MENU
カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

かさばらずコンパクト!組立て簡単なBBQグリルはキャンプツーリングに最適

  • URLをコピーしました!

BBQグリルには「箱型」や「丸型」などさまざまな種類があるが、どれも収納サイズが大きくて、バイクに積んだり、家で保管したりする際に意外とかさばる。比較的コンパクトに収納できるモデルもあるが、組み立てが面倒だったりすることも……。

そんな理想のBBQグリルになかなか出会えないという人におすすめしたいのが、テントファクトリーの「FDグリル32ステンレス」だ。フラットにたためて組み立ても簡単なので、ツーリングキャンプでも気軽に持ち出せる。ソロキャンプ好きのバイク乗りにもぴったりだ。

では「FDグリル32ステンレス」がどのようなBBQグリルなのか、詳しく紹介していこう。

目次

フラット収納なので持ち運びに困らないグリル

「FDグリル32ステンレス」の特徴は、なんといってもそのコンパクトさ。収納サイズは約31.5×26×4cmで、小さいということもさることながら、薄型というところもポイントのひとつだ。

隙間さえあれば積めるるので、できるだけ荷物をコンパクトにしたいツーリングキャンプに最適。またこれだけコンパクトなら、家での保管でもかさばらずジャマにならない。丈夫なファスナー付きキャリーバッグも付属しているので、汚れも気にせず持ち運べる。

慣れれば十数秒で組み立て完了!

こんなにコンパクトでフラットにたためるBBQグリルは、組み立て・分解が面倒なんじゃないかと思いがちだが「FDグリル32ステンレス」は非常に簡単に扱える。

構成しているパーツは、本体、遮熱板、火床、焼き網の4点と少なめなのも、組み立てを簡単にしている点だ。ではこれを組み立てていこう。

まず本体を広げる。

そして持ち上げると、自動的に本体が組み上がる。

脚部が開いてしまわないようにロックする。

本体下部に遮熱板をセット。

あとは本体内側に火床をセットして……

焼き網を載せれば完成だ。

慣れてしまえば10秒ほどで組み立てが完了。慣れていなくても1分あれば組み立てられる。

「V字構造」採用で食材を効率よく加熱

本体はサビに強いステンレス製。光沢があって、鉄製に比べると高級感がある。また汚れが落としやすいので、手入れが楽にできるというのもうれしい点だ。

そして本体は「V字構造」を採用している。火床から焼き網に向かって広くなっていることで、燃料が少なくても輻射熱で効率よく食材を加熱できる。燃料も少なくすむので経済的だし、炭をおこす手間も少なくすむので気楽に楽しめる。

ソロでもファミリーでも最適なサイズ感

焼き網はステーキ肉1枚を載せても、ソーセージや野菜などを載せられるだけのスペースがある。ソロキャンプはもちろん、3~4人のファミリーキャンプでも十分に楽しめる大きさだ。

一見、狭いようにも思えるが、焼き肉店のコンロを想像してもらえれば、ファミリーでも十分な大きさだということがわかるはずだ。

ロストルを使えばダッチオーブン料理も可能

付属の焼き網は、肉や野菜などの食材を載せられるだけだが、オプションの「32用ロストル」をセットすれば、ダッチオーブンなどの重たい鍋を載せることができる。

クロムメッキを施したスチール製。太いフレームを採用しているので、10インチのダッチオーブンを載せて調理しても問題ない耐荷重がある。これひとつあれば、料理の幅も広がる。

片付けや掃除が楽なこともうれしいポイント

BBQを楽しんだあとの灰の片付けも非常に簡単。焼き網を外して底部に溜まった灰を捨てるだけだ。あとは固く絞った濡れ雑巾で、残った灰を拭き取るだけでOK。頑固な焦げ付きがある場合は、金タワシでこすり洗いするといい。

コンパクトで組み立てが簡単。それでいて調理の幅も広げられるBBQグリル「FDグリル32ステンレス」。焚き火台としても使えるので、ツーリングキャンプには必携のギアになりそうだ。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

あなたの愛車情報投稿を募集中

電話ラッシュなし!バイクを売るなら【モトメガネ バイク買取一括査定】が便利!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次