MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

LS2のバイク用アドベンチャーヘルメットを実走行テスト!軽量快適、さらにオンロード仕様にも変身できる機能性がすごい

【Brand PR】

世界最高峰のロードレース選手権MotoGPをはじめ、世界で最も過酷なラリーレイドとして知られるダカールラリーまで、あらゆるカテゴリーのトップライダーが愛用するLS2ヘルメット。最先端のモダンなデザインとモータースポーツの世界で鍛え上げた安全性と機能性は、いま日本のライダーの間でも人気が急上昇中です。

LS2のアドベンチャーヘルメット「エクスプローラーF」。そのモダンなデザインは
アドベンチャーバイクからオフロードバイクまで幅広いモデルとのマッチングも良さそう。
*掲載商品の仕様・価格等は予告なく変更される場合があります。

今回はLS2ヘルメットの中でも特にアドベンチャーライダー向けのアイテムとして人気のモデル「エクスプローラーF」をフィーチャー。今回エクスプローラーFをテストするのは、仮面ライダーとバイクをこよなく愛し、現在は女優・タレントのほか、さまざまなバイクメディアでも活躍中の桜井つぐみさんです。

じつはプライベートでもLS2のオフロードヘルメットを愛用するという桜井つぐみさんは、CRF250Lで各地の林道を楽しむほか、最近ではエンデューロレースにも挑戦しているという見た目とは裏腹にとってもガッツのあるライダー! 今回はオフロードライダーとして充実したバイクライフを楽しむ桜井つぐみさんにエクスプローラーFの使い勝手をテストしてもらいました。

目次

LS2 エクスプローラーFで日帰りツーリングへ

「軽くて内装が気持ちいい!」

集合場所に愛車のCRF250Lでやってきた桜井つぐみさん。早速人気モデルのLS2エクスプローラーFをチェック。

「すごくシャープでかっこいいデザインですね。持った感じも見た目よりも軽い! かぶってみると、内装の素材がすごくやわらかくて、私の頭の形にやわらかくフィットしてくれるような感覚がありします。表面もさらさらしているし、かぶっていてすごく気持ちがいいですね」

とはつぐみさん。

LS2のアドベンチャーヘルメットは、ダカールラリーに出場するライダーから得られたフィードバックをもとに、オンロード&オフユースに最適化した人気モデルです。

その重量は1685g。その数字だけを見ると、極端に軽い、というものではありませんが、帽体の重量バランスは吟味されており、それがかぶった時の軽さにつながっています。長丁場を走るラリーレイドのライダーの意見がこうした作りに活かされているのです。

「内装の気持ちよさもすごく好きなんですけど、女子ライダーとしてはヘルメットをかぶったときにほっぺたがギューっと強く押されるのはすごく気になるんです。でもエクスプローラーFはチークパッドの作りがすごく良くて、圧迫感がほとんどないのもすごくステキなポイントだと思います」

この視点は女性ライダーならでは。女性ライダーの場合、チークパッドによる顔の圧迫は、ヘルメットを脱いだ時に顔に跡が残ってしまったり、使用後にファンデーションがチークパッド奥深くに残ってしまうなど、不便に感じることも多いはず。でもエクスプローラーFではそうしたネガティブなポイントも最小限に抑えられているようです。もちろん、自分の頭にあったヘルメットサイズをチョイスすることが大前提なので、購入前にはしっかりとサイズチェックを行いましょう。

桜井つぐみさんも絶賛のLS2エクスプーラーFの内装。頭部パッドはベンチレーションとの組み合わせで快適なエアフローを実現しながらも、頭部との内装がベタ当たりする箇所を極力減らしていることがわかります。内装パーツは頭頂部と左右のチークパッド、チンガード下部の小さなパーツで構成されていますが、分解&組み付けは初めてでも簡単です。

内装の表面は速乾仕様でサラッとした触り心地。季節を問わず快適なかぶり心地を実現しています。内部のフォーム素材もやわらかさとコシを兼ね備えたもので、そのフィット感はまさに極上!

濃霧のワインディングへ

LS2エクスプローラーFを受け取ったつぐみさんは撮影班一行と共に富士山の5号目を目指します。当日の天気はあいにくの曇り。5号目へと向かうワインディングは、標高が高くなるにつれて霧が濃くなっていきます。

決して視界が良いとは言えない状況ですが、エクスプロラーFの純正シールドは透明度が高く、歪みも少ないとあってつぐみさんも安心して走行を続けます。チンガードからおでこ、頭頂部まで各部にベンチレーションが充実していることもあって、こんな状況でもシールドの曇りもなく走行できるのもエクスプーラーFの大きな利点のひとつです。

充実の快適性能

チンガードのベンチレーション

LS2エクスプローラーはアドベンチャーヘルメットとして設計されたヘルメットです。オンロードからオフロードまで、地球を股にかけるようなアドベンチャーツーリングでもライダーが快適にすごすために、ベンチレーションはかなり充実しています。

よく使うチンガードのベンチレーション。チンガード先端のノブを上下にスライドするだけ。下に開くとノブ左右に配置されたベンチレーションが開く仕組みです。

軽い力で開閉できるチンガードのベンチレーション。ノブは中央が盛り上がった形なので、反対の手でヘルメットを押さえたりしなくても、片手で簡単に開閉できます。

おでこのベンチレーション

ピークバイザーの真下、おでこにもベンチレーションを装備しています。開閉は黒い樹脂パーツを前後に動かすだけ。適度なクリック感がありつつも、軽い力で開閉できるので走行中でも簡単に開閉が可能です。

異形のベンチレーションはおでこと頭頂部に近い箇所の2箇所。真夏でもヘルメット内にフレッシュな空気をより多く取り込むことができます。

頭頂部のベンチレーション

LS2エクスプローラーFでは頭頂部にも大型のベンチレーションを装備しています。上の写真で頭頂部から後頭部にかけて大型の黒い樹脂パーツが確認できますが、これがスライド式のベンチレーションです。

写真上がベンチレーションを閉じた状態で、下が開いた状態です。前方から取り入れた空気が内装を通り抜けてここから排出されます。

さらに後頭部には別パーツでベントを設置しているので、ベンチレーションの開閉と組み合わせれば、つねにヘルメット内部に快適に保つことが可能です。

サイドにもベンチレーションを装備

エクスプローラーFのベンチレーションはこれだけではありません。なんとヘルメットの両サイドにもスライド式のベンチレーションを備えています。

サイドのベンチレーションも大型で、前後にスライドさせることで開閉するシンプルなもの。サイドからも空気を排出することで、頭部全体で快適なエアフローを実現しているのです。

足を伸ばしてオフロードへ

独自のストラップも使いやすい

富士山周辺のワインディングを楽しんだ後は山を下り、市街地を経由してから静岡東部のダートへ。新緑の眩しい森の中をつぐみさんとCRFは軽快に走行。つぐみさんは身長158cmの華奢なライダーですが、足つきの良くないCRFをサラッと乗りこなします。

停車時には腰を大きくずらして、足つきを確保しながら、走り出しにひょいっとシートにまたがり、停車する直前には再び腰をひょいっとずらして足をつく……そんな一連の動作も超スムース。学生時代に陸上部でならしたその身のこなしは、オフロードライディングにも活かされているようです。

こういった撮影の際に、モデルさんに指定した場所を何度も走ってもらったり、ヘルメットを脱いだオフショットを撮らせてもらったりと、撮影班があれこれと指示を出すことも多く、モデルのライダーさんの運動量は意外にハードだったりしますし、ヘルメットをかぶったり脱いだりする回数も多くなります。そんな中でもエクスプローラーFの機能的なベンチレーションはとても快適だったようです。また、マグネットを使用した独自構造のストラップもかなり使いやすかった印象。

エクスプローラーFのストラップは、金具を差し込んでから最後にマグネットを折り返すように貼り付けてロックするタイプ。見た目以上にかなりがっちりと留めることができます。でも、ストラップ本体はヘルメット内装同様に肌触りのなめらかなベルトに組み合わされているので、首周りのお肌にもやさしいつくりなのです。

便利なインナーバイザーも装備!

LS2エクスプローラーFはオンロードからオフロードまで使えるオールマイティなヘルメット。充実のベンチレーションもさることながら、インナーバイザーも装備していることも特徴のひとつです。開閉はヘルメット左側下部のトリムに設置されたスライダーでおこないます。

スライダーを後ろにずらすとインナーバイザーが降りてきます。インナーバイザーを収納するときは、スライダーを前にずらすだけ。ベンチレーション同様に軽い操作で開閉できるので使い勝手に優れています。

写真右がインナーバイザーを下ろした状態。顔の半分近くまでカバーするので真夏の陽射しでも暑さを和らげながら視界を確保できます。ちなみに、純正のクリアシールドもUVを94%カットする高機能な素材を使用しているので、日焼けが心配な方でも安心です。もちろん、LS2では豊富なオプションシールドを用意しているので、スモークからミラーまで様々なカラーを選ぶことができます。

純正シールドはロック機構付きで、チンガード上部のボタンを押すだけでロックが解除できます。走行中や休憩中にシールドを開けたいときもワンタッチ。また、シールドを上げた状態でLS2の純正オプションのゴーグルを使用すると、本格的なオフロードヘルメットとしても使用できます。

ピークバイザーを取り外してオンロード仕様に!?オン・オフ二役のエクスプローラーF

エクスプローラーFはシャープなデザインを持つアドベンチャーヘルメットですが、実はピークバイザーを取り外して、別売りのキットを使用するとオンロード仕様のフルフェイスヘルメットに仕様変更ができるのです!

上がオンロード・フルフェイスに仕様変更したエクスプローラーF。必要な工具はプラスドライバー(2番)と別売りのピークカバー(税込990円)のみ。ピークバイザーを留めている樹脂カバーを取り外してからプラスドライバーでピークバイザー本体を取り外したら、ピークカバーを頭頂部と両サイドの2箇所にねじ止めするだけで、オフロードヘルメットからオンロードヘルメットに早変わり!

オンロード・フルフェイスに仕様変更したエクスプローラーFにオプションのミラーシールドを取り付けてみました。エッジの効いた帽体デザインとも相まって、サイバーな雰囲気でかっこいい!ストリートファイターやスーパースポーツ、ネイキッドなど様々なスタイルのバイクにも似合う雰囲気です。

オンロード仕様に模様替えしたエクスプローラーFをかぶって、BMW Rナインティでテストライドをするつぐみさん。こういう車両とのマッチングも良いですね。シート高の高いRナインティですが、つぐみさんは軽い身のこなしでサッと乗りこなしてしまいます。BMWに乗るのは久しぶりです、といいながら危なげなく乗りこなしてしまうライディングセンスはさすがのひとこと!

今回は桜井つぐみさんにLS2のアドバンチャーヘルメット、エクスプローラーFのテストをしてもらいました。安全性はもちろん、高い機能性と使い勝手を実現したヘルメットで丸一日ロケをしたつぐみさん。

「1日中バイクに乗っていると、首がきつくなることもあるのですが、エクスプローラーFはかぶり心地も軽く、1日乗っても首の負担が全然ないし、内装も頭や顔に柔らかくフィットして、すごく快適でした」

とその軽さとかぶり心地に満足した様子。オンロードからオフロードまで幅広く使えるエクスプローラーFは今人気のアドベンチャーヘルメットです。そのかぶり心地や使い勝手はぜひ店頭で試着して確かめてみてはいかがでしょうか。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次