MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

近未来の運転体験 新型車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」

  • URLをコピーしました!

ネオトーキョーは、2022年7月15日(金)から自社サイトで販売を行っている車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」の販売台数が早くも130台を越えたことを発表した。

スマホをワイヤレス接続してCarPlayや、AndroidAutoが利用できるようになるもので、近未来的な運転体験を楽しめる。HUD-2023の定価は4万4800円(税込み)だが、発売を記念して先着200台までは3,000円引きとなっている。欲しい人はお早めに。

目次

発売開始24時間で販売台数100台を突破!スマホをワイヤレス接続してCarPlay、AndroidAutoが利用できる車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」の予約販売を開始!

先行予約特典として、先着200台まで3,000円引き

モビリティ関連製品の製造販売事業を柱とするネオトーキョー株式会社は、2022年7月15日(金)20時より、スマホをワイヤレス接続してCarPlay、AndroidAutoが利用できるようになる、車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」(定価税込44,800円)の予約販売を自社インターネットサイトにて開始、販売開始24時間で販売台数100台(7月19日現在で130台)を突破した。また、先行予約特典として、先着200台まで3,000円引きの税込41,800円で提供中である。

ワイヤレスCarPlay、AndroidAutoに対応した
車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」ウェブサイト:
https://neotokyo.store/products/hud2023

「HUD-2023」なら、ほとんどの車でCarPlay、AndroidAutoを体験できる

CarPlay、AndroidAutoとは、Apple、Googleが提供するサービスで、運転中に音声アシスタント(siri、Googleアシスタント)経由でカーナビや音楽などを再生することを実現したアプリケーションである。スマホ画面の単なるミラーリングとは異なり、画面レイアウトやユーザインタフェースは運転用に最適化され、画面にタッチしなくてもリモコンと音声だけで一通りの操作ができるようになっている。表示には、それぞれのOSに対応した車載ディスプレイが必要で、一般車にはまだオプションサービスによる提供がほとんどである。

ネオトーキョーがこのたび発売する車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」は、2019年に発売したヘッドアップディスプレイ初号機「HUD-2020」の次世代機である。初号機「HUD-2020」は、本体を起動後、都度スマホを接続し、アプリを起動する必要があったが、次世代機の「HUD-2023」は、エンジンを始動するとヘッドアップディスプレイが起動されるのと同時に、自動でスマホへワイヤレス接続しCarPlay、AndroidAutoを表示させるものである。「スマホのOSは、iOSであれば5以降、androidであれば11以降ならOK。またシガーソケットさえあれば、どんな自動車にも「HUD-2023」が使えるようになる。スマホの音声アシスタントで検索したり、スマホの地図(※)や音楽機能になれた人にとっては、CarPlay、AndroidAutoは非常に便利である。まだ対応した自動車も少なく、サービスを利用した経験のある方が少ないはずである。「HUD-2023」ならダッシュボードに設置するだけで、ほとんどの車でCarPlay、AndroidAutoを体験できます」(ネオトーキョー代表・菅谷義博コメント)。
(※)CarPlayなら、Apple純正マップだけでなくもちろんグーグルマップも、さらにYahoo!カーナビやカーナビタイム等のサードパーティ製アプリまで使えます。AndroidAutoの場合は、グーグルマップのみ。

完全ワイヤレスが特徴の「HUD-2023」

また、このたび新たに開発された無線(2.4GHz、技適取得済)のダイヤルリモコン(標準装備)を利用することで、運転中にスマホがポケットに入っていたとしても取り出したりせずに、siriなどの音声アシスタントをリモコンのボタン一つで立ち上げることが可能である。「本来Siriを立ち上げる際は、スマホのマイクに近づけて話す必要がありましたが、リモコンがあることでスマホを触らずに音声アシスタントを起動できます。スマホをワイヤレスで接続してCarPlay、AndroidAutoを自動で起動。音声アシスタントもワイヤレスで立ち上げる。これまでにない、まさに完全ワイヤレスを実現したヘッドアップディスプレイと言えます」(ネオトーキョー代表・菅谷義博コメント)。

その他の特徴/人気のFMトランスミッタも健在

FMトランスミッタとは、小さなFMラジオ局のように、FMラジオ電波で音楽を飛ばす機能である。カーオーディオのFMラジオで受信することで、スマホの音楽をFMラジオとして聴くことができる。より安定した高音質を聞きたい方向けに3.5mmオーディオ出力(有線接続)も装備している。

その他の特徴/大型投射スクリーン、プライバシー保護設計

スクリーンは大型アクリル製。TFT液晶からプロジェクターのように画面が拡大投影され、運転視界に半透明状態でオーバーレイ表示される。投射スクリーンは凹面鏡のように少したわんだ形状になっているため、映像は実際の距離よりも遠くに位置しているように見え、目の焦点を道路にあわせたままでもスクリーンの情報を読み取りやすくなっている。
本体には光量センサーを装備し、環境に合わせて表示の明るさを自動的にコントロール。昼でも夜でもトンネルでも見やすい表示を実現している。また凹面鏡により、運転席以外からは画面が見えづらいため、プライバシー保護の対策にも十分である。

車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」製品概要

本体サイズ(スクリーン、台座含む):150x150x55mm
台座サイズ:130x140x15mm
スクリーンサイズ:150x76x3mm
シガーソケット電源ケーブル長:1.8m
本体動作電圧:12V-24V
シガーソケット電源ケーブル出力:12V/1.5A
スマホ接続USBポート給電出力:0.5A
動作温度:摂氏0-75度
スクリーン:TFTプロジェクション式
スクリーン解像度:480×240
FMトランスミッタ周波数:任意に設定可 ※シガーソケット電源ケーブルがFM出力用アンテナを兼ねている
FM音声:ステレオ
リモコン周波数:2.4GHz(技適取得済)※受信機は本体内に内蔵
リモコン電池:CR1632
スマホとのワイヤレス接続:Bluetooth+Wifi(技適取得済)

保証期間:
本体、リモコン、シガーソケットケーブル:発送日から1年間
リモコン用ラバーバンド:発送日から3ヶ月
リモコン電池は保証対象外
※使用上問題のない程度の本体のキズやスレ、設置関連費用は保証対象外となる
※一部のデザイン、仕様につきましては、製品改善のため予告なく変更になる場合がある。
※当製品はFMトランスミッタに電波を使用しているが、総務省の定める微弱無線局の基準以下(第三者機関で検証済)のため使用には免許、技適不要である。(参考:総務省 微弱無線局の規定)

製造国:中国深圳市
製造・販売:ネオトーキョー株式会社

内容物:
HUD本体、1.8mシガーソケット電源ケーブル(FMアンテナ内蔵)、スクリーン保護クロス、リモコン、リモコン取付用ラバーバンド、リモコン用電池(テスト用)、制振用EVAスポンジ、マニュアルURL案内書※+保証書
※当製品のマニュアルはオンラインで提供され、随時更新を行っていく。

ワイヤレスCarPlay、AndroidAutoに対応した、
車載用ヘッドアップディスプレイ「HUD-2023」ウェブサイト:
https://neotokyo.store/products/hud2023

リリース提供元:ネオトーキョー株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次