MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

バイク女子も安心。大き目な車格でも軽量&取回しの良いパワフルなオフ車が楽しい!

目次

FANTIC XEF250 Trailで林道ツーリングへGO!

日本国内ではすっかりラインナップが減ってしまいった250ccクラスのオフロードモデルだが、そこに登場したのが「FANTIC(ファンティック) XEF250 Trail」だ。日本ではキャバレロシリーズが広く知られているファンティックだが、こういった本格エンデューロモデルもラインナップしている。ユーロ5にも対応ししっかりとナンバー登録ができるこのXEF250 Trailで今回は林道ツーリングへと繰り出すことにした。今回のインプレッション担当は、女優・タレントのほか、各種バイクメディアでも活躍中の桜井つぐみさんだ。

都内からアクアラインを使って千葉方面へと向かう。90km/h程度であればまったく不安なく走ることができた。

一般道からオフロードまで幅広く対応してくれるオールラウンダー

ファンティックはもともとオフロード系マシンでの活躍したメーカー。それゆえにこのXEF250 Trailは、より競技車に近い本格派オフロードモデルとなっているのが特徴だ。

車体構成を見ていくと、まず主要部分に角パイプのクロームモリブデン鋼を使用したスチール製フレームはセミダブルクレードル式を採用。エンジンアンダーガードも標準装備。ボルトオンされるリアフレーム(シートレール)は丸パイプのアルミ製となっている。
フロントサスペンションは派手なカラーが印象的なファンティック製FRSサスペンションのφ43㎜サイズを装備。試乗車には通常はオプション設定のテクニクス社製「TRIC FUN KIT」が装備されていた。このキットは、純正機構をそのままに、片側フォークのみにTRICカートリッジを組み込み比較的安価で高い効果を狙ったKIT。林道など一般道ツーリングをメインとするユーザー向けのセッティングとなっている。一方のリアに装着されたボトムリンク式モノショックサスペンションにもテクニクス社と共同開発したリアサスぺションシステムが装備されていた。これはノーマルのリヤサスペンションだと体格の大きい海外ライダーの体重などに合わせてあるため、日本のライダーにはちょっと硬めのセッティングとなっているので、よりしなやかな動きに変更することで、日本人の体格でも乗りやすいものにするため採用しているとファンティックを取り扱うモータリスト代表の野口氏から聞くことができた。

長いスイングアームはアルミ製。前後ディスクブレーキも含め、同クラスの競技用マシンに準じるレベルのハイグレード・パーツが装着されている。これにより車重はガソリン抜き装備重量で118㎏と軽量に仕上がっている。

搭載エンジンはSOHC4バルブの水冷単気筒。ボア・ストロークは77×53.6mmと言うショートストロークタイプの249,6ccで、21.5ps/8,750rpmの最高出力と18.6Nm/6,750rpmの最大トルクを発揮する。
トランスミッションは6速。当然ながらインジェクション仕様でユーロ5をクリアしている。

リヤビューも本格派オフロードモデルを感じさせるフォルムとなっている。
テクニクス社製の「TRIC FUN KIT」を装備したフロントサスペンション。
フロント同様にリヤにもテクニクス社製の「Rショックリバルビング」を備えている。
エンジンはSOHC4バルブの水冷単気筒の249ccを搭載。
ARROW製のマフラーを標準装備。軽快なレスポンスに貢献するとともに歯切れ良いサウンドがその気にさせてくれる。
ウェーブタイプのディスクローターはφ260mm。金属製メッシュホースを採用しタッチはダイレクトで申し分ない効きを発揮。
大きめのリヤスプロケットを装備し、低速での扱いやすさを向上している。
シートは長くてフラットな形状。荷重移動の際もスムーズに体を前後に動かしやすい。
ウインカーやホーン、ライトのハイロー切り替えスイッチなどが備わる。
ミラーの付け根の左側のスイッチがセルスターター。
上下に二段重式のLED式ヘッドランプを採用している。
モノクロ液晶ディスプレイを使用したメーター。速度はデジタル式。

圧倒的な軽さとほどよいパワーで抜群に乗りやすい!

前述のように本格派の装備満載のXEF250 Trailだが、実際に乗ってみると実にフレンドリーなキャラクターだ。シート高は915mmと決して低いものではないが、とにかく車体が軽いため足が付かなくても不安感をあまり感じさせない。片足立ちからのスタートでもスルリと走り出すことができる。

極低速ではギクシャクする部分もあるが、これもレスポンスの良さの裏返しのようなもの。走り出してしまえば他社の250ccよりもパワフルな加速を実感することができる。しかもアクセルはハイスロットルが採用されていて簡単に全開にできるので開けた時に感じられるパンチ力も十分。

滑りやすい路面でも、スロットルのひと開けで、後輪に確実な駆動力を与えられ、車体の安定性を回復できるうえ、車体と前後サスペンションの剛性感が高く前後のバランスも良い。
サスペンションのストロークはテクニクス社製のユニットを採用していることで不意の凸凹でも衝撃を吸収してくれるので、初心者オフローダーでも安心して走れるはずだ。

ライダーの身長は158cm。片足立ちでつま先が着くような状態となる。
シートは高いが、ハンドルとシート、ステップの位置関係は良好なので小柄な女性でも扱いやすい。

小柄な女性でも不安なく乗れる「軽さ」というメリット

仮面ライダーとバイクをこよなく愛し、現在は女優・タレントのほか、さまざまなバイクメディアでも活躍中の桜井つぐみさん。モトクロスレースなどにも参加して表彰台に登るほどの腕前の持ち主。

今回、初めてファンティック XEF250 Trailに乗ったのですが、最初はシートの高さに大丈夫かなー?という不安はありました。乗る準備をしてバイクを引き起こした時点で、「このバイクすごい軽い!」と感じました。当然ながら片足しか付かない状態でしたが、軽いので片足が着いたままでもスムーズに走り出すことができました。車体は大きいですが取り回しがラクラクなのも女子には嬉しいポイントですね!

実際に走り出すと、アクセルを開けたときのレスポンスの良さと力強いさを感じました。普段はCRF250Lに乗ってるんですが、ここぞという時にパワーが足りないところもあるんですが、XEF250 Trailはしっかりとパワーが出てくれるので、段差などを乗り越えやすいと思いました。普段は125ccでモトクロスレースなどに出てますが、このバイクで出てみたい!と思ったほどでした。ポジションはハンドルもステップもちょうど良い位置にあるので長距離走行でも疲れにくいと思います。

林道コースまでは自走で一般道と高速道路を走って行ったんですが、すごく乗り心地もよくて快適なツーリングになりました。このバイクが1台あればツーリングから林道までいろんな場所に行って楽しめるなと思いました。

一般道でもスイスイと走れる軽快さが特徴。
軽いので取り回しもラクラクでした♪
海ほたるPAでちょっと休憩。

<SPEC>●全長2,100㎜/全幅915㎜/全高1,420㎜/シート高915㎜ ●車重122㎏ (燃料無し)●水冷4ストローク単気筒 249㏄ ●最高出力:16kW(22hp)/8,750rpm ●最大トルク:19N・m/6,750rpm ●変速機6段リターン ●燃料タンク容量7.5ℓ ●ブレーキF/R=ディスク ●タイヤサイズ:F90/90-21、R120/90-18  ●価格:1,100,000円(税込)

お得なキャンペーン情報:今ならテクニクス製サスペンションが付いてくる!

現在モータリストではこのXEF250Trailがスペシャル価格で購入できる、もしくは試乗車に装着されたテクニクス製サスペンションが選べるキャンペーンを実施中。通常ならオプション装着で10万円ほどになるテクニクス製サスペンションが通常価格で購入可能。詳しくはお近くのモータリスト・ファンティックディーラーに問い合わせを! ●取り扱い先:モータリスト合同会社 ●TEL:03-3731-2388

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次