MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

360度カメラでバイクツーリングが楽しくなる!動画ビギナーでも安心なAI編集機能が便利

愛車投稿募集中

【Brand PR】
ボク(サブロー)はアクションカムが苦手だ。

モトブロガーや二輪系インフルエンサーたちがキレイな動画を撮影している姿を見て「これは玄人にしか使えんアイテムだな」と思っていたから。
加えて、自分に動画編集スキル(というかセンス)がないことも理由だった。

ところが名古屋モーターサイクルショーでInsta360ブースを訪れて考えが変わった。
同社の360度カメラを少し使わせてもらったところ、「ある理由」から自分にも使えそうな予感がしたのだ。

目次

最新モデル・Insta360 X4を使用

今回使用したカメラは「Insta360 X4」。
全天球VRカメラ、360度カメラと呼ばれるもので、前後左右はもちろん、上空や地面までを「同時に」撮影できるInsta360の最新モデルだ。

通常のアクションカムと違うところは、撮った映像の視点を自由に変えられること(撮影中、撮影後いつでもOK)。
Googleストリートビューの動画版という感じだ。

なお、この製品は360レンズとシングルレンズの切り替えが可能で、平面の広角映像を撮ることもできる。

Insta360が玄人向けではない理由とは?

Insta360のスタッフいわく「360度カメラは玄人向けアイテムじゃないですよ」とのこと。
半信半疑だったが、使ってみるうちにその理由がわかってきた。

【理由.1】最初に撮影、あとでアングル選択

最初に実感したことはコレ。
カメラ任せで撮影しても、あとでアングルを自由に変えられるから、画角がアバウトでもいいのだ。

・カメラの位置がアバウトでもOK
・画角もアバウトでOK
・動画を撮り漏らす心配がない

イメージとしては「レンズまわりの空間をすべて」切り取って保存してくれている感じ。文字どおり360度すべてだ。
だから撮り漏らしがない。

それどころかライダーの背後や上空まで撮れるから、あとから見返すと新しい発見があるくらいだ。

【理由.2】見えない自撮り棒でドローンのような撮影が可能

最初はアバウトでもいいと思っていた画角だが、慣れてくるといろいろ挑戦したくなる。
そこで役立つオプションが同社製「見えない自撮り棒」だ。

バイクのハンドルやリヤキャリア、フレームに取り付けることでいわゆる「三人称視点」の映像を撮ることができる。

空撮ドローンカメラでも似た写真は撮れるが、そちらは明らかに上級者向け。
そもそも森の中、市街地での操作は不可能だ。

なおこの自撮り棒は伸縮可能で、最大まで伸ばすと114cm。ハンドルクランプやカメラ本体の長さを含めると約120cmになる。
もっと長いオプションもあるが、バイク用ならこれくらいがベストだろう。

【理由.3】動画編集がカンタン

Insta360の公式アプリと連動させればスマホでカンタンに動画の編集ができる。

AIによる自動編集機能が秀逸で、わずか3タップでこんな(↑)動画を生成してくれる。
この動画は12分間録画しっぱなしにしたモノで、解析と生成にかかった時間は2~3分。
放置しておけば編集が完成しているというお手軽仕様だ。

もちろん、凝った映像を作りたければ手動での編集も可能だ。

Insta360とバイクの相性がいい理由は?

「このカメラはバイク用に開発されたのか?」と思うほど、Insta360はバイクと相性がいい。

【理由.1】強力な手ブレ補正と風切り音の低減。さらに防水機能まで

手ブレ補正、風切り音低減、防水機能は先代のInsta360 X3から継続している機能。
いずれもバイクで使うために重要な機能で、高いレベルで実現されている。

とくに実感できたのが手ブレ補正。
乗り心地の悪いモンキー(Z50J)で剣山スーパー林道を走ってみたのだが、これがものすごい振動だったのだ。

そんな状況にもかかわらず、Insta360 X4は安定して撮影できてしまった。
スマホカメラで同じ場所・画角で撮影比較をしてみたが、その差は歴然だ。

左:Insta360 X4 / 右:スマホカメラ

【理由.2】ジェスチャーや音声で操作可能。指先を使う必要ナシ

バイクでカメラを使う際、ライダーはグローブをはめているためタップやボタン操作が難しい。
しかしInsuta360 X4はジェスチャーや声で、以下(↓)の操作ができる。指先を使う必要はないのだ。

・写真撮影
・録画開始/停止
・マークする(※)
・電源オフ

※マークとは、再生バーの上に印を残す機能のこと。動画を見返す際にマークしたシーンを追跡しやすくなる。

【理由.3】豊富なオプションで多様なアングルの撮影が可能

バックミラーマウント
チェストストラップ
三人称視点バックパックマウント

バイクにカメラを固定する際、重要なことは「どこにどうやって固定するか」だ。
Insta360は豊富なカメラマウントをオプション設定しており、先述した「見えない自撮り棒」と組み合わせることでさまざまなアングルでの撮影を可能にしている。

「Insta360は玄人向け」は誤解だった

アクションカムに苦手意識があったが、Insta360 X4を使った結果「これなら自分にも使える!」と手ごたえを感じた。

これまでボクが抱いていたイメージは「画角がズレたら失敗」「同じようなアングルになる」「編集が面倒」など。
そのすべてを解決してくれた新時代のカメラがInsta360 X4。

これから動画デビューをしたい人、これまで動画撮影で苦労した人にぜひ使ってもらいたいアクションカムだと感じた。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次