MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

叩きやすさを追求したキャンプ専用ハンマー「手槌」の一般販売開始

  • URLをコピーしました!

自動車向けゴム金型を製造などを行う株式会社エムエス製作所は、キャンプ専用ハンマー『手槌(てづち)』の一般販売を開始した。特殊な形状をしたステンレス製ヘッドで、手首に力を入れなくとも力が良く伝わり、狙いを定めて打ち落とすことができ、キャンプ時のペグダウンや薪割りに役立つアイテムとなっている。​重量は約730gと重めであるが、重さを活かすことで女性や子どもでも打ち込むことが可能である。また、太めでゆるくカーブしたハンドルや、滑り止めとして機能するグリップ部分の螺旋加工などは、全て木工職人が手作業で仕上げている。本格的な雰囲気を感じさせるデザインで、使い込むほどに美しく経年変化し愛着が湧くキャンプギアとなるだろう。価格は、19,800円(税込)である。

目次

日本の叩くを今に。刀鍛冶が監修、叩きやすさを追求したキャンプ専用ハンマー『手槌』一般販売開始。

尾張の大うつけ公式ECサイトhttps://owari.base.shop

株式会社エムエス製作所はキャンプ専用ハンマー『手槌』を11月11日(金)より一般販売開始します。

 工芸×工業。刀鍛冶と木工職人、金属加工の匠が手を組んだ日本謹製のキャンプ専用ハンマー。
日本古来の打ちやすさを追求した鍛冶の技術で、キャンプをもっと楽に。

クラウドファンディング『Makuake』にて大好評であった「手槌」(てづち)に改良を加え、一般販売を開始します。キャンプの際にペグダウン、薪割りでの手首の負担を軽減するため、鉄を叩き続ける淺野鍛冶屋の刀匠の監修の下で開発した日本謹製のキャンプ専用ハンマーです。​

手槌の由来

日本古来の刀鍛冶が手打ち鍛造をする時に使う鍛冶用ハンマーは『火造り槌』とも言われます。数々の刀匠が鉄を叩き続けたにも関わらず、手首を傷めず、長時間打ち続けることできたのは、この道具のおかげとされます。

刀匠の手槌を今に 〜カタチと重さにワケがある

ヘッドはステンレス製で叩く部分が片側にだけ伸びている特殊な形状をしています。片側に伸びているので、前側に付いた重心でヘッドの落下速度が増し、手首に力を入れなくとも一打一打の力が良く伝わります。大きく振りかぶるのではなく、狙いを定めて打ち落とし、正確に力を伝えるために役立つとされています。

重さと重心を活かし道具に仕事を

『手槌』は重量も約730-50gと重めです。ソロキャンプブームで300g以下の軽量タイプのハンマーは持ち運びやすいというメリットがありますが、打つ回数が増えることで体力と時間が必要になったり、手首の負担の原因にもなるというデメリットもあると思います。重さを活かすことで、力のない女性やお子様でも打ち込むことができます。

握りやすいハンドルで気軽に操作

木工職人が熟練技術で一本一本丁寧に仕上げています。デザインも太めでゆるくカーブしたハンドルで、グリップ部分は螺旋加工により滑り止めの機能をもたせています。本格的な雰囲気を感じさせるデザインで使い込むほどに美しく経年変化し、愛着が湧くことでしょう。

 鉄の匠が、一つ一つ。

手掛けるのは、地元愛知県の「愛知ブランド企業」、県指定の「あいちの名工」率いる匠たち。
創業半世紀の老舗で金属加工で部品を作り続けるの鉄の職人集団が経験に基づいた卓越した勘と技術で一本一本手掛けています。
ヘッド部分は日本のものづくりを支える最先端の金属加工機で、0.01mmの精度で加工しています。

URL:https://owari.base.shop
価格: 19,800円(税別)

リリース提供元:株式会社エムエス製作所

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次