MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

官能評価の解釈と改良案考案をAI化 若手設計者を育成し技術開発体制強化へ

  • URLをコピーしました!

住友ゴム工業株式会社は、日本電気株式会社と協業し、タイヤ開発における熟練設計者のノウハウのAI化に成功した。住友ゴムの熟練設計者とNECのデータサイエンティストにより、AIが学習できるデータ化にすることで、体系化が困難であった官能評価の解釈および、改良案考案のAI化を実現した。経験が浅い設計者への改良案考案過程や、ノウハウなどの技能伝承も可能とし、AIの活用により若手設計者をより高度な技術開発に集中させること目標としている。

目次

タイヤ開発における体系化が困難な匠のノウハウをAI化~技能伝承とともに技術開発体制を強化~

住友ゴム工業株式会社(以下住友ゴム)と、日本電気株式会社(以下NEC)は協業で、タイヤ開発における匠(熟練設計者)のノウハウのAI化に成功しました。

官能評価の解釈は熟練の設計者とテストドライバーのコミュニケーションにより成り立っており、これまで体系化が非常に困難な領域でした。今回、住友ゴムの熟練設計者とNECのデータサイエンティストが共同で、官能評価の解釈に関するコミュニケーションをAIが学習できるデータに体系化することで、官能評価の解釈および改良案考案のAI化を実現しました。また、これまではOJTによる属人的な伝承が中心だった匠の思考プロセスを見える化し、経験が浅い設計者への改良案考案過程やノウハウなどの技能伝承も可能にします。住友ゴムは今後、本AIの活用により若手設計者をより高度な技術開発に集中させてまいります。

近年、製造業では生産年齢人口の減少による人手不足や、熟練技術者・設計者の高齢化が進む中、技術・経験・ノウハウを次世代に伝承するとともにデジタル技術を活用し、これらを見える化することが急務となっています。そこで、住友ゴムでは、設計や材料開発などのタイヤ開発の様々な業務でAI活用の取り組みを進めています。

<官能評価のAI化プロジェクトの概要>

【従来の状況】

タイヤ開発における官能評価では、究極の完成度を求めてテストドライバーの定性的な評価に擬音が使われることがあり、同じ現象でもドライバーによって表現が異なることがありました。また、官能評価の解読には経験・ノウハウが必要で、評価結果から改良案を導くノウハウが熟練設計者に集中していました。

【解決方法】

NECのデータサイエンティストは熟練設計者と共同でテストドライバーの定性評価を項目化し、評価を読み解く経験・ノウハウを体系化したAIの学習データへ加工しました。さらに、熟練設計者は過去に開発したタイヤの官能評価を項目分けした体系化データを作成し、結果に紐づく改良案も体系化しました。

【今後の展開】

住友ゴムとNECは、AIによって答えを出すだけではなく、匠の思考プロセスを見える化することで、若手設計者の理解を深め真の技能伝承を目指すために、グラフAI※1を活用する計画です。

住友ゴムは、こうした業務改革によって若手設計者の開発効率向上を図るとともに、新しい働き方へのシフトを加速してより高度な技術開発に集中させてまいります。

※1 NEC独自技術「グラフベース関係性学習」を適用予定

グラフAIを活用することで、これまでのAIではブラックボックスだった思考プロセスを見える化。
候補となる関係性を点線(⇢)で示し、最も可能性が高い選択肢を実線(→)で示すことが可能。

■会社概要
住友ゴム工業株式会社
本社  :兵庫県神戸市中央区脇浜町3-6-9
代表  :代表取締役社長 山本 悟
創業  :1909年
事業内容:各種タイヤ、スポーツ用品、産業品の製造販売。タイヤではDUNLOP、FALKENのブランドでグローバルに展開しています。

日本電気株式会社
本社  :東京都港区芝5-7-1
代表  :代表取締役 執行役員社長 兼 CEO 森田 隆之
創業  :1899年
事業内容:社会価値創造型企業としてデジタル技術の活用を通じて安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指しています。

リリース提供元:住友ゴム工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次