MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ワークマンから緊急告知!主力PB商品の価格据え置き宣言を2023年8月まで延長

  • URLをコピーしました!

株式会社ワークマンは、自社が展開するワークマン、WORKMAN Plus、「#ワークマン女子」全店にて、今年2月に「価格据え置き宣言」を出し、来年2月末までの1年間PB製品の価格を全面的に据え置くと発表した。
ワークマン既存店は519店、WORKMAN Plus は418店、「#ワークマン女子」は 22店となり、計959店となる。

目次

緊急告知‼価格据え置き宣言を延長

主力PB製品の96%が来年8月迄値上げ回避に成功

ワークマン既存店519店とWORKMAN Plus 418店、さらに話題の「#ワークマン女子」 22店の計959店を全国展開する株式会社ワークマン(本社:群馬県伊勢崎市、代表取締役社長:小濱英之)は今年2月に「価格据え置き宣言」を出して、来年2月末までの1年間PB製品の価格を全面的に据え置くことにしました。今回は全売上の65%を占めるPBの主力継続製品の96.3%の価格を2023年8月まで据え置くことにします。当社の今年1月から8月末までの売上ランキングで上位300PB製品(通年と春夏製品)のうち30製品は製品寿命により廃版にしますが、260製品は価格を維持します。ただし、10製品だけは万策が尽き苦渋の思いで値上げします。

今年1月から8月末までの売上ベスト300製品の今後の状況は下記の通りです。期間中、上位300のPB製品は全PB売上の8割を占めています。

最近の円安・原料高・輸送費高騰の三重苦の影響で、食品・ガソリン・光熱費の大幅な値上げが家計を直撃しています。作業服業界やアパレルでは今年の秋冬製品から本格的な価格改定(作業服業界は10月から10~15%の一斉値上げ)が始まります。この中で、ワークマンの通年品と秋冬PB製品は「価格据え置き宣言」で競争優位が生まれています。すでに秋冬物商戦は好スタートをきっています。さらに、今回の来年8月までの価格据え置き宣言の延長により、来期の春夏物PB製品も「売れて当たりまえ」状態になる見込みです。

ワークマンのパーパス(存在意義)は「機能と価格に、新基準」です。常識外の高機能で低価格な製品を次々に生み出して、消費者に高価な機能性ウェアのイメージを変えてもらうことを願っています。ワークマンは価格に強い「こだわり」を持つ企業ですので、三重苦の外部環境だけでは値上げをしません。コストアップや為替変動分を売価に上乗せすることは誰でもできます。ワークマンらしさを出すために究極のコストダウンを行い、ギリギリのところで踏み留まりました。聖域のないコストカットでしたが、加盟店収入や社員の給与にはいっさい手をつけていません。

今期のPB製品の半分くらいは前期からの為替予約があり、「やせ我慢」(今期決算見通しは増収減益)で価格を「完全」凍結しました。今回は状況がさらに悪化する中で、来期の8月末まで売上上位PB製品の96.3%が値上げを回避できました。なお、当社売上の35%を占める国内メーカーブランド製品は既に価格改定が始まっています。

ワークマンはノルマや期限がなく、基本的に頑張らない会社です。上からの指示ではなく、自らが何をすべきか考えて動く「自走型社員」を理想としています。昨今の値上げラッシュで、お客様の可処分所得が減少しています。輸入PB品ばかりの当社としては未曽有の逆風下にあります。今回は価格据え置きに向けて社員が一斉に走り、最近では例のないほど頑張りしました。結果、価格据え置きを来年8月まで延長することができました。

価格据え置きができた理由は、効果の大きい順に下記です:
①【素材の共通化】  当社独自開発の高機能素材を横展開して、1素材当たりの生産量を増やす
・素材の生産量を2倍にすると製造コストが2割下がった例もあり、今回の価格据え置きの切り札になった
・現在ヒット製品の半数が独自素材を搭載しているため、素材の横展開はヒット製品を増やす契機にもなる
・テントや寝袋は衣料品の数倍の素材を使うため、素材のコストダウン用としても貴重
・当社の代表的な独自素材は、搭載製品の売上順に以下となる:
1位 「FUSION DOWN」    ダウンの保温、吸湿、発熱力
2位 「INAREM」        耐水圧と透湿度が異常に高い
3位 「BounceTECH」     高クッションの高反発ソール
4位 「REPAIR-TECH®」   小さい穴なら自動修復
5位 「FLAME-TECH®」    飛び火による「穴あき」に強い
参考) 上記を含めて当社には40種類もの独自開発素材があり、横展開の加速でコストダウンを計る

②【閑散期生産】  海外工場での製造コストの削減
・衣料品は季節性があり、しかも短納期志向のため繁忙期に生産が集中しやすい
・当社は海外工場の閑散期に合わせて早めに注文を出して、閑散期だけで生産できるようにしている
・製造コストは海外工場原価の3割を占めるが、閑散期に生産すると2割の削減が可能

③【1製品当たりの生産量の増加】  類似したPB製品のアイテム数を減らして、人気製品に集約
・用途が重複してカニバリを起こす製品を廃版にする
・1アイテムに集約すると生産量が増えてコストダウンができる
・アイテム数を減らすと在庫回転率が上がって経営効率が良くなる(売上的には多少マイナス要因)

④【小さなコストダウンの積み重ね】  製品開発部門以外の社内全部門で実行
・生産計画を精緻化してコンテナの積載効率を高める(限界まで詰め込む)
・商品タグの大きさを半分にして、4割のコストダウンを実現
・3Dモデリングツールを使い、製品サンプルを手作りせずに3D画像だけで製品を評価
・社内の照明をこまめに消して、冷房温度も高めに設定

今回の価格据え置きの延長で競争優位がさらに顕著になります。当社は「100年の競争優位」(作業服は42年優位を維持)をめざす企業ですので、三重苦に負けていられません。ただ物価高騰で消費マインド自体が冷えている中、「守り」の価格据え置きだけでは自慢にならず販売数量も増えません。価格凍結に加えて、当社のもう一つの特徴である他社にない「攻めの」機能性と独自素材で新たな消費を喚起します。
参考) 当社が誇れる一例としては当社の看板製品である防水防寒AEGISレインスーツの4種の新製品です。旧製品は上下組で6800円でしたが、透湿性能を4倍にした上で4900円に大幅値下げしています。

なお、円安・原料高・海上運賃の高騰などが同時に且つ極端に進行する場合には、来年8月前でも値上げに踏み切らざるを得ないことも想定されます。ただ、収益面で壊滅的なダメージを受けない範囲で主力PB製品の価格据え置きを堅持していきます。

リリース提供元:株式会社ワークマン

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次