

それにリアシートがあるので、荷物の積載もしやすいのである。泊まりやキャンプツーリングを行いたいのであれば、やはり250cc以上のバイクを選ぶのが正しい選択なのだ!

といった様に、250ccクラスはエントリーモデルとしても最適であるし、ビッグバイクの買い足しでセカンドバイクとしても良いし、もちろん、色々バイクに乗ってきて最終到達点として気楽に乗りたいという目的で選んでも可!

それだけ、乗りやすく、魅力的な機種が現行ラインナップに多いので、今回はその中からお勧めの250ccクラスのマシンをご紹介していきたい!

ロー&ファット&シンプルが魅力のレブル250

派手なカラーリングでは無いし、ハイスペックなメカニズムも無い。しかし、シンプルイズベストで、無駄な装飾を廃した造りが現代のライダーに受けて、ヒットとなったレブル250。

低速から粘りのある水冷単気筒のパワーユニットは、DOHC4バルブなので実は高回転も気持ちの良い伸びを見せる。低めのシートは足つきもこれ以上なく良好で、乗りやすさは最高レベル。

アシスト&スリッパークラッチまで付いて、初心者にはものすごく親切安心な操作性。やっぱりこれはホンダ車の良心が透けて見えるというものなのだ。

Rebel 250 S Edition

一見素っ気の無い無印良品的デザインも、カスタムすることを考えれば真っ白なキャンバスそのもの。自分らしいレブルが楽しめてしまうのである!

Honda Rebel 250

メーカー希望小売価格(消費税込み)599,500円・638,000円/Rebel 250 S Edition
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力(kW[PS]/rpm)19[26]/9,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)22[2.2]/7,750
シート高(mm)690
車両重量(kg)170 

個性際立つデザインと円熟を深めたエンジンが魅力のMT-25

2020年のモデルチェンジでフロントフェイスのデザインを一新したMT-25は、やっぱりヤマハ車らしいスタイリッシュさを感じさせる出立ち。

また、走りの面でも乗っていて心強さや楽しさを感じられる並列2気筒エンジンの分厚いトルクが嬉しい!大柄な男性が乗ってもしっかりした走安性を発揮する倒立フォーク、青銅安定性に優れたの前後ABS付きディスクブレーキなど、その魅力は実に幅広い。

兄弟モデルのR25に対して、こちらはアップハンドルなので、教習車ともライポジの相違は少ないし、長距離ツーリングでも疲れにくい。

メーターはフル液晶となり、視認性は良好。ギアポジションインジケーターまで備えるので、ギアが何速に入っているか目で見てわかって、初心者でも安心なのだ。

YAMAHA MT-25 ABS

メーカー希望小売価格(消費税込み)621,500円 
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒
最高出力(kW[PS]/rpm)26 [35] /12,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)23 [2.3 ]/10,000
シート高(mm)780
車両重量(kg)169

スズキのお家芸「油冷」エンジンの個性が光る!ジクサーSF250

ジクサーSF250 トリトンブルーメタリック

ある一定の年齢層の人には刺さる「油冷」の響き。ジクサーSF250は、水冷に比べて補器類の簡素化やコンパクト化に寄与する新設計の油冷エンジンを搭載している。

新エンジンに採用された「SOCS(Suzuki Oil Cooling System)」は、エンジンの燃焼室周りに設けた冷却路にオイルを通す事で冷却する方式。さらにオイルクーラー電動ファンの装備やピストンのコーティングなど、新油冷パワーユニットにはトピックが満載なのだ。

そのエンジンを受け止める車体、足回りもしっかり作り込まれており、街乗りからワインディングまで、過不足なく楽しめる質実剛健な走りを発揮する。

SUZUKI ジクサーSF250

メーカー希望小売価格(消費税込み)481,800円
エンジン油冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒 
最高出力(kW[PS]/rpm)19 [26] / 9,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)22 [2.2] / 7,300
シート高(mm)800
車両重量(kg)158

4気筒の咆哮を堪能できるクラス唯一の存在!Ninja ZX-25R SE

Ninja ZX-25R SE メタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー

今から30年以上前のレプリカブームの時には各メーカー250ccの4気筒エンジン車をラインナップしていた。ホンダはCBRで、ヤマハはFZR、スズキはGSX-Rで、カワサキがZX-R……といった具合に……。

それが時空を超えて現代に蘇ってきた!と、おじさんたちの胸を熱くさせたのがNinja ZX-25Rである。

しかも、30年前の250cc4気筒は高回転型出力特性が顕著で、低速はスッカスカなのが通例だったが、現代のNinja ZX-25Rはスタートダッシュの低回転から結構しっかり走ってくれる!

250ccで4気筒ということは、ひとつのピストンがごく小さいということ。つまり超高回転エンジンであることを意味する。Ninja ZX-25Rも最高出力33kw(45PS)、17,000rpm以上の超高回転型なので、まるでスーパーカーやジェット機のようなエキゾーストノートを聞かせてくれるのだ。

もちろん、格好も良いし、足回りのパーツも豪華!ワイディングやサーキットで存分にスポーツを楽しめる。

今後、消えゆくガソリンエンジンだが、おそらく公道で堪能できる4気筒クォーターは最後の最後のラストチャンスだろう!

今のうちに早めに手に入れたいのである!

Kawasaki Ninja ZX-25R SE

メーカー希望小売価格(消費税込み)935,000円・Ninja ZX-25R 847,000円
エンジン水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
最高出力(kW[PS]/rpm)33 [45] /15,500・ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15,500rpm
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)21 [2.1]/13,000
シート高(mm)785
車両重量(kg)184

Text /丸山淳大

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる