フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

女子3人の試乗インプレ!ハーレー「パンアメリカ」の足つきや乗り心地をレビュー

ハーレーダビッドソンといえば大排気量のクルーザーというイメージですが、近年では電動バイクやアドベンチャーバイクを発表して世間を驚かせています。

今回はハーレーダビッドソン初のアドベンチャーバイク パンアメリカの試乗イベントに行ってきました。

アドベンチャーバイクは足つきが気になる人が多いのではないでしょうか?

モトメガネライターのバイク女子3人を連れてパンアメリカ試乗イベントに行ってきたので、それぞれの足つきとインプレッションをお伝えします。

目次

エントリーナンバー1:ruriko

愛車:トライアンフ デイトナ675 ホンダ CRF250L

身長:161cm

シューズ:WILD WING ファルコン厚底(つま先ソール厚2.5cm)

161cm+バイク用厚底ブーツ rurikoの足つき

アイキョウ

今回はパンアメリカSPとパンアメリカ両方跨ったんでしょ?どうだった?

ruriko

パンアメリカは両足はつかなかったですし、停車するときはお尻をずらさないと無理でした。パンアメリカSPは停車時にサスペンションが沈むので両足ついて安心でした。

試乗前日まで足がつくか不安だったというrurikoちゃん。

パンアメリカのシート高は890mm、パンアメリカSPは停車時にシート高が沈む機構が採用されていて830mmまで下がります。

サスペンションも比較的ソフトなので両足設置させることが可能で安心感があったとのこと。

スーパースポーツとオフロードバイク乗りのrurikoのパンアメリカインプレッション

アイキョウ

普段スーパースポーツ、オフロードバイクに乗ってるrurikoちゃんのパンアメリカの印象ってどう?

ruriko

CRF250Lは軽いのでシート高が高くても気にならないんですけど、高速道路で長時間走るのがつらいんですよね。でもパンアメリカは直進安定性に優れていてロンツーに最高だなって思いました♪

過去に何台かアドベンチャーバイクの試乗経験があるrurikoちゃん。

アドベンチャーバイクは足つきが悪くて怖いイメージとのことでしたが、パンアメリカは足つきが良くて安心感があったとのこと。

デイトナでガンガンサーキットも走っちゃうrurikoちゃんですが、砂利道は苦手。

パンアメリカで林道を走りに行く勇気はないけど、ロングツーリングの相棒としては最高とのことでした。

エントリーナンバー2:ao

愛車:ハーレーダビッドソン ファットボーイロー ヤマハ セロー225

身長:160cm

シューズ:WILD WING ファルコン厚底(つま先ソール厚2.5cm)

160cm+バイク用厚底ブーツ aoの足つき

アイキョウ

ディーラーで跨った時は足がつかなかったっていってたけど、今回実際に乗ってみてどうだった?

ao

気合入れてバイク用の厚底ブーツを用意して試乗したんですけど、意外と足つき良くてビックリしました。

普段は愛車のセロー225やファットボーイローでもフラットな林道だったら走っちゃうというaoちゃん。

以前パンアメリカの展示車両に跨った際に足がつかなかったので急遽バイク用厚底ブーツを用意して試乗しました。

ですが、試乗したパンアメリカSPは足つきが良く安心感抜群だったのだとか。

クルーザーとオフロードバイク乗りのaoのパンアメリカインプレッション

アイキョウ

パンアメリカと同じハーレーオーナーで、オフロードバイクオーナーでもあるaoちゃんの印象はどんな感じ?

ao

操作感は400㏄なみでビックリするほど軽いです。雨が結構降ってましたけど、フラット林道では滑る感じもありませんでした。

北海道の自宅から15分ぐらいで林道があり、頻繁に走りに行くというaoちゃん。

なんとフラットな林道だったら愛車のファットボーイローでも走りに行っちゃうチャレンジャー。

参加者の誰もが今日は林道はちょっと・・・という中、パンアメリカはアドベンチャーだから林道を走らないと!と一人で颯爽と林道に走りに行きました。

パンアメリカはファットボーイローに比べて圧倒的に直進安定性が優れていて、操作感はなんとセロー225に近いとのこと。

ハンドルの切れ角も大きく狭い林道でのUターンだってラクラクだったそうです。

エントリーナンバー3:kanae

愛車:ホンダ X-ADV スーパーカブ110

身長:171cm

シューズ:クシタニ モカシンブーツ(つま先ソール厚1.3cm)

171cm+1.3cmソール厚ブーツ kanaeの足つき

アイキョウ

今回唯一SPモデルじゃないパンアメリカだけど、シート高890mm。正直どうだった?

kanae

車体もかなり大きいですし、はじめはかなりドキドキしました。でも跨ってみたら片足ならベッタリ付く感じだったので思ったより安心感ありました。

女性としてはやや身長が高いkanaeちゃんはシート高890mmのパンアメリカに試乗。

跨ってみると想像以上にサスペンションが沈み込み、足つきは以外にに悪くなかったのだとか。

片足ならベッタリ付くので安心して試乗できたそうです。


ATアドベンチャーとスーパーカブ乗りのkanaeちゃんのパンアメリカ試乗インプレッション

アイキョウ

普段はオートマのアドベンチャーバイクに乗ってるじゃん?パンアメリカの印象はどう?

kanae

普段は楽なオートマに乗ってますけど、クラッチ操作もふくめて楽しめました♪たまにマニュアルのるとワクワクします♪

唯一無二ともいえるオートマチックアドベンチャーバイクX-ADVにのるkanaeちゃん。

パンアメリカとの違いを聞いてみると、X-ADVはアクセルを積極的に開けて楽しむ感じ。

パンアメリカは少しのスロットル操作でもレスポンス良く反応するのが楽しかったとのこと。

はじめは車体も大きいのでビクビクしながら乗っていたけど、低速でも扱いやすく思っていた以上に乗りやすかったそうです。

普段乗っているバイクによってパンアメリカの印象はまるで違うけど、総じて乗りやすいという印象は変わらない

パンアメリカに搭載されるエンジンは水冷の新型
パンアメリカに搭載されるエンジンは水冷の新型

今回試乗した女性ライダーは3人とも、試乗前の印象を聞くと

  • 足がつくか不安
  • 自分に乗れるだろうか?

それぞれ口にしていました。

ですが試乗後に話を聞くと

  • 以外に乗りやすい
  • 安定感がある

ポジティブな印象に変わったようです。

普段未舗装路を走りなれていないruriko、kanaeちゃんの二人はロンツーに良さそう、操作が楽しい!

頻繁に林道を走りに行くというaoちゃんは電子制御の恩恵でフラット林道ぐらいなら滑る気がしないとそれぞれ違った感想をいっていたのが印象的でした。

バイクの楽しみ方は人それぞれ。

ロンツーも林道もアクティブに楽しめちゃうパンアメリカは大柄な見ために反して扱いやすい一台のようです。

パンアメリカの足つきやインプレッションを動画で見たい方はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる