MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

ビギナーもリターンライダーも扱いやすい! 素直な操縦性が魅力のスズキ「ジクサーSF250」

【Brand PR】
スズキ独自のオイル冷却システムSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を採用し、高出力ながら環境性能にも優れた油冷単気筒エンジンを搭載している「ジクサーSF250」。SFは「スポーツ・フェアリング」の略称で、ネイキッドモデルのジクサー250に対し、カウル装着モデルであることを表している。

そのジクサーSF250でツーリングに出かけ、特長・使い勝手のよさをチェックしてみた。

写真:長谷川 徹

目次

スズキ独自の「油冷エンジン」を搭載

ジクサーSF250はジクサー250のアップハンドルをセパレートハンドルに変更して、カウルを装着しているのが外観上の大きな違い。だが、エンジンは共通で、スズキ独自の「油冷SEPエンジン」を搭載している。SEPはSUZUKI ECO PERFORMANCEの略称で、パワフルな走りと環境性能を両立したエンジンの総称だという。

エンジンの燃焼室回りに潤滑とは独立した回路(オイルジャケット)を作成。オイルクーラーで冷やしたオイルを、直接オイルジャケットに速い速度で通すことで高い冷却効率を実現しているのがSOCSだ。
オイルクーラー裏側には冷却ファンが装備され、渋滞など無風状態でも放熱性を確保している。

油冷方式はエンジンオイルを介してエンジンを冷却し、冷却水(ラジエタークーラント)やラジエターが不要となる。スズキはかつて油冷エンジン搭載モデルを多数ラインナップしていたが、多くのモデルが生産中止となってしまった。

しかし、ジクサーSF250の油冷エンジンは冷却効率に優れるSOCSを採用するなどで排ガス規制をクリア。スズキ伝統の油冷方式に最新技術を注ぎ込むことで、最高出力26PS(19kW)、最大トルク2.2kgf・m(22N・m)と250cc単気筒エンジンとしては高出力も実現。SOHC4バルブとシンプルな構造することでコンパクト化し、軽量に仕上がっている

このジクサーSF250の油冷エンジンはアイドリング付近からトルクがスーッと立ち上がってきて、粘り強さがあるのも特長だ。1速でアイドリングのまま発進しても、エンストすることなく車体はスルスルと前進していく。試しに2速発進も行なってみたが、半クラッチとスロットルを少していねいに操作すればエンストせずに走りだせた。市街地では発進と停止を繰り返すことが多いが、極低回転でトルクが粘るのでエンストしにくく、それでいてギクシャクするほどトルクは過大ではないので、ビギナーやリターンライダーも気負わずに乗れる扱いやすさがある。

万一エンストしたとしても、スタートボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転する(エンジンが始動すればスターターモーターは止まる)スズキイージースタートシステムも搭載しているので、すばやい再始動が可能なのも扱いやすさになっている。

低回転でトルクが粘るので、街中の低速走行が苦にならない。軽量コンパクトなエンジンは車体の軽さにも貢献していて、取りまわしの軽さにもなっている。

ジクサーSF250の足着き性

ジクサーSF250のシート高は800mm、ライダーは身長172cm体重62kg。両足を着こうとするとカカトがほんの少し浮くが、片足はベッタリと着くことができる。車体も軽く、重心位置も低く感じるので、停車時に車体がふらつくような不安はない

身長165cm程度のライダーなら、一時停止でもスッと足を着けるだろう。車体の取りまわしも軽いので、上半身を起こした姿勢でもふらつくことなく停止できる。ジクサーSF250はトルク特性も含めて、常用域で扱いやすい車体構成になっている。

ジクサーSF250はセパレートハンドルを採用しているが、ハンドルグリップ位置はそれほど下がっておらず、絞り角も緩めに設定されている。上半身が前傾したライディングポジションとなるが、その前傾角度はキツくなってないのも分かるだろう。また、シートは前後方向のサイズに余裕があり、着座位置を変えやすい。シート前方に座って上半身で積極的にフロント荷重したり、シート後方に座ってリラックスした姿勢をとったりと、ライディングポジションの自由度も高い

スムーズな乗り心地で「操る楽しさ」がある

アイドリング付近から粘り強いトルクが立ち上がるエンジンだが、回転上昇はモッサリしていない。スロットル操作とリンクして6000rpm付近までスムーズに回る。ただ、トルクはドンと出てこないので、加速力は驚くほどではない。とは言え交通の流れを余裕でリードできる加速力はあり、エンジンからの振動も感じないので市街地走行でストレスはない

やや前傾のライディングポジションは自然にフロント荷重ができ、前後サスもスムーズに衝撃を吸収してくれるので、前輪の接地感が分かりやすく正確なハンドリング操作がしやすい。前後ブレーキは制動力も充分で、ABSの介入も遅めなのでライダーがコントロールできる幅が広く扱いやすい。さらに、車体の軽さはハンドリングの軽さとしても感じられ、全域で扱いやすいトルクが発揮されることもあって、ビギナーやリターンライダーもマシンコントロールしやすい乗り味になっている。

ライダーの操作に対するマシンの反応がダイレクトに感じられるので、ジクサーSF250にはマシンを「操る楽しさ」がある。市街地で乗りやすく、峠道で楽しい。

トコトコと長く乗り続けたくなる

ジクサーSF250はフルカウル仕様だが、スクリーンは小さく、防風性はそれほど高くない。80km/h以上で胸に走行風が当たるのを感じ、そこからは速度を上げるほどに空気抵抗も多く感じるようになる。6速100km/h巡航時はタコメーター目視で6500rpm辺りで、エンジンからの振動もハッキリ感じるようになる。即座に耐えられないレベルではないものの、風圧も考慮すると90km/h巡航が振動も少なくて快適だ。前後サスも目地段差の衝撃を吸収し、フラットな乗り心地を提供してくれるので、トコトコと走り続けていける。250cc単気筒エンジンということもあり、高速巡航性能は2気筒や4気筒エンジンのほうがスムーズさに分があるけれど、往年の油冷単気筒と比べると振動ははるかに少なくなっている。また、高回転域でのエンジンのスムーズさ、車体の安定性も格段に上がっていた。

俊敏な加速力、サーキットでタイムを狙うようなスポーツ性能といった尖った部分はなく、クセのない扱いやすさがジクサーSF250の特長となっている。そんなクセのなさを退屈さと思うかもしれない。けれど、市街地でのチョイ乗りから、高速道路での巡航、峠道でのスポーツ走行とさまざまなシーンでライダーをサポートしてくれる軽快な乗り味は、ジクサーSF250ならではのものだ。これからバイクに乗ってみたいというビギナーライダーや、再びバイクに乗ろうというリターンライダーが長く楽しめる乗りやすさとなっているが、1台でオールマイティに楽しめる懐の深さは、ベテランライダーも充分に楽しめるものだ。

液晶ディスプレイは、タコメーター、速度、オド、デュアルトリップ、ギヤポジション、燃料、電圧、時計を表示。ディスプレイ左右には、ウインカー、ニュートラル、ハイビーム、エンジン警告灯、ABS警告灯、エンジン気温警告灯を設置。メーター上部の白いランプは任意の回転数で点灯もしくは点滅するRPMインジケーター。
燃料タンク容量は12L。今回のツーリングの燃費は37.6km/hで、単純計算での航続距離は約450km。峠道や高速道路では高回転域を多用したので、通常のライディングではもう少し燃費もよくなりそうだ。

ジクサーSF250主要諸元

全長/全幅/全高2010mm/740mm/1035mm
装備重量158kg
ホイールベース1345mm
シート高800mm
エンジン型式油冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量249㎤
最高出力19kW(26PS)/9300rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7300rpm
燃料消費率(WMTCモード値)34.5km/L
燃料タンク容量12L
ブレーキ形式前ディスク/後ディスク
タイヤサイズ(前/後)110/70R17M/C 54H / 150/60R17M/C 66H
ボディカラーマットステラブルーメタリック、マットブラックメタリック№2
価格51万4800円

ジクサー250/SF250新生活応援キャンペーン

2024年6月30日までの間、キャンペーン実施店で対象車種をご購入した人にAmazonギフトカード10,000円分プレゼントを行うキャンペーンも実施中だ。
詳しくは以下公式HPでチェックしよう!

あわせて読みたい
スズキ お探しのページがみつかりません。 スズキ株式会社 オフィシャルWEBサイト

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次