MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

横置き可能で、楽々移動! ワンプッシュ高出力インバーター発電機登場! アウトドアや整備現場で最強のパートナーに!

【Brand PR】

発電機がある家庭はそれほど多くないだろう。しかしワンランク上のアウトドアレジャーを楽しみたいなら、またサーキットでより充実した走行時間が過ごしたいなら導入を検討するものよい。また万一災害が発生したときには生命線にもなりうる可能性もある。
今回紹介するProTOOLs <EcoMove1800>は、大阪発のバイク・自動車パーツや整備ツールを販売するメーカー「カスタムジャパン」が手がけた新型の携帯発電機。 東京モーターサイクルショーにも出展しているSHAD・TIMSUN の日本総代理店であると同時に、数多くのプライベートブランドを展開するカスタムジャパンが企画・開発・監修した「驚きの価格で、安心品質」という、我々ガジェットユーザーにとって注目のアイテムである。

目次

発電機、あなたの家にありますか?

そもそも発電機が家にあるという人はどれくらいいるのだろうか。
筆者のまわりにはモータースポーツやアウトドアレジャーが好きな人が多いが、それでも発電機まで持っているという人はそれほど多い感じはしない。企業やショップならともかく、個人宅にはそれほど普及してはいないという印象だ。
しかし近年、徐々に普及率が上がっているという話も聞く。少し前から始まっているアウトドアブームをより楽しむためや、台風や地震などの災害でライフラインが途絶えたときに備えて購入したという人が少なからずいるというのだ。筆者もサーキット走行で使うために発電機を所有しているが、大型の台風などが接近したときなども気持ちに余裕が持てることを実感している。
必須とまではいかないが、発電機があればアウトドアレジャーやサーキット走行をより楽しむことができ、災害にも備えられるというメリットがある。

遊びやレジャーの幅を広げるアイテムとして、またイザというときの電源確保のためにも、高出力発電機の導入を考えてみてはいかがだろうか。

新型インバーター発電機<EcoMove1800>の優れた特徴

このたび新しく発売されるProTOOLsの新しいインバーター発電機<EcoMove1800>は、多くの優れた特徴を持っている。

<EcoMove1800> 参考小売価格:8万9,800円(税込)

まず注目したいのは定格出力1800wと大出力であることだ。
一般的な電化製品にかかる消費電力(w)は

・スマートフォン、タブレット…15w
・ノートPC…200w
・デスクライト…16w
・スタンド型扇風機…150w
・電気ポット…350w
・コーヒーメーカー…900w
・ホットプレート…1300w
・家庭用ドライヤー…1000〜1500w
・電子レンジ…1000〜1500w
・高圧洗浄機…1000〜1500w

と言われているので、<EcoMove1800>ならほぼすべての家電が使えることになる。

だが出力が大きいということは、本体が大きいということでもある。
<EcoMove1800>の重量は26kgとまあまあな重さ。しかし大径キャスター伸縮式の持ち手が標準装備されているキャリータイプなので、移動させるのがとても楽なのだ。

しかも傾けたときの重量バランスが前後で50:50になるように設計されているので、変な重さを感じることなく移動させることができる。

またこの大径キャスターは横にあるストッパーを引っ張ってロックを外すことで、手前に引き出すことができる。

そうすると車高が上がるので、段差や凸凹道での走破性が大幅に高まるのだ。
キャンプ場やオフロードコースなどの不整地で役立つ機能だと言えるだろう。

セルスターター装備でエンジン始動もワンプッシュ!

一般的な発電機は、リコイルスターターのワイヤーを勢いよく引っ張ってエンジンをかける。ところがこれが意外と大変。力が弱い女性だとかけられないことも。せっかく発電機があってもエンジンがかからなければただのジャマな箱だ。
しかし<EcoMove1800>セルスターターを装備しているので、始動ボタンをワンプッシュするだけで誰にでもエンジンをかけることができる。これはめちゃめちゃ便利な機能。
このモデルにはオートチョーク機能も備わっているので、寒冷時でも特に特別な操作をせずに始動ボタンを押すだけでエンジンをかけることができる。
いわば「誰でも・いつでも使える便利な発電機」なのだ。

また万一、始動用バッテリーが弱ってしまってもリコイルスターターが装備されているので大丈夫。

これも一般的なリコイルスターターよりも軽い力でエンジンをかけることができる。
そしてエンジンがかかっていればセルスターター用バッテリーの充電もできるので、次からはセルスターターが使えるようになる。

そして多くの電気製品に対応できるよう、コンセント/USBポート/シガーソケットと、多彩な出力ポートをもっているのもポイントだ。

同時に複数の機器に給電できるのはありがたい。
使う人の目線に立って設計されていることがわかる。

ユーザー目線で設計されていることは、自動車などで運ぶ際、横にしてもガソリンやオイルが漏れることなく保管できることからも感じ取れる(横にするとき下にする面は決まっている)。
大柄な発電機なので、置き方にバリエーションがあったほうが良いのは間違いない。

専用アプリでスマートフォンとリンクさせることもできる!

さらに<EcoMove1800>には現代的な機能が搭載されている。
専用アプリ「Gen-mate」を搭載したスマートフォンとWi−Fi接続できることだ。

<EcoMove1800>のエンジンをかけてスマホのアプリを起動しWi-Fi接続すると、電圧/燃料残量/周波数/総燃料消費量/燃費/消費電力などがモニターできる。

またアプリ経由でエンジンの始動/停止もできる。
これはセルスタートならではの機能である。

離れた場所に発電機を置いているときに重宝する、画期的なシステムだといえよう。


これだけ多彩な機能を持ちながらこの価格設定(参考小売価格:8万9,800円・税込)を実現したのはカスタムジャパンの企業努力があってこそ。
俗に言う “安かろう悪かろう” ではないことは、<EcoMove1800> PSE(電気用品安全法)の認証適合製品であることや、ドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞した製品であることからもわかる。

細かいことだけど、シッカリとした日本語説明書が付属しているのもポイント。
製品の中には英語のマニュアルだけなんて不親切なものも存在するので、日本語のマニュアルがあるのは安心だ。もちろん製品の保証もある。詳しくは付属の保証書を参照してもらいたい。

発電機はやっぱりあったほうがいい!

今回、<EcoMove1800>を使ってみて思ったのは、セルスターターでの始動の楽さとキャスターによる移動のしやすさ。出力が高く大柄な発電機を身近なものにしてくれる装備だと感じた。

撮影協力:UNITEDCafe宮ケ瀬店 https://miyagase-village.com
撮影協力:ハスクバーナ川崎中央 https://kawasaki-chuo.co.jp / Voice http://www.voice-yokohama.com / WAVE Factory https://www.wave-f.com

アウトドアレジャーやサーキット走行などの趣味に使うのはもちろんだが、これだけ電化製品が身の回りにあふれている世の中だ。災害などで停電になってしまい電気の供給が絶たれたら、外部との連絡もままならなくなってしまう。あまり考えたくない話だが、最近のニュースなどをみていると他人事ではない気がしてくる。

遊びのバリエーションを増やしつつ、万一の事態にも備える。
そのために用意する発電機は、高出力でありながら誰にでも使えるユーザーフレンドリーなものが良い。

不整地でも移動しやすい大径キャスターやセルスターターが装備されている<EcoMove1800>は、その要件を十分に満たしている。
多くの人に勧めることができるインバーター発電機なのだ。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次