MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

モビリティ×ロボティクスで農業現場を支援 ヤマハが「第12回 農業Week」に初出店

  • URLをコピーしました!

ヤマハ発動機株式会社は、10月12日~14日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される、日本最大規模の農業・畜産の総合展「第12回 農業Week」に出展する。今回の出展テーマは、「Live Together」とし、農業現場の課題に対して、モビリティとロボティクス事業を持つヤマハならではの提案を行う予定。なお、農業Weekへの出店は今回が初となる。

目次

「第12回 農業Week」への出展について~果樹園などで自動走行により作業者支援を行うコンセプトモデルなどを展示~

ヤマハ発動機株式会社は、10月12日~14日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される、日本最大規模の農業・畜産の総合展「第12回 農業Week」に出展します。「農業Week」への出展は、今回が初めてです。

今回の出展テーマは、「Live Together」。農業現場の課題に対して、モビリティとロボティクス事業を持つ当社ならではの提案を行います。当社ブースでは、“動く作業台”をコンセプトに、果樹園などの樹列で、枝の剪定・受粉・摘果・収穫などの作業の際、作業者の操作で自動走行・停止を行い、作業を支援する“果樹園作業支援自動走行車”のコンセプトモデル※を展示し、受容性・活用の可能性を確認します。その他にも、産業用無人航空機(農業用無人ヘリコプター・ドローン)の新モデルも展示し、農業市場でのブランドイメージの醸成、製品PRを図ります。

当社は、2022年2月発表の新中期経営計画(2022~2024年)において、新規事業と成長事業を“戦略事業領域”と位置づけ、将来のコア事業に育てるための経営資源を積極的に配分するポートフォリオマネジメントを進めています。新規事業のひとつとして“農業自動化”を掲げており、今回展示のコンセプトモデルは、その一端を担うソリューションを目指しています。

「農業Week」は、全国の農業法人、農協、農業資材店・ホームセンターなどの関係者が来場する国内最大規模の農業・畜産の専門展です。農業関連のメーカーや商社などが出展し、新規ネットワーク開拓や製品のPRなどを行います。
※ 今回展示のコンセプトモデルは、生研支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち人工知能未来農業創造プロジェクト)」の支援を受け実施した研究成果に基づき、新たに開発したものです。

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次